オーソブッコ作ってみた

d0170682_00183509.jpg
d0170682_00275964.jpg

 誕生日の本人に選んでもらった料理。
 選択肢はタンシチューとオーソブッコだったんですが、食べた事の無い料理を連合いが選択するっていうのはかなり珍しい。
 村は牛や豚は基本的に骨付き肉ばかりなので、本来作りやすい料理のはずなのだけれど。
 なかなか手頃な大きさっていうのがね手に入らない。
 やたらと大きいのが多くてね。
 肉が大きいのはまあある程度切り離すっていう事も出来るのかもしれないけれど、今回のは気持大きいと思いつつ、村で売っている物としては手頃な大きさの肉と骨の部分があったので買ったんです。
 参考にしようとブックマークしておいたレシピを良く見ないから買い忘れもぽろぽろ。汗
 そんなわけで結局それっぽい煮込みてき料理で仕上げる事になったけれど、この料理は温まるし美味しいね〜。
 付け合わせはサフランリゾットになる予定だった雑炊?連合いに水分を加える作業をお願いしていたら、何処まで加えるか不明のまま作業したそうですっかり炊けて雑炊化していました。
 ごめんねー何処で止めるか伝え忘れた。

〜材料〜
牛すね肉        2個
玉葱小         3個
人参          1本
根セロリ        3/4個
大蒜          2片
オレガノ        小匙1
タイム         小匙1
赤ワインと白ワイン   各100ml
肉を炒めたフライパンに
水を入れて溶いたもの  100ml
塩           小匙2
胡椒          適宜
レモンの皮       1個分
オリーブオイル      大匙2

〜作り方〜
・野菜は全て微塵切りにする。肉に塩胡椒をしっかりふっておく。
・肉が重ならずに入る鍋に油を入れ、野菜を炒める。柔らかくなりトロリとして来るまで。
・別のフライパンで肉の表面に焼き色を付け取よけておく。
・肉を炒めたフライパンへ水を入れ、肉汁や焦げ付きを一緒に溶かし混ぜておく。
・野菜の鍋にオレガノとタイムを加え良く混ぜ合わせた後、ワインを入れ煮る。
一旦沸騰させてから弱火で少しとろみが付き始めるまで煮る。
・ソースにとろみが付き始めたら肉を入れ、水で溶いた肉汁等とレモンの皮を加え蓋をして煮る。
 肉が柔らかくなるまで。
 オーブンで加熱する場合は180度2時間程。

 ネットで調べていたらミラノ風は白ワインで煮るという記述も有り、今度は白ワインで煮てみよう〜。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2014-01-27 23:16 | | Comments(0)