タグ:鹿児島の郷土料理 ( 1 ) タグの人気記事

d0170682_00163483.jpg
d0170682_00163472.jpg
 今図書館から借りて来ている「聞き書 ふるさとの家庭料理 第7巻 まんじゅう おやき おはぎ」農文協編 を読んで絶賛粉物気分上昇中。
 この本はグラム単位で細かく指示有るレシピ本の通りに作らないと不安という方には向かない本。
 なにせ「大鉢にふるいにかけた小麦粉とソーダ(重曹)を入れ、次に煮溶かしておいた黒砂糖と水を入れて混ぜる。」とか「いも30個、澱粉1升、小豆1升、黒砂糖2斤」とか配合がおおらかだったり量が多かったり。
 でもおばあさん達がどんな生地状態なら自分達は次の作業に入るということをそれぞれの言葉で話しているので私にはとても判りやすいんです。
 量さえ気をつければやってみようという気になる程行程が簡素に書いてあります。
 そんな魅力的な郷土のおやつのなかから材料簡素で蒸せば良い「ふくれ菓子」が本日の夜の茶菓子に。
 モッチリむちむちで重曹と黒砂糖が合わさって懐かしい優しいお菓子が出来ました♪

〜材料〜
強力粉  2カップ
重曹   小匙1/2弱
酢    小匙4
黒砂糖  70〜80g
水    180ml前後
醤油   小匙3

1カップ=200ml

〜作り方〜
・蒸器に湯を沸かし蒸気がしっかり出る様に加熱しておく。
・ボウルに粉と重曹を入れヘラでよく混ぜ合わせておく。
・鍋に水と黒砂糖を入れ黒砂糖を良く溶かし人肌に冷ます。
 冷めたら酢を入れ混ぜておく。
・ボウルへ黒砂糖液を入れ粉気が無くなるまで混ぜる。
 柔らかくとろっとするように。
・せいろに濡れ布巾を敷き、種を流し蒸器へ入れる。
・強火で40分中火10分蒸した毛串を刺して生地が付いてこなければ蒸し上がり。

 強力粉や地粉でつくると私好みのモッチリむっちりな仕上りに。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓郷土のおやつってホッとするわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]