d0170682_13123940.jpg
 

 
 池袋に用事が有り、丁度お腹もすいて来た時間だったのでタカセに入ってお昼兼お茶を頂く事に。
 しかし、レストランはかなり混んでいたので喫茶に変更。
 サンドイッチだけではやや心もとないけれど、迷っていると席が無くなりそうだったので入りました。
 案の定サンドイッチ軽めでお雑煮を頼もうとしたらダシが無いので作れないと言われ、結局サンドイッチとトーストの炭水化物祭。
 その上デザートは…サバラン。また炭水化物だわ。
 出て来たサバランは昭和のサバランを思い出させる昔ながらの佇まい。
 ブリオッシュではあるけれど、私タカセのさっぱり目ブリオッシュかなり好きかも。
 こちらのサバランとっても大人な味わいでした。
 アルコール染みしみブリオッシュと生クリーム最高だった。



d0170682_13123952.jpg


 銀紙の底に溜るお酒。
 少し前別のお店でもサバラン買ったのだけれど、それは何処にお酒が?という程染み込み度薄めのサバランだった。
 ところがタカセのは出て来た瞬間からもう限界まで染み込ませてあるというか浸っているという表現の方が合う程のお酒の量。
 アルコールしっかり目で酔う人もいるのではないかと言うお味。
 連合いに「これからサバランが食べたいと言ったタカセのでお願いします。」と宣言する程お気に入り。
 そもそもサバランって今洋菓子店でどれ位の確立で置いてあるのだろうか?



d0170682_13123976.jpg


 2階は午後になると陽射し強くてカーテン閉められていました。
 確かに窓際の人暑そうだった。

タカセ本店(利用は喫茶室2F)
東京都豊島区東池袋1-1-4
03-3971-0211

今回頼んだメニュー
620円 ミックスサンド
570円 いそべ巻
350円 トースト
800円 ケーキセットA(サバランとコーヒー)



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓しっかりアルコールのサバラン美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_12402430.jpg


 今日のお茶の友はロシアに入る時に仕込んで持ち帰った姫林檎の様な小さい林檎のジュレ。
 これ甘さはかなりしっかりしていますが、おかげで悪くならず。
 甘酸っぱさはちゃんと残っています。
 これに紅茶を合わせて。
 甘い物をなめては紅茶を飲むって言う事をすると芸術家さん宅でのお茶の時間を思い出します。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_12402450.jpg


 家具は全ての荷物の搬入が終わり、その後整理が済んだ後に考える事にしているので布を敷いて直置き。
 そんなところも遠足チックな毎日です。
 本日も具沢山みそ汁、ご飯、漬け物入り納豆、しどけ、独活、漬け物、鰯香草焼。

 相変わらずなんちゃってキャンプご飯続いています。
 しかし、納豆とか思う存分食べることが出来るからって毎日2合とかご飯多すぎだわね。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_12300867.jpg
d0170682_12300806.jpg 神楽坂にある目の前でパティシエがデザートを仕上げてくれるカウンター併設の菓子店へ行って来ました。
 今日は神楽坂に有る籠等扱うお店で米研ぎざるを物色しに行ったので。
 写真は私のフレンチトーストゴルゴンゾーラと蜂蜜ソース。
 ゴルゴンゾーラって蜂蜜と良く合うんですね。
 お昼が少し足りないかなと思っていたので重めのこちらに。
 お店が菓子店なので使われているパンはブリオッシュ。
 これは好みだけれど、私はフランスパンや食パンで作ったフレンチトーストの方が好きなのだと実感しました。
 美味しいのだけれど、ちょっとリッチすぎると言うか。ソースもリッチなので。
 ソースはしっかり重めなので小腹満たしにはぴったりだったけれど。



d0170682_12300818.jpg


 目の前に並んでいる物や作っているところをみる事が出来るのはやっぱり楽しい。
 


d0170682_12300852.jpg



 私が頼んだフレンチトーストにはシャーベットが付きます。
 これが最初に「アルコールがキツいが大丈夫か」との確認が有るもの。
 頂いたら確かにと〜ってもしっかりアルコール。
 美味しかった。
 これが有ると無いとではフレンチトーストを最後まで美味しく頂けるかに大きくかかわると思う。
 というぐらいソース濃厚です。


東京都新宿区神楽坂6-25
03-5227-4037



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_12054150.jpg


 今日はスーパーへ行ったら1本丸ごとのイナダが売っていたので鰯の予定だったのに思わずお買い上げ。
 鰯は丸ごと冷凍と下処理して冷蔵へ回し、イナダ1本3枚おろしにしてヅケ丼に。
 脂はあまり乗っていないけれど、ヅケにする事で身がトロリまったりして美味しかったな。
 上に香味野菜の刻んだ物を散らして。
 住んでいる地域、私が小さい時から比べると魚屋が減りました。
 今ある魚屋も切り身や粕漬け等に加工した魚の方が取扱い多い店も多く、1匹丸ごとの魚を選べるお店は少ないのが残念。
 逆にスーパーで刺身可のこういう1本物が売っているというのはしばらく住んでいなかったから目から鱗だった。
 それでも徒歩圏内に色々な魚を売っているお店を見つけたので今度はそこへも足を伸ばしてみよう。
 曲げわっぱ弁当箱も我が家の移動とともに運んで来た荷物の中から。
 これに入れるだけでちょっと美味しそうだから便利だわ。



d0170682_12054226.jpg


 合わせたのは豚汁。
 ちょっと豚肉少なすぎたかも。
 連合い喜ぶ里芋入り。
 里芋は村では手に入らないし種芋持って帰って育つかも微妙で断念していた物の一つ。
 薩摩芋に里芋、芋ラーには嬉しい。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓漬け丼爽やかで美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_12054136.jpg


 本日のなんちゃってキャンプご飯は豆腐となめこみそ汁、ご飯、漬け物(自家製即席漬けの古漬けと八百屋のぬか漬け)、生り節の煮付け、片栗のおひたし。

 生り節叔母が以前教えてくれたのを思い出しながら。
 でもその時味つけの説明詳しく聞いていなかったので何となくこんな感じか?と生姜と醤油でほの甘く煮付けてみた。
 ご飯が進む味。
 生り節丁度近所の生協で見切り品として安かったので。
 
 見切り品と言えば、肉や魚はともかくとして野菜や果物の棚を見ると「これで見切り品?」と毎日の様に思います。
 日本の見切り品の感覚
で村の八百屋を見ると入荷直後で既に見切り品扱いになりそうな物有るからね。
 悪路をトラックで走って来ると如何しても部分的にぶつかる果物は多いし、野菜もしかり。
 地場産の野菜がほとんど無いというのはこういう事かと改めて思います。
 日本って贅沢な国なのだな思う。
 そんなわけで今のところ見切り品を主に購入して直ぐにたっぷり食べるなんて感じで生活中。
 旬の物は新鮮な物買いますけどね。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_11462242.jpg


 本日の旬食材は片栗の花。
 旬とはいえど、そろそろ終りかけ。
 私片栗のおひたし初めてですが、甘味が強く歯触り良く美味しい。
 花も蕾も種も付いたままで茹でている時は綺麗だったな。
 甘酢で和えたら花の色はもう少し綺麗だったかもと今頃思いつく。
 来年まで覚えていられるだろうか?



d0170682_11462365.jpg
 


 なんちゃってキャンプの気分になるのはこちらのラーメンポット1個で調理しているから。
 ラーメンポットで温めて効率のいい鍋だけで作っているんですが、たまたまロシアから一緒に移動して来た箱の中にほぼ最後まで使っていた鍋釜があり、それがぴったり。
 村の家は電熱線タイプのコンロだったから似ていると言えば似ているのよね大きさが。
 ガス台は月末に搬入なのでそれまではなんちゃってキャンプ気分の夕食が続きます。



d0170682_11462307.jpg



 本日のみそ汁は具沢山みそ汁。野菜だけを炒めてみそ汁に。
 漬け物は白瓜と蕪をそれぞれ即席漬けに。
 つい斑にいた時の間隔で具沢山汁と主食で済ませちゃいそうになるのでなるべく副菜を追加する様練習中。



d0170682_11462369.jpg



 鶏胸肉をキルギス人おっちゃんお薦めミックスでマリネしておいたものグリル。
 お皿もまだほとんど出していないので鍋毎。汗



d0170682_11462303.jpg
 

 比較的上部のすぐ出るところに入っていた器類を使って。
 鍋炊きご飯と南瓜。
 ご飯担当の連合い、どうも日本へ戻ってまだ日本のお米と水加減相性見極め中のようで納得の炊きあがりとはならなかったみたい。
 そのうちまた間隔戻るよねきっと。
 ラーメンポットでご飯いかようにも炊ける様になれば長期出張も怖いもの無しだわね。

 ラーメンポットだけで調理、今まで同時に3〜4口使って調理したりしていたので練習になりそう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓ラーメンポット使えるやつなのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_11152017.jpg


 本日も生活を整えるべく買い出しや整理に励まなければなりませんが、なにせ新居はガス台無し、電子レンジも使わないからとレンタル(洗濯機/冷蔵庫はレンタル)していないので旅行用ラーメンポットだけでは限界があると実家でネットを借りるついでに台所もかりて。
 本日のお昼は手振りうどんに山形のダシをかけたツケ麺にしました。
 このダシ今日の一手間は舞茸を1時間程干してグリルで炙ってから加えているところ。
 これで断然香がたって美味しい。
 いつもは納豆昆布をいれるのだけれど、今日はオクラ/なめこに代わりのとろみを担ってもらいました。
 醤油で味つけしもりもり頂きます。
 ダシの味だけで頂くので気持濃いめにしてうどんと良く絡む様に。

〜材料〜
胡瓜    1本
茄子    1本
ピーマン  2個
オクラ   5本
大葉    3枚
茗荷    2個
生姜    一片
舞茸    1パック
なめこ   1袋
醤油    味を見ながら適宜

〜作り方〜
・舞茸はざるにほぐして乗せ、陽の光に1時間程当てる。
・胡瓜〜オクラは5mm角に切る。なめこも同じ程度の大きさになる様粗く刻む。
・大葉〜生姜は微塵切り。
・日に当てた舞茸をグリルで炙り所々焦げ目が付き始めたら粗みじん切りにする。
・全ての材料をボウルで合わせ醤油を回しかけ良く和える。
・野菜から少し水分が出て、味が全体に馴染んだら完成です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓香り高い野菜たっぷりなダシって美味しいわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_11481167.jpg



 機内食2食目はオムレツチーズソースかけ。菠薐草と馬鈴薯添えでした。
 ソーセジ無くても十分だった。
 菠薐草が柔らかすぎるのはご愛嬌ですが、馬鈴薯が以外にも美味しかった。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
d0170682_08212116.jpg


 ラウンジでゆっくりしようと早めにヴァンター空港へ到着。
 プレミアムラウンジの食べ物スープ以外はほとんどメニュー変わっていないので一度は食べて安心の味の物を頂きました。
 スウィートチリ味の焼き鳥とかサーモンとかペッパーハムとかとか。
 今日は生ハムが有ったので生ハムも。
 お供は赤ワインを頂きました。
 ちょっとコケっぽい香で森の中を一瞬思い出すワインだったなー。
 カタカナも横文字も苦手なので全く銘柄覚えていませんが。苦笑
 一応フィンエアーのビジネスクラスで提供されているワインらしい。



d0170682_08212284.jpg


 チョコムースとキーッセリ(フルーツ葛湯の様な物)は美味しいので毎回必ず頂きます。
 チョコムース、しっかり苦みが有る味で好きなのだ。



d0170682_08212282.jpg


 エコノミーコンフォートの一番前乗せ気にしたら前の壁までが遠い。
 さて、機内の楽しみはやっぱり機内食。
 毎回何が出るか味はともかく楽しみです。(勿論美味しい方が断然良いけれど)



d0170682_08212219.jpg

 前回利用の際はまだ以前と同じシールで区別でしたが、今回はきっちり料理名、内容物が記載された蓋に変わっていました。
 これは中に何が入っているか良くわかって興味深い。
 ラウンジでしっかり食べているのでメインをつまむ程度ですが、今回の機内食はどちらも美味しかった。



d0170682_08212224.jpg



 ポークカレー。
 フィンエアーのカレーって比較的しっかりスパイスが利いていてこれではご飯足りないと思うのは私だけだろうか?
 福神漬けが何とも日本便らしい?



d0170682_08212271.jpg



 ラムのミートボールピューレ添え。
 これがまた好みだったのですよ。
 挽肉の料理は時にペーストか!って言う程つぶれて変に甘くなっていたりする事も有るけれど、食感はちゃんと肉らしさが残っていて香もしっかりラム。
 羊が全般駄目な方にはキツいかもという位の味でした。
 そしてこのピューレが滑らかで美味しかったの〜。
 芋ラブ。
 メニューが先に判っていたら美味しいパンを買って持ち込みたかったわ。
 赤ワインもらえば良かったかもと思った今回の機内食でした。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓機内食が美味しいと得した気分ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]