胡瓜と海老の炒め物

d0170682_042347.jpg

 胡瓜消費メニュー第2弾として作って写真を撮り忘れていた物を再度作りました。最初に作った時は連れ合いまだおそるおそる食べていましたが、今回は「バランスが良い」と気に入ったようでよかったです。
 これで大きめの胡瓜3本消費します。

[材料]
大きめの胡瓜3本
生姜一片(親指の先ぐらい)
葱5㎝(今回は手に入らなかったので入れていません)
海老お好みで(今日は10匹使用)
鶏ガラスープ300〜500ミリリットル
塩小匙1/2〜1
酒少々
五香粉小匙1/8
花椒塩小匙1/8
油大匙1
片栗粉大匙1〜11/2

[作り方]
・生姜と葱はみじん切り、胡瓜はさいの目に切っておく。
 海老は背わたを取り、酒と塩一つまみ(分量外)をまぶしておく。
・湯を沸かし、した処理をした海老をさっと茹で水気を切っておく。
・フライパンに油を熱し、生姜と葱を炒める。香がたって来たら胡瓜を入れて炒める。
 皮の色が鮮やかになったら塩と五香粉、花椒塩を加えて全体を混ぜる。
・海老を加え。鶏ガラスープに片栗粉を溶かした物を加え強火で艶良くとろみをつける。
 餡の色が透き通って艶が出て来たら器に盛って完成。

 ごはんにもあいます。鶏ガラスープの量はお好みで増減して下さい。
 材料を全部揃えてから調理に入るとあっと言う間に仕上る料理です。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13 | 2010-08-14 23:18 | 野菜 | Comments(2)
Commented by タヌ子 at 2010-08-15 05:13 x
ブロ友さんが大きく育ち過ぎたきゅうりの使い道に困っているようなので、このレシピを教えてあげよう。
なかなか使わない五香粉や花椒の消費にも役立つ有り難いレシピですね。
こちらも朝晩は息が白く見えるほど寒くなってきたので(まだ8月なんですよね…)、片栗粉を使った熱々料理が食べたいです!
Commented by etigoya13 at 2010-08-15 07:47 x
まさにそういう育ち過ぎた胡瓜の消費にもってこいです。育ち過ぎで種が固いようなら真ん中はスプーンでこそぐといいかも。
こちらも朝晩は寒いのでとろみがついた暖かい料理美味しく頂けます。例年日本よりはずっと夏が短いですが、今年は特に短かった…8月に入ったと同時に10度切り始めましたから(涙)
昨日は麻婆茄子も体がぽかぽかしてこの胡瓜もあん掛けなので暖かく美味しく頂けました。