d0170682_19422789.jpg


 1回目のクリスマスの夕餉記録。
 今年の12月のクリスマスはキノコ(微塵切りで炒めたもの)のイクラと栗プロフを詰めた丸鶏グリルをメインにしました。
 鶏の肉汁を吸った栗プロフも美味しいし、キノコの風味が染み込んだ鶏胸肉がしっとり絶品なのです。
 Белые грибы(ベールィエ グリブィ/白キノコ:ヤマドリダケ)のイクラを入れた物は勿論香り高く美味しいですが、日本ではなかなか生の白キノコが潤沢に手に入る訳では無いので手に入れやすいキノコとなめこのとろみで代用。
 これはこれで香り高く美味しかった。
 なめこ多めでとろみが付く位の方が美味しいです。
 お腹の中の栗プロフは生の栗を使ったけれど、甘栗や勝ち栗でも大丈夫なので栗の季節以外でもぜひ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓ロシアのキノコ摘めグリルチキン美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきも良かったら。



つづき
[PR]
d0170682_20214627.jpg



 ロシア料理の中で好きな物の一つがтушеная(トゥショーナヤ/素材の水分だけで蒸し煮にする料理)。
 ド田舎の道沿いに有るカフェで食べるトゥショーナヤは大好物でした。
 凄く不味い物に当たる確立が少ない料理の一つだと思う。
 村への行き帰りに依る様なカフェは長距離トラックやろう御用達なので割とこってりしていて肉ガッツリです。
 家で作るときは野菜もたっぷり入れてね。
 今日のメインはCвинииа тушеная с овощами (スヴィニーナ トゥショーナヤ ス オバシャミ/一滴の水分も使わず素材の持つ水分だけで蒸し煮にした豚肉と野菜)のロシアらしい料理です。
 今日は鍋ではなく壺で蒸し焼きに。
 
〜材料〜(2人分)調理時間90分
豚肉(お好きな部位) 1㎝以上の厚み2枚
馬鈴薯        2個
玉葱         1/2個
人参小        1本
トマトピューレ    小匙1〜2
塩          小匙1/2〜1
月桂樹        2枚
オレガノやバジル   お好みで
胡椒         お好みで
癖の無い植物油    大匙11/2

FOODIES レシピCвинииа тушеная



d0170682_20215169.jpg
d0170682_20314501.jpg
 本日の壺はこちら〜。
 これはもう駐在中ず〜〜〜〜っと探していたのに見つからなかった壺なんです。
 それなのに連合いが出張で行った際、何気なく除いた店にセット売りされていたと言う壺。
 そんなもんですね。
 連合い抱えて持ち帰って来てくれました。
 スープも良いのだけれど壷焼きにも使います。
 オーブンで並んでいる姿がまた頬緩んでしまう。



d0170682_20215846.jpg


 最初にこちらの壺を見かけたのはシベリア鉄道支線で頂いた食堂者の夕食で。
 その時はСолянка(サリャンカ/漬け物&漬け汁入りトマトベースのスープ)が入っていました。
 この時一目惚れしたのです。
 やっぱり次はスープだな入れるの。



d0170682_20220251.jpg


 主食は干し茸の風味豊かな精進蕎麦Каша (カーシャ/粥:穀類をぽろぽろに炊いたもの)。
 トゥショーナヤと相性抜群なんですよ。
 我が家連合いがカーシャは何方かと言えば苦手なのだけれど、この蕎麦カーシャは大丈夫なんです。
 さらっとしていて軽くすぐ炊けるのでお薦めです。
 私が作るそばカーシャは牛乳は使わない塩味で、今回の様に干し茸の戻し汁のときも有れば豚や鶏入りのときも。
 どれも簡単で美味しいので大好き。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓水分加えず蒸し煮味が濃厚になって美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]