d0170682_11471541.jpg


 祖母が亡くなって以来もう20年くらい食べていなかった「初かつを」。
 なぜだったかきっかけが思い出せないのだけれど、急に食べたくなりネットで検索。
 現在も三越や高島屋で曜日が決まっているとはいえ東京でも買うことができるとわかり、外出の移動時に途中下車して買ってきました。
 新宿高島屋の地下にある全国の銘菓を集めたコーナーはなかなかの充実ぶりでいい感じ。
 祖母が買ってきていたものは半田市にある松華堂の「初かつを」ですが、今日新宿高島屋へ入荷しているお店は美濃忠のもの。
 松華堂のものは通販もちょっと見つけきれなかったのでとにかく久しぶりに食べたい気分を満足させるべく美濃忠の「初かつを」を大事に持ち帰る。
 初かつおは季節羊羹で2月上旬から5月下旬までの期間限定羊羹。
 羊羹といっても小豆は使用していない材料はういろうに近いものです。
 材料を見ると砂糖/米粉/葛/小麦粉/着色料となっています。
 通常のういろうよりも葛の効果かもっちりしているのだけれどフルっともしていてなんとも滑らかな舌触り。
 やっぱり初かつおは美味しい。



d0170682_11471667.jpg



 「初かつを」は包みを開ける時からワクワク。
 中から現れる淡い桜色にこのマグロやかつおのサクを思わせる縞模様が美しい。
 この時点で初かつおになぞらえているところがわかりますが、撚りをかけた糸で切り分けるとその断面もまたまるで魚の刺身のような模様になるのです。
 日持ちはしないけれどちょうど休みだし日本茶や抹茶とともに楽しみたいと思います。



d0170682_11471618.jpg


 今日はつい「初かつを」以外に八丁みそ松風も買ってしまった。
 素通りできないのよね味噌味。
 
 「初かつを」風のういろう作ってみたくなってきた。


美濃忠 
本店
愛知県名古屋市中区丸ノ内1-5-31
TEL:052-231-3904(代)
FAX:052-231-1804
営業時間:9:00~18:00 年中無休(元日を除く)

新宿髙島屋(毎週金曜日)
http://www.minochu.jp/index.html



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓「初かつを」のモチフル体験してみたいわと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_0234490.jpg

 村ではハロウィンは全く無縁なれど、ネットを見ればまあこの時期ハロウィン関係の言葉が並び、南瓜を使った料理なんていうのがそこここで目に入って来てしっかり刷り込まれていまい、今日は南瓜のタルトを焼きました。

d0170682_028226.jpg 南瓜は芸術家さん宅で収穫されたものを頂いた分。
 日本の南瓜を村で育てたものですが、とにかくものすごい糖度です。
 日本で普通にスーパーで買っていた南瓜なんてもう全く歯が立たないほどの甘さ。
 タルトの砂糖もぐっと減らして作りましたが、それでももっと減らしても良かったなーという南瓜。凄い。
 来年は我が家の分もお願いしよう〜♪

d0170682_032771.jpg

 こちら断面。タルト生地がちゃんと焼き上がってるか不安だったのですが、庖丁で切る事が出来る固さに仕上がっていてほっとしました。
 
[材料]
〈タルト生地〉
溶き卵1個強(様子を見ながら2個目の溶き卵を少しずつ加える)
強力粉120g
砂糖30g
ベーキングパウダー 小匙1/4
シナモン      小匙1/2
※スパイスはパウダー
〈フィリング〉
蒸した南瓜     300g
卵         1個
溶き卵       タルト生地に使用した残り
砂糖        30g(南瓜の甘さによっては増減して下さい)
牛乳        200ml
シナモン      小匙1/2
カルダモン     小匙1/2
ジンジャー     小匙1/3
クローブ      小匙1/3
ナツメグ      小匙1/4
※スパイスは全てパウダー

[作り方]
〈タルト生地〉を作る
・ボウルに溶き卵と砂糖を入れよくすり混ぜる。白っぽくなって来たら粉とベーキングパウダーとスパイスをふるい入れカードで切る様に水分と粉を合わせていく。
 1個目の溶き卵でそぼろ状にならなかった場合、2個目の溶き卵を少量ずつ足してそぼろ状にする。
・粉がぽろぽろのそぼろ状になったら、手でまとめ、折っては押し付けるようにしてほぼ滑らかになるまで繰り返す。丸め直してラップでくるみ10分以上置く。
・オーブン余熱210度
〈フィリング〉を作る
・蒸し器に湯を沸かし、蒸気が上がって来たら器に適当な大きさに切って皮を剥いたた南瓜を入れて蒸す。
 串がすーっと刺さるまで。
 この作業はタルト生地を作る前に進めておく。
・蒸し上がった南瓜を潰し、裏ごしする。
・裏ごししたら卵と混ぜ合わせ、砂糖、スパイスを加え更に良く混ぜる。
 砂糖の量は裏ごしした南瓜の甘味によって増減する。
・砂糖等を混ぜ合わせた中に少しずつ牛乳を加え、滑らかに混ぜ合わせる。
〈タルト〉を焼く
・寝かしておいた生地を打ち粉をしながら型より一回り大きく延ばし敷き込む。
 余分な生地は切り落としておく。
・生地の上から再度良く混ぜ合わせたフィリングを流し入れ余熱の上がったオーブンで焼く。
 210度10分→175度40分
・オーブンから出して冷まし、冷めたら型から外して完成。

※油脂分の入らないタルト生地とフィリングです。オーブンによって焼け具合が異なる事が有ると思いますが、焼き時間はそのままで温度の方を変えて調整して下さい。
※粉は強力粉しか手に入らないので強力粉を使っています。薄力粉に相当する粉がある場合は薄力粉に変えて作る事が出来ます。その場合、卵の量はやや減らして作って下さい。


ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味」←FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]