タグ:アメリカ郷土菓子 原 亜樹子著 PARCO出版 ( 2 ) タグの人気記事

d0170682_23494489.jpg


 引き続き図書館から借りている「時代を超えて愛される、各地に伝わる普段着の味 アメリカ郷土菓子 原 亜樹子著 PARCO出版」からP60のCrazy Cakeを作ってみました。
 この本に掲載されているアメリカのお菓子、予想以上に作ってみたいと思わせるものが多く読んでいても楽しいです。
 ただ連れ合いが出張中で消費が追いつかないので簡単にできて少量のものを主に作ってみているところ。
 もう少しで帰国するから今度はタルトやパイも試してみたい。
 さて、今日のクレイジーケーキ、耐熱皿の中で混ぜて焼くという簡単で手軽なところがとても気に入りました。
 以前作ったHotMilk Sponge Cakeも全て混ぜ合わせたら容器へ入れて焼くだけで手軽だったけれど、こちらは耐熱容器内で混ぜるのでさらにお手軽。
 卵を入れないし、乳製品も必要ないので思い立ったらいつでも焼くことができる手軽さはかなり便利。
 粉ふるいを使えば直接耐熱容器の上でふるうこともできるからより手軽だと今頃気付く。
 作っていたときや小さいボウルの上で小さめの手つきざるでこしたので洗い物が余分に出てしまったのです。
 次から粉ふるい使う!持っているんだから。  
 使用している容器はFALCON(ファルコン)のPIE DISH。
 ロンドンへ旅行した時に購入したもの。
 少量のケーキを焼く時にぴったり。
 
〜材料〜
強力粉      40g
ココア      15g
砂糖       30g
塩        ひとつまみ
重曹       小匙1/5
酢        小匙1
油(米油使用)  20g
バニラエクストラ 少々
冷水       60g
クリームチーズ  2包

 斜体の材料が本と変更したり加えた材料。
 前回少し砂糖を減らしたもののまだ甘かったのでさらに減らして。
 2回に分けるとはいえ、ほぼ食べきりサイズなので保水のための砂糖は考えず。
 私にはこれで十分美味しいけれど、甘党の人と分ける時は最低でも40gは入れたほうがいいかな。
 甘党の人だけなら40gでも甘さ控えめかもしれません。 
 


d0170682_23494499.jpg


 180度20分。
 HotMilk Sponge Cakeは何が悪かったか焼成時間が大幅にかかりましたが、今回は記載温度/時間で炊き上がり。
 レシピは薄力粉使用ですが、相変わらずお菓子も全て強力粉で作っているので食感が本来のものと同じなのかは不明ですが、強力粉で焼いたこのクレイジーケーキはしっとりなのだけれどふんわりした食感も焼きたてには感じられお手軽度を考えると再度作る確率はかなり高いと思う。
 重すぎないしっとり感。
 好き♪
 完全に冷めると少し重めにはなるけれど、しっとりしていて私は好み。

 今回はクリームチーズだけれど、バナナとかも絶対に合うわ。
 展開できそうなところがまたこういうお手軽ケーキのありがたいところですね。



d0170682_23494407.jpg


 ふるった粉に2箇所穴を開けて重曹と酢、油を注いだところ。
 この状態で混ぜられるかしら?とやや不安。
 何せ粗相が多いですからね私。



d0170682_23494465.jpg


 水を加えたら更に…本当に混ざるかしら??と心配になりましたが、とにかくそーっとゆっくり混ぜます。



d0170682_23494481.jpg


 なんとか混ざりました。
 ほっ。
 今日はクリームチーズを消費したくこのあとチーズを散らしてオーブンへ。
 焼き上がりもしっとりしていてこれなら慣れたら朝食に味を変えて焼くことも出来そう。

 とにかく生地作りに繊細さが必要ないところがお気に入り。
 こういう焼きっぱなしのお菓子はもっと覚えたい。



d0170682_00361242.jpg


 ココアは村にいた時一番美味しいと感じたこちらのものを使っています。
 風味よくビターな味わいに仕上げた時が好み。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓お手軽っておやつ急に食べたくなった時にありがたいわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



[PR]
d0170682_20591367.jpg
d0170682_20591417.jpg
 なんとなく焼き菓子が食べたくなり久しぶりにケーキを焼く。
 ずいぶんん前に買ってしなびてきてしまっているリンゴの消費もかねて。 
 図書館から借りてきている「時代を超えて愛される、各地に伝わる普段着の味 アメリカ郷土菓子 原 亜樹子著 PARCO出版」P39のHotMilk Sponge Cakeを作ってみました。
 家にある材料で作るので調整しながら。
 あと、やはり甘みが私には強すぎる分量なのでそのあたりは減らして。
 リンゴを入れてしまったから焼き時間が全く違ってしまったのかとにかく記載の時間の倍以上かけて焼き上げる。苦笑
 我が家のオーブン黒パンを焼く時の時間は短くなったぐらいだから、決して温度が低くなりがちというわけではないはずなのだけれど。
 まあ焼きあがったからいっか。
 リンゴを入れてしまったのはφ20でも深さがないパイ皿で焼いたら溢れそうに。汗
 なんとか縁で止まって良かった。

〜材料〜φ20の陶器製パイ皿1台
強力粉       30g
米粉        40g
ベーキングパウダー 小匙3/2
砂糖        70g
卵         2個
バニラエクストラ  適宜
パン・デピス 用
スパイスミックス  小匙1/4
牛乳        80g
バター       40g
リンゴ       1個

 斜体の材料が本と変更したり加えた材料。
 砂糖はもっと減らさないと普段私が食べるには甘すぎるとわかったので次はもう少し減らそう。

 今回リンゴを入れたからか180度20分では下の方がまだ液体のままだったので160度に下げて30分も焼く羽目に。汗
 初めてのケーキはちゃんとレシピと同じように簡素な配合で焼いてみてからリンゴなど入れるようにしよう。
 甘み以外は予想より好みの焼きあがりだったので、近々砂糖を減らし果物など入れず焼いて果物を挟むようにしてみたい。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓初めてのレシピをいきなりアレンジするのは初心者には無理よねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



[PR]