d0170682_14063778.jpg


 ロシアにいたときは雑草のごとく生え大きくなるルバーブを買うことはなく、知り合いの庭から太いものを使うたびに2、3本分けてもらうことが多かったです。
 日本へ戻ったら価格の高さについ「また今度」となることが多いのだけれど、やっぱり食べたくなって有楽町のマルシェで売っていたものを買ってきました。



d0170682_14100306.jpg



 買ってきた半分は溶かしバターとりんごジュースも加えるケーキ生地へ刻み入れ焼いたしっとり重めのケーキに。
 全卵を泡立てたバターを入れないケーキは軽くて美味しいけれど、ルバーブの時はなぜだかバターや水分を入れたしっとりタイプのケーキが頭に思い浮かびます。
 この時はルバーブと苺を組合せて。
 このケーキを食べたあと次はタルトにと決めていたのだ。



d0170682_14063750.jpg


 赤い皮が美しいルバーブだったので皮は剥かずに細かく刻んで。
 生姜を入れたからもう少しスパイスも加えてみればよかったかな。
 砂糖とルバーブを和えただけだと焼いている間に水分が流れ出てしまうので、ポテトスターチとよく和えてからタルト生地に流し入れています。
 砂糖とルバーブは1:1より砂糖が少なくなるようにしています。
 この方法、ロシアの菓子パンにベリーを使う時にも使う方法ですが、あますことなく果汁を止めてくれる上にとろりとしたその食感がまたご馳走なのです。
 今回のタルト生地は粉だけ計量(130g)してあとは解凍済みバターの残り(80g)と冷水、塩ひとつまみで大雑把に作ったもの。
 サクサクで嬉しい。
 
 食べる時にマスカルポーネを添えて。
 コーヒーに良く合う。
 またルバーブ見かけたら買ってこよう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓爽やかなルバーブの味は初夏にピッタリねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_21160667.jpg



 土曜日に買った山菜で天婦羅を作る。
 ヤブレガサ/鳥足(コシアブラ)/たらの芽の3種類の山菜と蒟蒻。
 蒟蒻は精進料理を食べに行ったお寺でいただいたものが美味しかったので味付けしたものを衣をつけて。
 村で揚げたあと1度も天婦羅作っていなかったのでうまく揚げることができるかしら?と思ったけれど、なんとかなりました。
 明日は残った天婦羅で天婦羅うどんにしよう。



d0170682_21160732.jpg


 揚げる前の山菜。
 この鳥足の大きさだと天婦羅にしても香り高くてちょうどよかった。
 ヤブレガサは初めて天婦羅にしてみたのだけれど、こちらお鳥足とはまた違う香りでお店のお姉さんの言う通りだった。
 たらの芽はマルシェで購入したものよりも散歩途中の八百屋で購入した小ぶりなものの方が好みだった。
 やっぱり大きさも重要だわ。

 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓天婦羅久しぶりでも揚がってよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_20570990.jpg



 昨日有楽町のマルシェで色々山菜を購入したので今日は山菜ごはん。
 山菜ってそれぞれ味わいや食感が違ってこの時期ならではなのでせっせと食べています。
 連れ合いは結構長かった主張中でまだほとんど山菜食べていなかったのでここぞとばかりたっぷりね。
 色合い緑ばかりなのでトマトを添えて。



d0170682_20570922.jpg


 行者にんにくはしいたけと卵を加えて炒める。
 味付け塩のみ。
 今回購入した行者にんにくは香りは弱いけれど甘みは強かった。



d0170682_20571037.jpg


 鳥足(コシアブラ)は私の大好物で胡麻和え。
 連れ合いもこの独特の香り気に入ったみたい。
 昨年も調理したんだけどなー。
 


d0170682_20571058.jpg


 蕨は味み程度に少量ですが、燻製正油と鰹節で。
 蕨に重曹をふり、上から熱湯をかけて一晩おいたものを水洗いして切ったもの。
 この滑りと歯ざわりがたまらない。



d0170682_20571068.jpg


 酢味噌和えを予定していたうるい。
 葉を1枚味見したらそのままでも甘さとほんの少しの苦味、が美味しくてじゃこを乗せただけ。
 十分美味しい。
 マルシェに出店しているお店2カ所で山菜を購入したのだけれど、2カ所目のうるいが大きすぎず新鮮で良さげと買ったら大当たりだった。



d0170682_20571016.jpg
 


 つるむらさきは茹でて醤油とみりんベースの胡麻和えに。
 醤油と味醂久しぶり。
 つるむらさきの香りと粘りやっぱり好き。

 来週も山菜たくさん出ているといいなー。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。




[PR]
d0170682_22322580.jpg


 定番のタケノコご飯はみじん切り油揚げとタケノコをごく簡素な味付けで炊くものだけれど、今日は作ってみたかった炊き込みご飯を作ってみる。
 油揚げとタケノコをグリルで焼きながら醤油で香ばしさと味わいもプラス。
 それが炊き上がるといい風味になっていつもの素材そのものとは違った香りと味わい。
 この方法なかなか好み。
 今日はちと揚げが焼けすぎたからもう少し控えめに。
 連れ合いが出張から帰るころまだタケノコ手頃な大きさあるかしら?


 
〜材料〜2合分
タケノコ中      2本
揚げ         2枚
醤油         大匙11/2
水かつおだし合わせて 360ml
酒          20ml
薄口醤油       大匙1/2
塩          小匙1弱
米          1合5勺
押し麦        5勺
山椒の実       大匙1/2

〜作り方〜
・タケノコは糠を入れた茹で40分ほど茹で自然に冷ます。
 皮を剥いて縦半分に切る。
・油揚げはグリルで両面焼き、うっすら焼き色がついたところで醤油を両面に塗りながらさらに焼く。
 香ばしい香りがしてうっすら色づくまで繰り返す。
・焼きあがった油揚げはできるだけ細かいみじん切りにしておく。
・タケノコもグリルで両面焼く。
 表面が乾き所々焼き目が付いてきたら醤油を刷毛で塗りながら両面香ばしい色と香りになるまで焼く。
・焼きあがったタケノコは好みの大きさに切っておく。
・洗った米と麦を鍋に入れ、上に油揚げとタケノコを乗せ水/かつおだし/酒/薄口醤油/塩を入れ強火にかける。
 沸騰したらごく弱火にし蓋をして10分炊く。
・ご飯を炊いている間に山椒の実をみじん切りにする。
・10分経ったら蓋を取りみじん切りにした実を入れ蓋をし10分蒸らす。
・蒸らし終わったらよく混ぜ完成です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓香ばしそうなタケノコご飯ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_20100172.jpg


 買い物へ行ったら少量刺身用カンパチが美味しそうでお手ごろだったので買ってくる。
 ちょうど魚が食べたい気分だったので嬉しい。
 練り胡麻小匙1杯に醤油と砂糖ひとつまみをよく混ぜたものが漬け汁。
 ご飯に茹でたほうれん草を散らし、上から漬け込んだカンパチを乗せてがっつりいただきました。
 仕上げにわさびも混ぜておいたので風味満点。
 醤油と胡麻で塩味がきつくなりすぎないところも好き。
 次は白身を唐辛子入り醤油で漬け込んで丼にしよう。

 きょうはこれに若竹スープとツルムラサキの胡麻和え、胡麻豆腐と胡麻尽くしの夕食にしてみました。
 胡麻重なりすぎ?
 なんだか猛烈胡麻気分だったので。

〜漬けダレ材料〜一人分
醤油   大匙1/2
練り胡麻 小匙1
砂糖   ひとつまみ
わさび  適宜



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓胡麻だれ漬けも美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_21100065.jpg


 先日のオフ会で頂いたタケノコと山椒の実のリゾットが忘れがたくすでに2回目を作る。
 今日は野菜ブイヨンでタケノコを茹でながらブイヨンと一緒に米の上へ。
 山椒の実を投入するのを早くし、多めに。
 さらに仕上げに山椒の葉を散らしたのだけれどこれ必須だわ。
 実だけよりさらにその鮮烈な香りが爽やかにタケノコを引き立てていました。
 一人だとつい食べ過ぎてしまうから、次は連れ合いが戻ってからかなー。
 その頃にはタケノコと山椒がやや時期外れになりそうな気がしないでもないけれど。
 タケノコご飯にする以外にタケノコのパルジャミーの焼きも作りたい。
 今日買ったパルジャミーのは崩れたものを大小様々パックに入ったもの。
 私の場合三角や資格に切り分けられたものよりこのパックに色々入っている方が保管しやすくて好き。
 残りそうで冷凍するにばらけやすいし。

 ところで今日の買い物で量から言って一番高かったのがこの山椒の葉。
 今年我が家の山椒どうやら枯れてしまったようで新緑ならず。
 そのため買ってこなければならなかったのだけれど、季節もので柔らかい葉の時期なんて短いから高い。 
 あるとないとでは大違いなので買ったけれど、残った葉っぱはさてどうしましょう?



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓山椒の葉と実でリゾットが爽やかになりそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_04480295.jpg


 今日は久しぶりにロシアのホテルでよくいただいたオーブンで焼きあげる作り方のオムレツを朝食に。
 今豆類が美味しい季節。
 旬のスナップエンドウをたっぷり入れて。
 他にコーン缶とコンビーフ入り。
 卵を軽く泡立て、今日は牛乳を加え具を炒めた上から流し込んであとはオーブン任せ。
 ちょっと時間はかかるけれど、卵料理が苦手な私にはオーブンへ放置できるのは気分的に楽で一番作りやすいオムレツです。
 すぐに写真を撮らなかったために凹んでしまったけれど、焼立てはふんわり膨らんでいます。
 日本の春野菜や秋野菜/冬野菜は村にいた時全て夏野菜。
 だから夏になるともうこれでもかっていうぐらい野菜料理が並んだのが懐かしく思い出されます。
 村に住んでいた時はдача(ダーチャ/菜園付き小屋)のめぐみご飯という印象でしたが、日本では四季の野菜で色々作ることができるので幅が広がります。
 ↓具を入れない一番簡素なこちら↓↓のレシピ通り作る前に好きな野菜を炒めておいて上から卵液を注いで焼きあげます。


 入れる野菜で彩りや栄養もいかようにもできるのでこれからの季節楽しみたいとおもいます。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ロシアのホテルの朝食美味しいの?と疑問に思われたら作ってみてくださいね。
 ついでにポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_00401755.jpg
d0170682_00401722.jpg
 好きで見ているドラマの中で主人公の大好物と紹介されていた「空豆と茗荷の炊き込みご飯」。
 どんな味なのだろうか?と気になって気になって作ってみる。
 作ってみるといったってわかっているのは料理名だけなので味付けは好みのもので。
 これがね、爽やかな茗荷の風味と空豆の独特な香りとコクがよくあっていて美味しい。
 むふふ、また一つ好みの豆ご飯が増えた♪
 空豆と茗荷の炊き込みご飯が主役なので今日の一人ご飯はひき菜として売られていた間引き大根の蒸し炒め、揚げと人参とほうれん草のおみおつけの野菜ご飯となりました。
 空豆と茗荷の炊き込みご飯は連れ合いが戻ったらまた作ろう。

〜材料〜
米       1合
水       200ml
空豆      1袋(実入り悪かったので豆になると一掴み程度)
茗荷      2個
茗荷用塩    小匙1/4弱
粉にした昆布  小匙1/4

〜作り方〜
・空豆は鞘から出し、切れ目を入れた後水に20分ほど浸しておく。
 茗荷は輪切りにし。茗荷用塩/粉にした昆布と和えておく。
 米は洗ってざるにあげ水気を切っておく。
・分量の水に塩(分量外)を溶かし吸い物より気持ち濃い味にして沸かす。
 沸騰したら水気を切った空豆を入れ再沸騰したら好みの柔らかさ一歩手前になるまで豆が踊らない火加減で茹でる。(余熱で火が通るので気持ち硬めで火を止める)
 茹ったら茹で汁につけたまま冷ます。冷めたら皮を剥いておく。
・鍋に米/豆の茹で汁から180ml(足りない場合は水または酒を足す)を入れ火にかける。
 沸騰したら弱火にし、蓋をして10分。
・火を止め、蒸らしに入るときに茹でて皮を剥いた空豆と茗荷を乗せ蓋をして蒸らす。
・10分ほど蒸らしたら全体に豆と茗荷が回るように混ぜて完成です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓空豆と茗荷で色も爽やかな炊き込みご飯ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_00160309.jpg


 饅頭をすぐに作れるように饅頭酒を常備するようになっています。
 饅頭酒ぱんを作ったので今度は饅頭酒Оладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)を。
 生地はもう少し改善が必要だけれど、上に乗せたものは好みの組み合わせ。
 いつものアラージーでもやってみよう〜。
 ↓よく作るアラージはこちら。↓
〜材料〜今日使ったもの
強力粉        200ml容量カップ1
Ячмень
(ヤチメン/大麦)粉 100ml容量カップ1
砂糖         大匙1
饅頭酒        大匙3〜(生地の状態を見て適宜足してみる)
〈ソース〉
苺のラム酒漬け
マスカルポーネ

 苺のラム酒漬けは砂糖で気持ち甘めに整えたラム酒の中に生の苺を4〜5時間漬けたもの。
 コニャックにつけたらより好みかも。

 次回饅頭酒でアラージーを試すときは発酵生地を作ってから混ぜる方法に変えて、ごく柔らかいパン生地を焼く村でよくいただいた焼きパンにしてみよう。

d0170682_00160348.jpg

 2回目に焼いた生地のほうが発酵がより進み好みの焼き上がり。
 酒種らしい風味があっていい感じ。
 苺のピューレは芸術家さん宅で初夏にいただく思い出の味。
 火を通さずに冷凍してもいいし、リンク先のレシピのように低温加熱で砂糖を溶かしてからどちらでも。
 今日は帰国して最初の苺の季節お買い得品となっていて少し甘み少なめ酸味強目だった苺で作ったもの。
 後少しで終わりそうなので、今年もお買い得な苺を見つけたら作ろう。

 すごい簡素な配合で作った生地も美味しかったけれど、卵や牛乳を加えた生地も試してみたい。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓苺たっぷりアラージー美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_01065799.jpg


〜材料〜
米    2合
新生姜  10㎝大2本
油揚げ  2枚
塩    小匙1/2
薄口醤油 大匙1
酒    大匙2
水    300ml強

〜作り方〜
・新生姜はみじん切り、油揚げは湯通しした後にみじん切りにしておく。
・米は洗ってざるに上げておく。
・鍋に米/生姜と油揚げを入れ、塩から水までをよく間わざわせたものを上から入れ火にかける。
・沸騰したらごく弱火にし蓋をして8分ほど。仕上げに3分強火にして焦げの香りがしてきたら火を止め蒸らす。
・10分蒸らしたらよく混ぜ合わせて完成です。

※油揚げは軽く焼き目が付くぐらいグリルで焼いた後にみじん切りにしても美味しいです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓新生姜と揚げの炊き込みご飯も季節の味で美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]