d0170682_14224590.jpg


d0170682_14231153.jpg  急に豆パンが食べたくなって昨日焼いた豆パン。
 ふんわり豆に染みこんなコニャックが薫って美味しい。
 この黒豆、実は去年末にお節用に炊いたもの。汗
 それをコート掛けと下駄箱のある通路的場所に1年近く放置していたと言うわけです。脱気が上手くいっていたようで、途中使うこと無く残っていた分。もう一つの使いかけた物はずっと前にアルコール発酵してしまって駄目でした。
 恐る恐る開けてみたら、大丈夫だったので早速使って。
 
〜材料〜6個分
強力粉    手につかなくなるまで
水      200ml
生イースト  25g
砂糖     大匙11/2
塩      小匙1/2
黒豆     余っていた分

 最近粉の分量あまり計らない事が多いです。水の量を決めてあとは生地が好みの柔らかさになるまで粉を加えてこね上げる感じ。
 毎回微妙に粉の量が変わりますが仕上りは好みに仕上るのでこの方式で。
 もっともこういう作り方は菓子パン系が多くてハード系はまだ計って作っています。

 黒豆の水切りしっかりしたので生地に良い感じにくっ付いていました。以前作った時は水切り不足で周りの生地が水っぽかったので。

d0170682_1423576.jpg

 豆が薄ら透けるように見えるのが好きなのだけど、今日は上手くいった〜。
 断面はこんな感じに薄くなれば豆が透けるんですね。

 次はもう少し色白に焼き上げてかつ分割小さめ、にして豆大福っぽい見た目に仕上げたい。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1183560.jpg

 本日の夕食〜。
 おかず少ないわー。でも食べたかった物を一度に食べたので満足度高し。
 旬に入ったえんどう豆で豆ご飯、野菜のみそ汁、煎り豆腐。

d0170682_12195.jpg

 豆ご飯、ちょっと火から下ろすタイミングを間違えて緑色がくすんでしまった。
 でも皺なく甘く瑞々しく煮あがって嬉しい。
 豆ご飯は豆の莢を煮た汁で豆を煮て、煮汁でご飯を炊き蒸らす時に煮た豆を加えています。
 本来この方法だと緑色の豆ご飯になると言うのに。
 村でおばちゃん達が売るえんどう豆は、日本で売られている物程完熟させないので粉っぽさも薄皮の厚さも無くて本当に美味しい。

d0170682_1303848.jpg

 これまた村に豆腐が再度入荷してから食べたかった煎り豆腐。
 ひじき/人参/黄色パプリカ/豆腐/卵で味つけ塩のみ。
 じっくり炒めたひじきと野菜の旨味が豆腐に染み込んで満足。
 これをご飯へ乗せて丼にするのも好き。

d0170682_132343.jpg

 みそ汁はアゴ(飛魚)出汁で玉葱と馬鈴薯とアピャータ(なめこみたいな大きさでヌメリ有り)。
 味噌は自家製のひよこ豆味噌。
 ちょっと塩強めの味噌なので使用量少なめにして。
 玉葱や馬鈴薯の甘味が引き立って、キノコの風味も加わり美味しかったな。
 連れ合いに「お、みそ汁久しぶり」って指摘されちゃった〜。たまにはちゃんと作らないとね。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_195629.jpg


d0170682_111020.jpg 今日のメイン手羽先焼き。
 連れ合いの実家から東京へ戻る時に何時も立ち寄るスーパーには色々な鶏手羽用シーズニングが売っているんです。
 その中から味が好みかもと思ったものを買って来てあったのに全然使っていなかった。
 ということで実食検証。笑
 フライパンで焼く作り方が出ていましたが、オーブンで。
 作り方にはオーブンも可とは書いてあるけれど温度は書いていない。ロシアの料理本レシピみたい。苦笑
 今回は高温短時間と思い230度15分で焼いてみました。
 ジューシーカリッと焼き上がり。
 花山椒の風味はさほど強く無い塩味と言う感じですかね。あ、でも塩味濃すぎると半分にしたんだった。
 他の材料も丁度手元にあるので今買ってある物が無くなったら次は自分で配合して作ろうと思いますこのシーズニング。
 味つけの方向としては好きな物だった。
 
 付け合わせはレモン果汁揉みキャベツ/胡瓜/ラディッシュを梅醤油(梅干しの種を醤油へ漬け込んだもの)で和えた物を。
 さっぱりして好き。

d0170682_1171440.jpg

 久しぶりのみそ汁。
 ダシをじっくりとって野菜たっぷりで。蒸しいための野菜も甘いところへもってきて今日は気分で白味噌(エゾノコリンゴさんからの頂きもの)を使ったので優しい甘さあふれるみそ汁となりました。
 この白味噌と手前味噌のひよこ豆味噌を合わせるとかなり美味しいかも。
 じっくりとったダシの旨味とダシそのものも具として食べて美味しいって素晴らしい。
 
具  馬鈴薯/玉葱/人参/干し椎茸/切り昆布
ダシ 干し椎茸の戻し汁/切り昆布の戻し汁/アゴ(飛魚)

d0170682_1193561.jpg

 今日のご飯は炊込みご飯。
 ロシアの魚塩水煮(少し植物油入り)缶は日本の水煮缶同様素材の味に忠実なので料理の素材として重宝します。
 今日は在庫の鱒缶使用。

 生姜をたっぷりみじん切りにし、鱒の缶詰の汁+白ワイン+水+醤油+一つまみの塩で炊き上げたもの。
 上に乗せたのはこのところ一押し豆料理「蚕豆の醤油煮」これがまた旨いんだ。
 中骨も柔らかくなっているので骨毎頂けて優しい味わい。
 このご飯は日本からの持ち込み食材無しなのに和風に仕上がるので嬉しいかぎり。
 蚕豆は去年の夏に庭で収穫した物を冷凍してあるもの。
 未だ有るのでしばらく醤油煮楽しめそう♪

蚕豆の醤油煮
〜材料〜
蚕  豆好きなだけ
水  鍋に蚕豆を入れた高さの2倍位の高さになる位
酒  50ml(日本酒は無いので安物辛口白ワインで代用)
醤油 大匙2

〜作り方〜
・鍋に材料全て入れる。
・火にかけ沸騰したら弱火にしてことこと。
・豆の皮に醤油の色がついて煮汁がひたひた位になったら味見をして好みの味つけになっていたら火を止める。
・皮を剥きながら召し上がれ〜。甘くてほのかに醤油の風味がして美味しいよ。

 村では豆類は真夏の食材。これから新鮮な豆料理楽しめる時期が来るかと思うと楽しみ。


 明日から国内出張でロシア飯オンリーになる連れ合いにちょっぴり和風夕食でした。 






日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_1251124.jpg


d0170682_12513431.jpg 雪解けがかなり進んだ村。
 もうすぐ春の野草の季節♪
 春の恵み筆頭と言えば蓬です。
 村では秋口まで適宜新芽を摘む事が出来るので、長く楽しめる野草なのだけどやはり春一番最初の芽はその香高さと色合いの鮮やかさは軍を抜いているんです。
 そんな初物を摘む時期が到来する前に冷凍庫の在庫蓬を消費しようと久しぶりに蓬パン焼きました。

 丁度昨日の夜急遽予定変更で村へアテンドしながら戻って来た連れ合いが出張者&お客様から頂いたお土産の中に入っていた甘納豆も使って。
 いや〜春の香ですね。美味しい。
 羊羹も頂いたので羊羹は刻んであんパンよろしく包んじゃおうかな。

〜材料〜8個分
強力粉     300g
蓬       100ml容量カップ1(茹でたもの)
水       250ml
ドライイースト 小匙1/2 
スキムミルク  小匙2
砂糖      大匙2
塩       小匙1/2
甘納豆     適宜

〜作り方〜
・水を人肌程度に温めておく。茹でた蓬は擂り鉢で滑らかにすりつぶし、繊維が大きく残っている分は取り除いておく。
 飾り用をのぞいて残りの甘納豆を刻んでおく。
・人肌に温めた水へドライイーストを入れ予備発酵する。
・ボウルへ甘納豆以外の材料を入れ、中心に予備発酵したイースト液を注ぎ入れ粉気が無くなるまで混ぜる。
・粉気が無くなったら大に取り出して滑らかに良く延びる生地になるまで捏ねる。生地がなめらかになって来たら、刻んだ甘納豆を入れ、生地全体へ混ざる様に混ぜ込んで行く。
・丸め直しボウルへ入れ、ラップ等をかけて約2倍になるまで発酵させる。(1次発酵)
・1次発酵が済んだらガス抜き→8分割→丸め直す。オーブンシートを敷いた天板へ乗せ、上から飾り用の甘納豆を乗せる。
 固く絞った濡れ布巾を乗せて約2倍に膨らむまで発酵させる。(二次発酵)
 オーブンを200度に余熱。
・二次発酵が済んだ生地を余熱の上がったオーブンへ入れ焼く。
 190度8分〜(オーブンの温度は適宜調整)

 今日もお茶と頂きま〜す。


日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_2319239.jpg

 以前は青大豆で作った呉汁、今度は別の作り方で。
 「三光院・香栄禅尼の精進豆料理」掲載のものを参考にしつつ手元にある材料で。
 こちらの本は分量が載っていないものが多いので、正確な分量が無いと作れないと言う人には向かないけれど、こういう料理も有るんだなとヒントが一杯です。
 今回は富山県のアンテナショップで買っておいた黄大豆をすりつぶして乾燥してあるものを使ってお手軽に。
 浸水して戻した豆を擂り鉢で丁寧にすったものの方がもちろん口当たりが良いけれど、これは凄く手軽に呉汁を楽しむ事が出来るので良い買物だったかも〜。
 また買ってこなきゃ。

 参考にした本が精進料理なので、ダシは豆の戻し汁と中に入れる具からのものですが、野菜と豆の甘味がぐっと増してもう少し寒い時期は尚美味しい汁ものです。
 昨日作って一晩置いたものを今日お昼に頂いたけど、凄い味がまろやかになっていて一つになっていた。

〜材料〜
大豆のすり潰したもの 適宜(乾燥豆を使う場合1/4カップ分)
大根         10㎝程
人参         1/2本
牛蒡         1本
干し椎茸       5、6枚
干し椎茸の戻し汁   500ml
干ししらたき     2個
馬鈴薯        2個
油揚げ        1/2枚
水          300ml
油          大匙1
醤油         適宜
日本酒        適宜

〜作り方〜
・乾燥豆を使う場合は一晩浸水し、十分に戻ったら擂り鉢で擂っておく。水を入れるとより滑らかになり易い。
・干し椎茸は水で戻しておく。戻ったものは細切りにしておく。
・大根は銀杏切り、人参と牛蒡はさかがき、馬鈴薯は輪切り、シラタキは水で戻して適当な大きさに切っておく。
 油揚げは湯通しし、細切りにしておく。
・鍋に干し椎茸の戻し汁と干下け、を入れ火にかける。
・大根/人参/牛蒡/馬鈴薯/シラタキを油で炒め干し椎茸を入れた鍋へ入れる。一度沸騰させ、油揚げを入れた後弱火で野菜に火が通るまでに煮る。
・野菜が煮えて来たら、大豆を溶き加える。
・大豆を入れたら醤油と日本酒で味を整えて一煮立ちしたら完成。

 お豆腐のような、そうでない様な独特な甘い香りが好き。
 油で野菜を丁寧に炒めることで前回の味噌仕立ての呉汁とはまた違う呉汁に仕上がります。
 お醤油味も好き。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_11115951.jpg

 予定外の出張つづきで日常業務がすっかり後回しになっている連れ合い。こういうバタバタしているときはお弁当を喜ぶのでお弁当に。

〜献立〜
秋刀魚と山椒の実ごはん
人参とチーズのアジーカのサラダ
イカカトゥリエータ
高野豆腐と干し椎茸の煮物
五目豆風
トマト
みそ汁
黄色いプラム

d0170682_11185922.jpg

 焼き秋刀魚入り炊込みご飯。他に山椒の実の佃煮(去年一時帰国時に作ったもの)、生姜の微塵切り入り。
 でも生姜はすっかり存在感無いから、次ぎは秋刀魚と山椒の実の佃煮だけでいいかも。
 秋刀魚は鋳鉄のパンでジュージュー言わせながら先に焼き色をつけておきました。この時点でかなり食べたかった。

 お米 3合/秋刀魚 2匹/山椒の実の佃煮 小匙3/塩 小匙1弱/水

 山椒の実の佃煮、去年は砂糖を入れるレシピを試しました。というか佃煮だから普通入るんだけど、出来上がったものを食べて甘味が入った山椒の実はあんまり自分が好きじゃないと良くわかり、やっぱり日本酒/醤油だけで味つけしたものの方が好みだなということで、今年もし上手くいったらこれを仕込みたいと思っています。

d0170682_11231324.jpg

 おかずもほとんど夕食の残りだけど、それぞれ味つけを煮詰めて濃くしたりお弁当向きに。
 人参とチーズのアジーカサラダは最近のお気に入りサラダ。ロシアのポスト(大斎)に合った料理。
 人参 1本/チーズ 残っていたもの全部/檸檬果汁 約1個分/アジーカ お好みの量
 
 その名も人参という人参サラダ用おろし金でおろした人参とチーズを檸檬果汁で和えた上にアジーカで合えるだけのお手軽サラダ。人参の甘さとアジーカの風味が好き。

 イカ団子風カトゥリエータ。イカ団子を作ろうとしたんだけど、肉挽き機だけではペーストになる部分が無く、更に元々つく手みたいな〜と思ったレシピはとろろ芋だったか山芋使用のところ、無いので馬鈴薯擂り下ろしたけど、これも粗すぎると言うか新鮮じゃない収穫芋の残りなもので、水分も無く本当肉を烏賊に代えたカトゥリエータと言う仕上り。
 でもまあ味は美味しいのでお弁当用にひと味加えて。
 イカ団子風カトゥリエータ 3枚/醤油 大匙1/2/白ワイン 大匙1/2/七味 適宜

 村で売っているワインはかなりの率で砂糖が添加されているので、煮詰めると何となく味醂風に。照りが出て七味のピリ辛味。

 高野豆腐と干椎茸の煮物。これはダシに鰹節やいりこをつかっている方の残り、白煮は私のお昼に。

 新しいトマトを発見したので入れてみた。プチトマトより少し大きくて、形が何だか可愛らしかったので。味は普通に大きいトマトと同じ。

 五目豆風。大豆と切り昆布、干し椎茸、人参を煮た物。大豆やや固めで好き。彩りに莢隠元豆も一緒に煮てお弁当へ。
 これだけ夕食時に煮ていてお弁当へ入れた料理。残ったのは日々の常備菜に。




日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_2358574.jpg

 以前作った豆バーグも美味しかったんだけど、今日のはまた違う美味しさ。
 前回のはどちらかと言うとそれに何かをつけて食べる様に味つけしたけれど、今回のはスパイス&炒め野菜入りでそのまま食べてもかなり美味しい。
 種の状態でちょっと味見したら危うく本気食いしそうな味だった。笑
 今回はレモンごはんさんの「赤レンズ豆とひよこ豆のベジバーガー/なすとグリーンピースのカレー」で知ったもの。

 いやいや、これはねかなり美味しいです。

 レモンさんがブログで書かれていた事から想像して作ってみました。
 今回はガラムマサラ/コリアンダー/ウコンを使ってみた。
 後で聞いたらガラムマサラとウコンは必要なくてクミンとコリアンダーだった。でもこれも美味しかったの。

d0170682_043956.jpg

 昨日はそのまま、今日はピタを焼いて野菜とともに挟んで(野菜が見えていませんが豆バーグの下に入っています)、ピーナッツソースもかけた。
 バーグだけで旨いと思っていたけど、ソース掛けると更に美味しい。

 美味しかったので今日またひよこ豆浸水しました〜♪
 
 豆ラーさんにお薦めなベジバーグです。
 レモンさんが教えてくれたサイトに料理のレシピがあるそうです。こちら→(英語です)

〜材料〜覚え書きで分量無し
ひよこ豆
レンズ豆(皮無し)
玉葱
人参
オレンジパプリカ
冷凍しておいたグリンピース
コリアンダー
植物油

入れ忘れたけど粉少々

今回豆は1:1位になった。
野菜は豆両方合わせた物に近い位入れています。

 炒めた野菜の旨味と豆の旨味、潰した豆と丸ごとの豆、乾物の豆と生のグリンピースの違いなど色々味が合わさってかなり満足度高し。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_23391050.jpg

 もう家の生野菜の在庫も少ないって言うのにお弁当にぴったりなパエリアが余ったので何とかつくろったパエリア弁当。
 凄い久しぶりかもお弁当。

〜献立〜
パエリア
煮豆
サラダ
みそ汁
林檎

d0170682_23444287.jpg

 パエリアは「キッチンで逢いましょう」から具を混ぜた後オーブンで放置しておけるので好き。
 タコ/イカ/手羽元/カルバサ(ソフトサラミ)/野菜入り。
 昨日の夕食に作った物だけど、連れ合いにも好評でかつ残る様に作っていたので「お弁当に持って行く?」と聞いたら持って行くと言う事だったので、自分で好みの分量詰めてもらいました。
 曲げわっぱ小さい方へ。

d0170682_23503887.jpg

 さすがにパエリアだけだと寂しいので白菜とトマトを刻んで容器へ詰めた後、スパイスの瓶へマスタード、砂糖と塩少々、檸檬(の干した皮)&胡椒、酢、オリーブオイルを入れて置き、食べる時に良く降ってから食べてもらう様に添えました。
 この他おやつにもなるかなと栗豆の薄甘煮付き。

 
 
日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
d0170682_14224867.jpg

 明日から日本へ向け移動に入ると言うのに、どうしても食べたくて焼いた豆パン。
 焼いたら満足した。笑

 今回は移動中に常温で保存しながら食べるので、バター入りの生地に。卵も入って私としてはかなりリッチな生地。
 焼きたて冷めたてを2人で半分ずつにして味見をしたけれどふんわり軽い食感に、豆のずっしりとした食感が加わって好き。
 黒豆で作りたいからかって来るの忘れない様にしなきゃ。

d0170682_1425336.jpg

 今回は移動中用で粉の量が少なく、卵が余ったので久しぶりに上に塗って仕上。いや、つやつや感やっぱり全然違いますね。
 
 次回はもう少し豆が透けて見える場所が多くなる様成形したい。

〜材料〜小さめ6個分
強力粉     160g
砂糖      大匙11/2
塩       小匙1/3
ドライイースト 小匙1
水       75ml
スキムミルク  小匙1弱
卵       1/2強
バター     10g
煮豆      100ml容量カップ山盛り1杯位

仕上用溶き卵  生地に入れた残り

〜作り方〜
・水を人肌に温め砂糖を溶かし、ドライイーストを予備発酵する。
 煮豆をキッチンペーパー等に取、水気を取っておく。
・ボウルに粉を計り入れ、スキムミルク/塩/溶き卵を加え、上からイースト液を注いでよく混ぜる。
 粉気が無くなるまで。
・粉気が無くなったら台に出し、良く捏ねる。滑らかになって来たらバターを加え、艶が生地に染み込みしっとり滑らかな表面になるまで良く捏ねる。
・捏ねあがったら丸め直し、ボウルへ入れ布巾等をかけて暖かいところで発酵。
 約2倍に膨らむまで。
・発酵が終ったら、軽くガス抜き後6分割。丸め直して濡れ布巾をかけ10分程休ませる。
・休ませた生地を中心厚め、縁薄めに直径8㎝程の円型に延ばす。
 中心に煮豆を乗せ、縁を絞る様にして包み込み丸く成形する。
・オーブンシート等を敷いた天板へ乗せ、濡れ布巾をかけて暖かいところで発酵。
 約1.5〜2倍になるまで。
 オーブン余熱 180度
・生地が膨らんだら、溶き卵を塗り余熱の上がったオーブンへ入れる。
 180度8〜10分

 オーブンの温度は我が家の電気オーブンでのものです。お使いのオーブンに依って調整して下さい。



日々の生活の様子はこちらで紹介中
丁寧な生活をゆっくりと


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]