べトナム風ご飯

鶏の北京風炒め(カシューナッツと鶏の炒めもの)

d0170682_13143221.jpg

 今日の夕食はレモンごはんさんで見かけて食べたいモードが持続していたべトナム風ご飯。
 モードは持続していたものの、体調&出張者との会食に同席等で延び延びになって今日やっと作ることに。
 
[材料]
米           3合
鶏肉(胸、腿)     250グラム
玉ねぎ小        1個
人参太め頭の方     5㎝位
莢隠元         200グラム
茄子          100グラム
茸、馬鈴薯、根セロリ
冷凍ミック       1/2カップ
〈調味料〉
オイスターソース    大匙21/2
醤油          小匙1
砂糖          小匙1
塩           小匙1/2強


白胡椒         適宜
油           適宜
鶏ブイヨン       520〜540ミリリットル

[作り方]
・鶏肉はさいの目に切って〈調味料〉へ漬け込んでおく(今回は2日目に使用)
・浸水したお米を水切りし、炒めブイヨンを入れて炊く。
・ご飯を炊いている間にさいの目に切り揃えた野菜をあぶらで炒め、マリネしておいた鶏肉も〈調味料〉ごと加えて炒める。汁気が具に全部しみ込んだら火を止める。
・ご飯が8割がた炊きあがったところで炒めた具を加え満遍なく混ぜ合わせて10分炊いて10分蒸らす。

 ちょっと混ぜむらがあって、白いところが残ったり調味液が多すぎてご飯に色が付き過ぎな面は合ったけれど美味しかった。豆も入るということだったのだけど、丁度残っていたえんどう豆のポタージュをスープとして付けるので莢隠元へ変更。野菜は好きなもので良いと言う便利なレシピ。

 次回がありそうな献立。

 ただ、今回の作り方だと私にはやや油が多く感じるので次回はお米を炒めるのを省いて固めに炊いたご飯と混ぜるようにしたらどんな体調のときでも美味しく頂けそう。
  

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村



d0170682_1444572.jpg

予定していた日に作らなかったからとってもしっかり肉に味がついていました(笑)
もっと調味液は少なくても良かったかも。でもこれでしかご飯に味がつかないので減らしすぎると物足りなく…、肉に味が染みて薄ら液体が残る位で次回挑戦してみます。

d0170682_1414681.jpg

今回使用した野菜。レモンさんが言っていたように確かにこれだけで満足度かなり高い量はいりました。
夏に豆が収穫出来たらそれで作ってみたいです。
[PR]
by etigoya13 | 2010-06-05 23:05 | ごはん | Comments(0)