d0170682_23101868.jpg


 今日の芸術家さんママВАЛЯ(ワーリャ)が作るお昼メインはキャベツのピカタでした。これが優しい味で凄く美味しかったので作り方を聞いて夕食に再現料理挑戦。

 が…ワーリャ、とにかく体が覚えているタイプなので分量はいっさい言われません。材料と作業手順のみ(汗)
 とりあえず手順を元にあとは適当に作ってみました。


d0170682_0255493.jpg

 こちらはワーリャ作のキャベツのピカタ。それに引き換え私のは…まだまだ修行が必要です(苦笑)
 粉の付け方、卵の分量きっと違う気がする。でもこれ凄く気に入っている味なのでもう少し練習して少しでもワーリャに近づけるといいな〜。
 
[材料]9個分
キャベツ小     8枚
塩漬け発酵キャベツ 一掴み
小麦粉       キャベツに満遍なくかかる量
卵         2個
油         適宜

[作り方]
・キャベツをゆでて一口大に切っておく。塩漬け発酵キャベツは細かく刻んでおく。
・茹でたキャベツと塩漬け発酵キャベツを交互に重ねて厚みが1〜2㎝位にしていく。
・重ねたキャベツに粉を付ける。
・フライパンを熱し、あぶらを敷いて卵液の半分をいれ、全て固まってしまう前に重ねたキャベツを置いていく。上から残りの卵液を加えてひっくり返し色よく焼き上げる。

 芸術家さん宅では茹でたキャベツの葉に塩を少し混ぜているそうです。この料理に添えられたソースは生の大蒜たっぷりのマヨネーズでした。おいしかったよー。 
 この料理、村で冬に良く見かける巻が固くて真っ白、でも甘味が濃いキャベツで作ったらさぞや美味しいだろうな〜。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

果たして焼き上がるのか?
[PR]
d0170682_23275758.jpg

 ここ最近の料理の中でかなり美味しかった魚のフライもどき。今日は芸術家さん宅で披露してきました。
 この調理方法、私は駐在直前までに1人でパンが焼けるようにと毎日でも通える教室というだけで選んだ教室が「ノンオイルノンバター」のパン、お菓子、料理を教えている茨木くみ子さんの教室だったのでそこで知りました。
 でも手持ちの病院薬局で手に入れた食事療法の冊子にも同じ様な調理方法が載っているところをみるとカロリーを押さえた料理の仕方としては案外一般的なのでしょうか?
 手持ちの本や冊子を参考に、味つけは自分好みに変えた物です。

[材料](4人分)
白身魚2種類フィレ   各1枚
塩           小匙1/2強
胡椒          適宜
小麦粉         大匙4〜5
水           小麦粉を溶いてちょっと重めのとろりとする位
青ネギ         お好みで(片方の魚分)
空焼きパン粉      天板一杯
《タルタルソース》
卵           2個
大蒜          3〜4片好みで増減
ディル         一掴み
イタリアンパセリ    一掴み
塩           小匙1/2
レモン果汁       1/2個弱
練り辛子        小匙2
マヨネーズ       大匙3〜4
胡椒          適宜
ズッキーニの
塩漬けピクルス     カットしてあるもの6本

[作り方]
・パン粉は天板一杯に広げ180度のオーブンで空焼き。きつね色になるまで時々かき混ぜながら焼く。
 空焼きが終ったらオーブンを250度へ上げておく。
・魚を好みの大きさに切り分け、塩胡椒をしておく。
・小麦粉を水で溶き、魚をつけ空焼きの終ったパン粉の中へ置き、上にパン粉をかぶせて押さえ空いている天板へオーブンシートを敷いた上に置く。
 半分の魚へ衣を付け終わったら、残りの水で溶いた小麦粉へ小口切りにした青ネギを加えて衣を作り、残りの魚を同じように衣をつけていく。
・オーブンペーパーを敷いた天板に全ての魚が乗ったら、余熱の上がったオーブンへ入れ10分〜焼く。
 オーブンによって焼き上がりが異なりますので、時間が来たら様子を見て焼き時間を調整して下さい。
《タルタルソース》
・水から茹でて10分固茹で卵を作り細かく切るかフォークの背で潰しておく。
・ピクルスはみじん切り、香草は細かく刻んでおく。
・大蒜を潰し、塩と混ぜて乳化させる。そこへレモン果汁を加え更に良く混ぜ出てから、練り辛子、マヨネーズを加え味をみて塩胡椒を加える。

 このフライもどきは魚貝類、肉どちらでも使えます。普通にフライを揚げる最後の工程をオーブンへ置き換えるだけです。
 今回はタルタルソースでマヨネーズとゆで卵を使うので小麦粉と水だけで衣を作りましたが、元レシピは卵が入っています。またこの衣にカレー粉やチーズ等をいれて風味を付けた衣を作ることも出来ます。
 タルタルソースには青ネギや玉葱、胡瓜のピクルス等お好みの物を入れて下さい。
 

にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

作っているところ〜
[PR]
# by etigoya13 | 2010-06-15 23:19 | | Comments(2)
d0170682_122012.jpg

 去年仕込んだ在庫の胡瓜の塩漬けピクルスが全て終り、ズッキーニの塩漬けピクルスも最後の一瓶を開けてしまったのでそろそろ新しくし込もうと思っていました。
 今日八百屋へ買物へ行ったら丁度ピクルスに最適な大きさの胡瓜が売っていたので仕込むことに。
 ロシア風のピクルスは甘酢ではないので料理に色々展開出来ておつまみにも良いですよ〜

[材料]
胡瓜         500グラム
大蒜         2〜3片
月桂樹        4〜5枚
オールスパイス    3〜5粒
粒胡椒        10粒
唐辛子        1本
〈調味液〉
イタリアンパセリや
ディルの茎      4〜5本分
丁字         3〜5粒
塩          大匙2
砂糖         大匙1/2〜1
酢          大匙1
水          1リットル程度

[作り方]
・胡瓜は洗って乾かしておく。
・鍋に〈調味液〉の材料を全て入れ火にかけ塩等を完全に溶かす。
・鍋を煮立てている間に、消毒した瓶へ残りの材料を全ていれる。大蒜は粗く潰すかスライスお好みで。
・材料を詰めた瓶へ煮立てた調味液をあふれる程に注ぎ蓋をして冷ます。
・常温で2〜3日発酵させて冷暗所で保管。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp

作っているところ
[PR]
Fish & Chips @ The Turf Tavern

d0170682_191655.jpg

 このところずっと食べたかったベイクドビーンズ、Ninukitchen便りさんで記事を見て以来更にその食べたいモードが高まり、胃の調子が戻って来た今日久しぶりに作ってみました。

 単純な材料なのだけどたまに食べたくなる味です。

[材料]
豆の水煮缶    270グラム
玉葱       1/2個
大蒜       2片
砂糖       小匙1/2弱
赤ワインビネガー
柘榴シロップ   足して大匙2
トマトパスタ   小1缶(大匙2杯弱)
ケチャップ    飛行機の機内食に付いていたもの1袋
豆の煮汁     150〜180ミリリットル
塩胡椒      適宜
油        適宜

[作り方]
・玉葱と大蒜をみじん切りにする
・鍋に油を入れ、玉葱と大蒜を炒め透き通って来たら酢を加え水分を飛ばす。
・水分が飛んだら砂糖を加えさらにトマトパスタを加えて火を通す。トマトの香りが立って来たら煮汁を加えて沸騰させ、沸騰したら極弱火にして10分程煮る。ケチャップを入れて5分煮る。
・鍋に豆を加えて更に数分煮て味を見て足りなければ塩こしょうで整えて完成


 今日は水煮缶が赤い隠元豆しか売っていなかったので赤で作ったら、色が凄く濃くなり、さらに煮詰め過ぎて何だかものすごい濃い味っぽく見えますが、そんなこと無く美味しいです。
 でも次回は白い隠元豆で作ろう〜。
 これをДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)に添えて食べようと白隠元豆水につけました。

 
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp

材料はこんな感じ
[PR]
# by etigoya13 | 2010-06-11 23:49 | | Comments(2)
d0170682_15499.jpg

 最近胃が弱っている時の定番となりつつ有る塩漬け発酵キャベツ入りお粥(でも相変わらず毎回ちょっとずつレシピが違います)。今日は具の野菜を増やしてみました。
 塩漬け発酵キャベツの味だけで炊き上げるのですが、やや古漬けのものが美味しいと思う。この塩漬け発酵キャベツ、つぼ焼きにも使うしスープ類にも良く入れる具と調味料を兼ねている便利な漬け物です。

d0170682_113194.jpg

 もともとこのメニュー芸術家さん宅で頂いたお昼にプロフと言って出て来たもの。
 この写真だとイメージはおじや?リゾット??と言う感じ。味付けももう少し濃くって乳酸発酵の酸味が口に広がります。塩抜きをしない漬け物をそのまま炒めているとのことなので味が全体的に濃いんですね。さらに皮付き鶏肉を丸ごと茹でてとったブイヨンで炊いています。皮が付いているので油分も其れなりに…。
 あ、ちなみにこれパンがお皿に乗っていることでもわかるようにおじやの様なこの料理はあくまでおかず扱いです。

 これだと我が家には味が濃すぎる&油が強すぎるのでそれを変えて、更に今日の分量は胃が弱っている私と風邪気味の連れ合いに合わせて更に柔らかな味になっています。(もはや別もの?)

[材料]
米          1合
水          600〜800ミリリットル
塩漬け発酵キャベツ  2掴み
人参大        1/3本
大根         1個
(村で売っている緑色の大根。日本の大根なら5㎝位)
鶏胸肉        半身

[作り方]
・米は洗っ笊で水切りし、鍋へ水とともに入れ30〜60分ほど置く。
・塩漬け発酵キャベツは粗く刻み、水をはったボウルへ入れ塩抜きをする。30分〜
 食べてみてややしょっぱいかな?というところで笊へあけ水を切る。
・人参と大根は西洋おろし金ねあらくおろしておく。鶏肉はさいの目に切っておく。
・米の入っている鍋へ塩漬け発酵キャベツと野菜、肉を加えてコンロにかけ沸騰させる。
 一旦火を止め、沸騰がおさまったら蓋をして120〜130度のオーブンへ入れて1時間ほどゆっくり炊く。
・途中で鍋の様子を見て好みの炊き加減になっていたら出し、味を見て足りなければ塩(分量外)を入れて味を整えて完成。

 材料を全部鍋へ入れてオーブンへ放置すれば良いわけです。簡単。でも発酵もの独特な味が美味しいんです。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp

材料の分量はこんなかんじ
[PR]