d0170682_00111136.jpg



 今日は植物油と温かい料理を食べていいПост(ポスト/大斎:復活祭前の精進期間)の日にお薦めの ДРАНИКИ С ГРИБАМИ(ドラニキ ス グリバーミ/茸入り馬鈴薯パンケーキ)を作りました。
 精進期間の料理にも合うように材料は簡素に動物性のものを使用せずに作っています。
 そのため馬鈴薯の味や茸の味が決めて。
 今日は新じゃがを使用したのだけれど、とても甘くて美味しかった。
 干し茸はБелые грибы(ベールィエ グリブィ/ヤマドリダケ)を使用。
 生の茸を炒めても美味しいのだけれど、干した茸を使用したほうがより風味が濃厚で美味しいと思います。

〜材料〜2人分
馬鈴薯(拳大) 3個
玉葱小     1個
干した茸    一掴み
茸用塩     小匙1/3
馬鈴薯用塩   小匙1/3
胡椒      適宜
茸用植物油   大匙1
焼く用植物油  適宜



d0170682_00111212.jpg



 一番簡単なドラニキは生地を作ったら広げて両面を焼くだけだけれど、これは間に炒めた玉葱と茸を乗せ、上から生地を重ねて両面を焼くので少しだけ時間がかかります。
 精進期間以外なら間に肉を挟んでも。
 茸と馬鈴薯は相性いいから茸は特にオススメです。
 


d0170682_00111218.jpg


 私が焼くドラニキは卵や粉を入れるものもあるけれど、今回のように馬鈴薯だけに近い生地の場合馬鈴薯自身のデンプンでとろりとした部分とカリッと焼きあがった部分の両方が楽しめるのが好き。
 玉葱の甘みと濃厚な茸の旨みがまた馬鈴薯とよく合います。
 間に何も挟まないドラニキはこちらをどうぞ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓茸を挟んだドラニキも美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_0443940.jpg

 家に美味しい馬鈴薯が有ります。それをたっぷり堪能するのに最適なので、今日は久しぶりにДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)を作りました。使いかけズッキーニと残りカルバサ(ソフトサラミ)入り。
 ズッキーニを入れたことで水分がかなり出て来てしまい、絞らなかったことを反省。途中で米粉を足して焼き続けました。
 とてもシンプルな料理ですが、本当に何かをつけて食べても美味しいし、馬鈴薯の味を堪能する為に焼いても美味しいです。
 カルバサがかなりしっかりした味つけのタイプなので、今日は何も付けずにドラニキだけで頂きました。ズッキーニ入りなので更にジューシーな焼き上がり。
 今度は浮気せずに背高班長サーシャのレシピで作ろうと思います。




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

ドラニキのお供と試行錯誤中デザート
[PR]
d0170682_1421342.jpg

d0170682_1432469.jpg 毎月このブログの検索キーワードで必ず上位にランクインするドラニキ。なぜこの料理が定期的にヒット数を稼ぐのか凄く不思議ではあります。毎月検索キーワードが上がって来る程有名?とは思えないのだけど(笑)
 でも簡単な材料でとても美味しいので時たま無性に食べたくなって作る料理でもあります。

 今日は馬鈴薯と同量のキャベツに少しの茹でた鶏胸肉を入れてドラニキを焼いてみました。村で出回っているキャベツは色こそ少し緑になって来ましたが、日本のものとは厚み、巻の密度が違います。キャベツ用鉋で削れるぐらい密に詰まっています。
 そんなキャベツじっくり焼くと甘味が出て馬鈴薯ととても良く合います。今日はたまたま茹でた鶏肉があったので使ったのですが、無くても良いぐらいでした。

 毎回ドラニキの記事には書いていますが、これはベラルーシ料理です。が、ソ連時代に村のような東シベリアど田舎までしっかり根付いて既にロシアの一般的軽食の地位を築いています。既に家庭料理の一部となっているので、聞く人によって様々なポイントがあり正に家庭の味です。
 工場の食堂ではキャベツのドラニキというのが定番の副菜で出て来るそうです。
 今回は粉末にした鰹節を隠し味にしてみました。これはこれで美味しかった。だから鶏肉無くても良いぐらいだったのかも。

[材料]3リットル容量のボウルいっぱい。直径10cm大約22枚分
馬鈴薯小   15個
キャベツ   7枚
粉大匙    7杯強
卵      2個
塩      小匙1/2
粉末鰹節   小匙1
牛乳     大匙1
蒸し鶏肉   適宜

[作り方]
 詳しい作り方は「ДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)」←こちらを参考にして下さい。
 基本的に馬鈴薯は西洋おろし金で細かい千切りにし、キャベツも千切り、鶏肉も細かく裂いて全ての材料を混ぜ合わせてやや多めの油で焼いていきます。
 今回は食べながら焼くということでホットプレートで焼きながら頂きました。
 
 馬鈴薯が入っているので気持多めの油で焼く方が焦げ付かず美味しく焼き上げることが出来ます。
 牛乳は色止めなので、気にしない方は入れなくても問題ありません。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村



刺し子チャリティーに参加することにしました。お時間が有りましたらお立ち寄り下さい。詳しくはこちらで→
[PR]
d0170682_827815.jpg

 モスクワの短期滞在可能なアパート生活も明日(4日)のお昼まで。ということで今日は買った食材消費の献立を考えないといけなかった夕食。でもネタが底をつき…苦肉の策で作ったのがこの余った食材全投入のなんちゃってドラニキ。
 ところが出来上がり美味しかったのですよ(笑)ドラニキとはちょっと違うけれどもっと軽い仕上り。気に入りました。
 もともと予定外のモスクワ滞在で初めての短期滞在型アパートでの料理でしたが、なかなか面白い数日間でした。

[材料]
馬鈴薯        3個
人参         1/2本
ズッキーニ      1/2本
鶏胸肉(ササミ付き) 1/2枚
塩          小匙1/2
胡椒         適宜
赤ワイン       大匙1〜11/2
輪切りレモン     2枚
油          適宜
 
[作り方]
・鶏胸肉は細切りにし、塩、胡椒、赤ワインを振りよくもみこむ。お皿に重ならないようにして上にレモンを乗せ冷蔵庫で味を馴染ませておく。
(ここまで前日に仕込んで表面が軽く乾くぐらいまで置くと食感も良くなります)
・人参、ズッキーニ、馬鈴薯は西洋おろし金の細めの面でおろす。ズッキーニ、馬鈴薯はそれぞれ水分をよく絞っておく。
(馬鈴薯の絞り汁には澱粉たっぷりあるので片栗粉として使えるので捨てないでねー一部は材料としてこの後使います)
・下拵えをした鶏肉と野菜を良く混ぜ合わせ、胡椒を好みでふり入れ、馬鈴薯の絞り汁を小匙1、2杯加えて更に混ぜ合わせる。
・フライパンへ油を熱し、スプーンで種を好みの大きさに広げて両面を焼き上げる。

 いつものドラニキより更に材料は野菜と肉だけで簡単です。鶏肉をレモンとマリネするのでさっぱり頂けます。
 焼き上げる時は都度油を足して下さいね。馬鈴薯こげやすいので。それでも何時ものドラニキよりアッサリした仕上りになります。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

種はこんな感じ
[PR]
d0170682_1630715.jpg

 昨日のおやつに芸術家さん宅で頂いたДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)、これまた凄く美味しかったのです。特徴の一つは馬鈴薯以外の色々な野菜をいれるところ。
 勿論家庭料理で、その時々であるものを入れているというだけなのだけどそのたまたま昨日入れた物が凄くおいしく感じたわけです。
 早速昨日の夕食に再現したら馬鈴薯を剥いている時は「多いんじゃない?」と言っていた連れ合いも全て食べてしまいそうな勢で食べていました(笑)美味しいと言いながら。 
 これから馬鈴薯が美味しい季節、ぜひ美味しい馬鈴薯でお試し下さい。

 ドラニキ、元々はベラルーシ料理ですが、既にロシアで一般的な軽食となっています。聞く人ごとにこだわりがあって面白いです。

[材料]
馬鈴薯        10個(大小合わせて)
人参小        1/3本
赤いピーマン     1個
緑のピーマン     1個
トマトゴルフボール大 2個
ズッキーニ小     1本
卵          3個
粉          大匙3〜5杯お好みで
塩          小匙1弱
胡椒         お好みで
油          適宜

[作り方]
・馬鈴薯は皮を剥き水へさらしてから西洋おろし金で細くすりおろす。ズッキーニも同じ様にすりおろす。
 すりおろした物は良くしぼって水分を切っておく。
・ピーマン、トマトは細かいさいの目に切っておく。人参は銀杏切りや細かいさいの目、西洋おろし金でおろす等お好みの形に刻んでおく。
・ボウルにすりおろした馬鈴薯とズッキーニ、刻んだピーマンとトマト、人参を加え良く混ぜ合わせる。混ざったら卵を割り入れ、更に良く混ぜ合わせる。
 上から粉をふり入れ更に混ぜる。
・フライパンやホットプレートに油を入れ熱する。スープスプーンなどで一口大に混ぜた種を落として両面色よく焼く。中火。

 馬鈴薯の分量、中に入れる野菜の分量はお好みで手元に有る物を入れるつもりで参考程度に考えて自由に作ってみて下さい。
 このドラニキは比較的味が確りついていますので、そのまま食べても美味しいです。
 胡椒の変わりにチリを刻んでいれても美味しいです。
 馬鈴薯がこげやすいので油は多めにしいて下さいね。

 色々な野菜を入れない作り方はこちら↓
 「ДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

生地はこんな感じ
[PR]
d0170682_23411337.jpg

 昨日レストランから持ち帰っていたДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)を食べたら、猛烈に自分でも作って食べたいモードに。
 いつもは「背高班長サーシャの魂のДРАНИКИ(ドラニキ/馬鈴薯のパンケーキ)」の作り方で作るのだけど、今日は粉を最初から入れて焼いてみました。

[材料]
馬鈴薯 16個(大小様々)
粉   大匙5杯弱(村では強力粉しか無いので強力粉を使っています)
塩   小匙1/2
卵   1個
牛乳  大匙1

油   適宜

[作り方]
・馬鈴薯を西洋おろし金で細くすりおろすし、牛乳(色止め)、塩、卵、粉を加えて良く混ぜ合わせる。
・フライパンへやや多めに油を入れ、温まったら種を適当な大きさになるように入れて焼く。

 久々に自分で作ったけれど、美味しかった。今日は豆サラダとあわせてさっぱり頂きました。油多めで焼いているのでとてもスメタナ付けて食べる気にならず(苦笑)
 ほぼ馬鈴薯だけなので、油は多めに入れないとこげやすいです。少ない油で焼きたいときはホットプレート等がお薦めです。
 生地の硬さは教わる家庭によって違う位なのでお好みの固さに調整して楽しんで下さい。(粉を減らすか牛乳や馬鈴薯を増やすか。)

 村ではスメタナが一般的ですが、人によってはスメタナ+蜂蜜とかワレーニエというロシアの柔らかいジャム等を付けて食べたりもします。
 私は生地に塩を入れてその塩味と馬鈴薯の味を堪能するのが一番すき。

ランキングに参加しています。ポチッと押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp

作業はこんな感じ
[PR]