d0170682_155256.jpg

 今日はお昼から気温がぐ〜んと上がったのでさっぱりしたおかずにしました。生のビーツで作るサラダ。加熱したビーツの甘さが苦手な方に比較的食べて頂けるサラダです。
 我が家のビーツ料理の定番。

[材料]
ビーツ       小1個
酸味の強いリンゴ  1〜2個
レモン       1/2〜1個
塩         小匙1/3〜1/3強
胡椒        お好みで

[作り方]
・ボウルへビーツとリンゴを西洋おろし金で粗めにおろしておく。
・ボウルへレモンをしぼり塩、挽きたての胡椒を入れて満遍なく和える。
・冷蔵庫で1時間以上味を馴染ませる。

※日本でかなり酸味の強い林檎が手に入りにくいと言う事で、日本の林檎で作る場合は用意したビーツの半分以下の量にして下さい。 


 と至って簡単な料理というよりも調理という感じですね。さっぱりと口直しにも向いているサラダです。
 ビーツ便秘に効くらしいのでせっせと連れ合いのために食卓へ乗せないといけません。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_0503677.jpg

 今日の村は冷たい雨。そのため温かいものが食べたい気分だったのでリゾットを作ってみました。
いつもはフライパンで作っているのですが、今日はオーブンで作るのを始めてやってみたのです。
 結果は…水加減もう少し練習しないと今日はちょっと柔らかかった。写真ではおじやのようになっていますね(汗)

[材料]2人分
米      1合
出汁     360ミリリットル
(うどんの時の残り味つけしていないもの)
玉葱小    1個
ズッキーニ小 1本
お好みの茸  300〜400グラム
(今日は白きのこ、リージク(アカハツタケ)、マッシュルームを使いました)
塩      小匙1/2〜1
油      大匙2〜21/2

[作り方]
・玉葱は粗みじん切り、ズッキーニ、茸はさいの目切りにしておく。
 オーブんを200度に余熱
・フライパンに大さじ1〜11/2の油をしいて上の野菜と茸を加え油を全体に絡める。油が全体に回ったら塩を加え炒める。玉葱がしんなりするまで。炒め終わったらお皿等によけておく。
・オーブンへ入れられる鍋に油と米を入れ米全体に油を絡めてから火をつける。数分炒めてから出汁を加えて一煮立ちさせる。
・一煮立ちさせた鍋を余熱の上がったオーブンへ入れ20〜30分加熱する。10〜15分ぐらいしたら取りよけておいた野菜を加えて味をみる。
 味が足りない場合は塩を少し足し、更に残りの時間加熱する。
・時間が来たら一旦取り出して様子を見て固さと味がまとまれば更に盛りつけて完成。加熱が不足の場合はオーブンの温度を180度に落として様子を見ながら加熱する。


 と作ってみて味は茸の出汁と和風出しがマッチして香り高くさっぱりしつつ濃厚で美味しかったのですが…リゾットというよりおじやな見た目がイマイチ。
 まだまだオーブンで作る時の水加減と温度を色々試した方が良いかも。次回は180度の温度で水分量を減らして作ってみようと思います。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_23592668.jpg

 村も暑い…とはいっても朝晩は涼しいのだけど。白夜とまではいかなくても22時ぐらいはまだ夕方と言う感じなので夕食の時間帯はまだまだ暑い。
 ということで今日はさっぱり涼しい食事にしました。冷凍庫にまだ以前に打って小分けしておいたうどんがあるのでひやしうどん。大根は庭から抜いた間引きものや不揃いなものを1回使いきりでど〜んと(笑)

[材料]2人分
うどん      2玉
間引き大根の葉  4株分(日本で売っている様な大根なら半分ぐらい)
大根小      1本(日本で売っている様な大きさなら10㎝位)
芽カブ      一つかみ
揚げ玉      有ればお好みで

〈つゆ〉
水        1リットル
厚削り鰹節    一掴み
利尻昆布     15㎝程
塩        小匙12/3
砂糖       小さじ1
醤油色付け程度 

[作り方]
・鍋に水を入れ厚削り鰹節、利尻昆布を入れて極弱火でじっくり出しを取る。昆布は最後まで引き上げません。いつも2時間以上放置。
・出汁が十分に出たら鰹節と昆布を取り除き、残りの〈つゆ〉の材料を入れて一煮立ちしたら火を止め、芽カブを加えて冷ましておく。人肌以下に冷めたら冷蔵庫で冷やす。
・鍋に湯を沸かし、大根の葉を茹で3〜4㎝に切りそろえておく。大根おろしをおろしておく。
・大根の葉を茹でた鍋で続けてうどんを規定の時間茹で、茹であがったら流水で表面のぬめりをしっかり取るように手早くしめる。
 硬水の地域ではゆで汁に少し酢を加えておくとより美味しく茹であがります。
・器へしめたうどんを入れ、上から冷やしておいた汁をかける。茹でて切りそろえた大根の葉、揚げ玉、大根おろしを乗せて完成。

 出汁の昆布はこの時点で柔らかくなっているので細切りにして具としても美味しいです。利尻昆布、厚くて柔らかく煮くずれないので具にする他に佃煮にしたり別の煮物にしたりして使っています。
 温泉卵を作っておいて上に乗せても美味しいです。
 今日はつゆも冷やしたのでやや濃いめの味つけにしてあります。甘味等はお好みで調整覗いて下さい。
 我が家は家庭菜園で出来る不揃いな野菜を使うので毎回大根おろしや大根の葉の分量は変わります。お好みで適当に具も変えてお楽しみ下さい。
 写真では芽カブほとんど見えていませんが、大根の葉の裏半分が芽カブ、結構量入っています。細切りになって乾燥してあるもの。粘りも強く香りも豊かです。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_16547.jpg

 本日もう1種類の胡瓜の塩漬けは「Огурцы соленые 《Изумрудные》 с водкой(アグリツィ サリョーヌィ 《イズムルフォヌィ》ス ヴォードカイ/ウォッカ入り胡瓜の塩漬け《エメラルド》)」
 これもまた定番とは違う味で探したわけですが、目に留まったのはまあウォッカを使うというところ。ロシア料理はお酒を使うレシピがほとんど無いとロシア料理本に書いてあったのが印象に残っていたのでウォッカを入れるレシピがどういう味なのか試してみたくなったわけです。
 こちらはコケモモ入りの塩漬けより一手間かかりますが難しくは有りません。見た目的には一手間をかけないほうがずっと綺麗です(苦笑)まあ味が良ければ見た目はそんなに気にしないけれど。

[材料]
胡瓜600グラム
大蒜2片
粒胡椒5粒
木いちごの葉2枚
ディル5本分の茎
イタリアンパセリ5本分の茎
西洋わさびの葉2枚
レモン1/2個

〈漬け込み液〉
塩大匙2
砂糖大匙2
水750〜ミリリットル
ウォッカ25グラム

[作り方]
・胡瓜を洗い、熱湯をかけさらに冷水につける。胡瓜が冷たくなったら笊に上げ水気を切っておく。
・保存瓶の底へ香草、大蒜、粒こしょうを敷く。その上から水気を切った胡瓜をぎゅうぎゅうに詰め、その上にレモンの輪切りを乗せる。
・漬け込み液の材料を鍋へ入れ沸騰させる。塩、砂糖が完全に溶けるまで。
・胡瓜を詰めた保存瓶の上から沸騰した漬け込み液を一杯に注ぎかるく蓋を置いて5分放置する。
・5分たったら漬け込み液を再度鍋へ戻し沸騰させてまた保存瓶の上まで注ぐ。これをあと2回繰り返す。
・3回目の漬け込み液を注いだら蓋をしっかり閉め、蓋を底にして瓶を反対に置いて冷ます。完全に冷めたら蓋の閉め口等を良く水で洗って冷蔵庫で保管。

 この塩漬けも発酵はさせないので翌日ぐらいから食べて良さそうなレシピ。さてウォッカを漬け込み液に使った違いは私に判るのか?

にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

mytaste.jp

作っているところ〜
[PR]
d0170682_2383771.jpg

 今日は胡瓜が収穫出来るようになったら作りたかった新しい塩漬けを作ってみました。こちらは「Огурцы, маринованные с брусникой(アグルツィ,マリノーバヌィ ス ブルニーコイ/こけもも入り胡瓜の漬け物」定番で作っているものと違う種類でかつ今現在わが家に食材があるものということで選んでみました。
 どんな味になるのかまだ想像付いていません(笑)

[材料]
胡瓜     500グラム
こけもも   125グラム
エストラゴン 2枝
ローズマリー 1枝
大蒜     1片
丁字     3粒

〈漬け込み液〉
水      250ミリリットル
塩      13グラム
蜂蜜     25グラム

[作り方]
・胡瓜(小粒なもの程良い)を洗い水分を拭いておく。
・殺菌した保存容器に適当な大きさに切った香草とスライスした大蒜、丁字を入れる。その上から水分を拭き取った胡瓜をぎゅうぎゅうに摘め、更にその上からコケモモを散らす。
・鍋に漬け込み液の材料を全て入れ沸騰させる。沸騰させた漬け込み液を胡瓜等を摘めた保存容器に熱いうちに流し入れる。蓋をしっかり閉めてから蓋を底にして瓶を逆さまにして自然に冷ます。
・冷めたら冷蔵庫で保管。

 作るのは簡単なんだけどねー。果たしてお味は?
 漬け込み液に蜂蜜が入っていますが味を見てみたら甘い!という感じは全く有りません。塩味が丸くなっている感じ。わが家定番のものもそうですが、塩って甘味の半分ぐらいの量でもちゃんと塩味になるから凄いですね。

にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

瓶詰め中
[PR]