d0170682_22273573.jpg
Христос Воскрес!
   (フリストス ヴォスクレス!/主の復活)

Воистину Воскрес!
  (ヴォイースティヌ ヴォスクレス!/誠に主の復活)

 今日はちょうど誕生日会へ招待されていたので、これ幸いとПасха(パスハ/復活祭)の料理を忘れないように作って持ち込みました。
 とりあえず並べたところ。
 人様のお宅なので温かいものもすでに一緒に食卓に。
 久しぶりに作ったロシア宴席定番の料理やパスハのための料理を作ってやっぱりロシア料理の美味しさを実感した夕食となりました。



d0170682_22280808.jpg



 直前まで魚屋で鰊を探していたのだけれど無くて駄目元で寄ったスーパで見つけやっと2匹確保したのが一昨日だったので間に合うか心配だったのですが、いい具合に身の締まった食感と塩味に仕上がってホッとしました。
 やはり冷凍の鰊で作るよりも身の締まり方は生からの方がいいかな。
 予想以上に鰊も好評だったのが嬉しい。
 ちょうど新ジャガの出回るこの季節、もちろん付け合わせは茹でた新ジャガで。
 ↓レシピはこちらを。

 私が生玉葱アレルギーでしっかりマリネした場合他の食材も食べることができないので今日は鰊と茹でた新ジャガだけですが、玉葱でマリネするとさらにロシアの味です。
 ↓レシピはこちらを。



d0170682_22280829.jpg



 これは昨年秋に村へ行った時に一緒に採取したБелые грибы(ベールィエ グリブィ/ヤマドリダケ)と先に積んでおいてくれたもので芸術家さんママが仕込んでお土産にもたせてくれたもの。
 冷蔵庫でこの日のためにとっておいたもの。
 やっぱり美味しい。
 今日会場を提供してくれたお宅の方に大好評。
 いい笑顔をいただきました。
 ↓作り方はこちらを。



d0170682_22280880.jpg
 

 宴席では定番中の定番サラダ。
 とてもしっとりしていて優しい味わい。
 ロシアのマヨネーズはまろやかで塩分も酸味も控えめなので、日本のマヨネーズで作る場合は少なめにし、マスカルポーネチーズを混ぜるとロシアの味に近づきます。
 ↓作り方はこちらを。



d0170682_22280903.jpg


 ロシアの宴席ではもう魚の前菜と肉の前菜は別皿でそれぞれたっぷり出てくるけれど、今の私の周りではそれを全て堪能できる胃袋の人が揃うわけではないので今日は一皿に両方を。
 魚前菜は日本鱒の半身が手に入ったので半分を塩漬けに。
 砂糖と塩、胡椒にディルを乗せて脱水シートで覆って冷蔵庫で一晩置いておいたもの。
 塩梅良くディルもケチらず乗せたので風味良し。
 ↓材料を日本鱒に変えただけで作り方はこちらを。

 もう一つは日本鱒を砂糖/塩で締めるところは同じで胡椒とディルの代わりにラム(開いていればコニャックの方が風味良し)と薫製液を降り同じように脱水シートで覆って冷蔵庫で一晩置いたもの。
 こちらは低温オーブンで加熱。
 これも美味しく仕上がりました。
 薫製作業をせずとも薫製の味ってやっぱり便利。



d0170682_23260253.jpg


 肉前菜はРулет куриный(ルレート クリーヌィ/鶏肉のロール)を。
 今回は色白な村でよくいただいたものを再現したかったので低温オーブンで加熱。
 希望通りの色で仕上がり満足。
 今度は塩麹に漬け込んでみよう。
 ↓作り方はこちらを。



d0170682_23260297.jpg


 もう一品サラダはロシアらしい華やかな毛皮を着た鰊サラダ 。
 鰊の塩漬けがうまくいったので期待度高し。
 鰊は玉ねぎと油で和えておき、茹でて西洋おろし金でおろした馬鈴薯は酢で作ったドレッシングで和えておき、ビーツも酢で和え更にマヨネーズで独特の色合いに。
 あとはこれを層に重ね仕上げにゆで卵の裏ごしを散らし更にその上にゆで卵を乗せて完成。
 以前に紹介したレシピではマヨネーズ和えが多かったので、今回は少し変えてちょっとさっぱりめ。
 これの方が好みかも。
 ↓以前の作り方はこちらを。



d0170682_23263460.jpg



 メインは丸取り2羽。
 なんとすっかり写真を撮り忘れ、本日の会場提供いただいたご家庭から写真お借りしました。汗
 一つはレモン/大蒜/月桂樹を詰め、もう一つは炒めたキノコと玉ねぎを詰めて。
 キノコの方は皮がはじけて中身が出てしまった。汗
 どちらも一晩マリネしておいたのでしっとり。
 これを本日の会場まで運んでいたらすれ違った人に「おお〜」と言われる。
 確かに日本であんまりトレイに鶏乗せて歩く人いないかもね。苦笑

 今日は手抜きしてキノコを細かくしなかったらちょっと皮の下で馴染みにくかった。
 やっぱり手抜きはいけませんな。
 ↓キノコ入り丸鶏グリルのレシピはこちらを。



d0170682_23263470.jpg



 パスハといえばКуличи(クリーチ/パスハ:復活祭に頂く菓子パン)とПасха(パスハ/復活祭用カッテージチーズデザート)は欠かせません。
 せっかく覚えた味なので忘れないように今年も。
 今回はこの二つを食べることが初めての家族と一緒にいただきましたが、「シュトーレンのよう」と私も最初に教わった時に感じた感想が。
 やっぱり少しずつ楽しむ味よね。
 これがアレヨアレヨと村ではなくなるところが恐ろしい。
 パスハの方はヨーグルト使用でさっぱり味のものを初めて作ってみましたが、手軽で日本向きです。
 ↓作り方はこちらを。

 左は時は、饅頭酒で発酵させた発酵種とイースト生地で作ったクリーチ生地にくるみと栗の渋皮煮を入れたもの。 
 かなりずっしりな焼き上がりで甘さ控えめ朝食に良さそうです。

 久しぶりのロシアらしい宴席料理堪能して大満足のパスハとなりました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ロシアの宴席料理なかなか美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_22090326.jpg


 例年Пасха(パスハ/復活祭用カッテージチーズデザート)用にТоворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)を仕込むのだけれど、今年はもっと手軽に日本で作れるように水切りヨーグルトを使用したパスはを作ってみました。
 水切りヨーグルトのものはよりさっぱりした仕上がりでちょっとだけデブ街道まっしぐらデザートを食べる罪悪感が薄らぐ?
 今日初めてこのチーズケーキを食べた人からは「黒パンやКуличи(クリーチ/復活採用菓子パン)
に良く合いますね。」と気に入ってもらえ良かった。
 さっぱり食べたい時は生乳100%ヨーグルトのパスハおすすめです。
 今日の飾りつけはちょうど誕生日の5歳のお嬢ちゃんにお願いしました。

〜材料〜
生乳100%ヨーグルト   200g
脂肪分の高いサワークリーム 10g
バター           50g
練乳            100g
生クリーム(脂肪分47%) 100ml
胡桃            60g
カラフルな色のお菓子
またはドライフルーツ    適宜

↓作り方はこちらをどうぞ。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓初めての人にも美味しいと言ってもらえて良かったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_21191478.jpg



 久しぶりに宴会料理を作るべく、村駐在中出席した宴席のかなりの確率で出てきた肉前菜からРулет куриный(ルレート クリーヌィ/鶏肉のロール)を作る。
 すでに記録を残したつもりだったのだけれど、載せていなかった。
 2015年お正月はすぐに日本へ向け移動に入るとわかっていてしっかりとしたおせち料理は作らなかったのだけれど、その時に作ってみたものが最初のルレートでした。
 今日の具は人参と鞘隠元豆。
 以前は袋に入れて茹でた作り方だったけれど、今回は低温オーブンで焼いてみました。
 160度30分加熱後自然に冷めるまでそのまま放置。
 目指した色白のルレート クリーヌィが完成です。
 ↓作り方はこちらをどうぞ。

〜材料〜
皮付き鶏胸肉 1枚
岩塩 大さじ1/2
人参小 1/2
鞘隠元豆 5本
 
d0170682_11105763.jpg


 叩く時に厚みがなるべく均一になるように叩くと巻きやすくなります。



d0170682_11105740.jpg


 こんな形にしっかり両端を閉じ、アルミホイルの綴じ目は上に向けてトレイに置いてから加熱してください。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓中身を色々変えることができて応用ききそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
# by etigoya13 | 2017-04-16 12:37 | | Comments(0)
d0170682_05042064.jpg


 アイシングをかける前に写真を写してしまったけれど、なんとか金曜日にКуличи(クリーチ/復活採用菓子パン)を焼き上げる。
 明日はクリーチの生地で別の方を使って焼けるといいなと思っているのだけれど、まずはПасха(パスハ/復活祭)当日に両親や従兄弟家族と一緒に食べる用は確実に焼いておかないとね。
 子供がいるので変に捻ったりせずごく基本の生地で焼いています。
 パン生地を発酵させている途中で固く泡立てたメレンゲを混ぜ込む方法のクリーチを。
 1年に1回の行事食だから忘れないためにも作り続けたい。
 ↓レシピはこちらをどうぞ。


d0170682_05042063.jpg


 1回目のメレンゲを生地に混ぜ込む前。
 最初は生地に混ぜ込むのが結構大変だけれど、この際生地を切ってしまうような形になってもひとまず混ぜ込む。
 この時は泡が消えてしまうかもということは考えずに一度卵白を生地に混ぜ込むと次からが断然楽に。



d0170682_05042004.jpg


 1回目のメレンゲ混ぜ終わったところ。
 発酵していた生地がちぎれてしまっているように見えますが、またあとで発酵するので大丈夫。
 ちょっと生地がみずみずしくなった感じ。



d0170682_05042175.jpg


 2回目のメレンゲ混ぜこみ前。
 2回目からはメレンゲの量を1回目より気持ち多めに混ぜていきます。
 ここからはできれば泡が消えないように気をつけながら。
 


d0170682_05135435.jpg


 1回目の混ぜたあとよりも生地が緩んできているのがわかるようになります。
 少しメレンゲが残っていても気にせず次に進みます。



d0170682_05135465.jpg


 最後のメレンゲ投入。
 卵白の量が多い場合は4回に分けても。
 


d0170682_05135446.jpg

 
 全てのメレンゲを混ぜ終わった生地は最初のハリがあった状態からかなり緩みます。
 この後型へ入れ最終発酵へ。
 型の縁と同じ高さに一番上の部分が届くかというぐらいまで発酵したら余熱をしたオーブンへ。
 生地量やオーブンの癖によって焼き時間は調整します。
 一旦レシピの時間で取り出し一番高い部分に串を刺してみて生地が付いてこなければ焼きあがり。
 生地がまだ付いてくるようなら10分ほど追加で焼いてください。
 今年のクリーチはドライサワーチェリー/ドライクランベリー/たんかんピール/くるみ入り。
 生地に混ぜ込むスパイスはジンジャー(粉)とカルダモン。
 今回は粉200グラムで卵2個使用しているのだけれど、ロシアにいた時に買った紙製の型に生地を入れる時は250〜300グラムの粉にした方がいいと覚書。
 


d0170682_05135493.jpg


 おまけ。
 明後日サラダに使う用に塩漬け発酵胡瓜をパン生地を発酵させている間に仕込みました。
 ちょうど便に入り切りそうなミニ胡瓜を見つけたので。
 運良くあの道散歩してよかったわ。
 日本で売っているピクルスは甘みが我が家としては強く感じるものが多くてなかなか好みの味付けに出会えないからね。
 直前まで便で保存しておきます。
 なんとか漬かるといいのだけれど。
 ↓胡瓜に合わせて適宜分量を変えて仕込んでいます。



 明日は鶏肉の前菜を仕込んだり、サラダ用の肉下ごしらえなどやることたくさん。
 デザートは、うまくТоворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)ができそうになかったらヨーグルトで代用しちゃうかも。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓日曜日のパスハに向け仕込むものいっぱいねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_04480295.jpg


 今日は久しぶりにロシアのホテルでよくいただいたオーブンで焼きあげる作り方のオムレツを朝食に。
 今豆類が美味しい季節。
 旬のスナップエンドウをたっぷり入れて。
 他にコーン缶とコンビーフ入り。
 卵を軽く泡立て、今日は牛乳を加え具を炒めた上から流し込んであとはオーブン任せ。
 ちょっと時間はかかるけれど、卵料理が苦手な私にはオーブンへ放置できるのは気分的に楽で一番作りやすいオムレツです。
 すぐに写真を撮らなかったために凹んでしまったけれど、焼立てはふんわり膨らんでいます。
 日本の春野菜や秋野菜/冬野菜は村にいた時全て夏野菜。
 だから夏になるともうこれでもかっていうぐらい野菜料理が並んだのが懐かしく思い出されます。
 村に住んでいた時はдача(ダーチャ/菜園付き小屋)のめぐみご飯という印象でしたが、日本では四季の野菜で色々作ることができるので幅が広がります。
 ↓具を入れない一番簡素なこちら↓↓のレシピ通り作る前に好きな野菜を炒めておいて上から卵液を注いで焼きあげます。


 入れる野菜で彩りや栄養もいかようにもできるのでこれからの季節楽しみたいとおもいます。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ロシアのホテルの朝食美味しいの?と疑問に思われたら作ってみてくださいね。
 ついでにポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]