今更ですが溜っていた一時帰国以降の記事集中掲載中
d0170682_05534744.jpg


 孤独のグルメドラマ版好きなんです。
 原作の存在よりさきにドラマ版を見ていて原作はまだ未読ですが、ドラマは主役俳優も好きだしDVDマで買ってしまった程。
 で、その中でこのところ無性に食べたかったこちらの料理を作ってみました。
 「フェジョアーダ」
 黒隠元豆もあるしお土産に頂いた黒い花豆や黒い栗豆等の豆が数種類有るので全部入れて。
 数日がかりで少しずつ豆を煮ては冷ましておいたので乾物の豆を戻して柔らかく煮るまでもさほど大変とは思わず柔らかく味がしみ込んだ豆がおいしかった〜。

 肉は塩漬けバラ肉部分(肉がかなり多めの部位)のСало(サーラ/豚脂身塩漬け)、スペアリブ(肉少なめ)、Колбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)、豚の耳を入れました。
 食べ応えある上にゼラチン質プルプルで病み付き。
 塩味の餡子の様になった豆料理が苦手な連合いですが、これは大丈夫だった。
 塩味だけなのにこの味わいはやっぱり豆と肉の旨味だな。

 日本だったらもつで作っても美味しいだろうな〜。
 村は1頭買いしないとなかなかもつ手に入らないので他の肉で。
 今回1人ご飯として食べる予定だったから豆を少なくしていたのだけれど予定より1日早く連合いの出張が終わり食べると言うので肉だけ増量。
 次回はもっと豆増量してもっと豆豆しくする!
 満腹感たっぷりでかなりお気に入り。



d0170682_05534882.jpg
d0170682_05534814.jpg
 ごはんにこのようにかけてキャッサバの粉や野菜の酢漬けを乗せて食べることがお薦めされていたのだけれど、キャッサバは無理だし酢漬けも作ろうと思えば作れるけれど…という消極さから→こちらを添えました。
 緑大根のザクロシロップサラダ
 ウズベキスタンレストランで生のザクロを散らしたこのサラダを食べてさっぱりと美味しかったのでこってり豆肉料理の今日ぴったりかなと思って。
 これ相性良かったですよ。
 ザクロシロップを使っているので緑が若干変な色に染まるのだけれど、生のザクロを散らしたサラダの時は色合い綺麗です。
 肉料理の付け合わせにお薦め。

 この組み合わせまた作ろう〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]