緑のシーの素を仕込みました

d0170682_20562495.jpg

 今日はまだ寒い時期に芸術家さん宅で頂いたВАЛЯレシピのЩи Зеленые(シー ゼリョーネ/緑のシー)に使うための塩漬青みの「Засол зелени для《 Щи Зелеине》(ザソール ゼーレニ ドゥリャ シェイ「ゼリョウーヌィ」/緑のシーの素)作りを教わったので材料が揃った今日早速作ってみました。
 特徴はщавкль(シャベリ/すかんぽ)が入ること。爽やかな酸味が加わるこの緑のシー、味わい深いロシアのスープです。

[材料]
すかんぽ          3リットル容量ボウルに一杯
玉葱の葉          10〜15個分
セリ科レビスチカム属の薬草 1束
イタリアンパセリ      小さめ1束
ビーツの葉         6〜7個分
間引き大根の葉       4〜5本分
ラディッシュの葉      5〜6個分
塩             大匙3〜4
水             2リットル

[作り方]
・青みは全て洗って小口切りにする。
・ボウルで全種類が良く混ざるように下から混ぜ合わせる。
・鍋に水と塩を入れて沸騰させ、混ぜ合わせた青みを全ていれる。
・ビーツの葉脈がまだ赤味のあるうちに火を止め、保存容器へ入れる。
・蓋をして室温で冷ましてから冷蔵庫で保管。
 
 すかんぽの葉以外は青みであれば何でも好みの物を入れて頂いて良いそうです。
 かなり塩分が強いレシピで、実際にシーに使う時は大匙2杯この素を入れてほとんど味は完成するぐらいの塩分です。
 Любисток(リュビストク/セリ科レビスチカム属の薬草)は芸術家さん宅でスープに入れると美味しいと使用頻度の高い薬草です。独特の芳香があります。
 非常に簡単ですがこれがあるといつでも簡単に緑のシーが作れるのでスカンポの時期にまとめて作っておくと便利な1品です。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

mytaste.jp



d0170682_214126.jpg

 我が家の庭に生える1年目のスカンポはまだまだ小さめ。でも一部は日本で見る様な色合いも出始めています。秋までにもう一回ぐらい収穫出来ると良いのですが。

d0170682_21433287.jpg

 他の材料はだいたいこんな感じで揃えました。

d0170682_21462785.jpg

 全てを刻んで3リットル容量のボウル一杯になりました。

d0170682_21493819.jpg

 スカンポから火が通ってきます。ビーツの葉脈が赤いうちに火を止めて下さい。他の青みはやや茶色がかってきても構いません。

 さあ、これさえあれば誰でも簡単に緑のシーが作れますよ!
[PR]
by etigoya13 | 2010-08-01 20:57 | 塩漬け | Comments(0)