コク出しアーモンド入りЖаворонки

d0170682_01512607.jpg


 Пасха(パスハ/復活祭)前の精進期間に入ると何となく作りたくなるЖаворонки(ジャーボロンキ/ひばりパン)。
 今年は精進生地のコクを出す為に粉にしたアーモンドを加え、更に中に餡として粉にしたアーモンドと砂糖を合わせた物を入れ成形しました。
 横着して皮毎粉にしたので模様つきジャーボロンキに。
 焼きたてを籠に入れ、午後審査員をしに行く場所へ手土産としました。




d0170682_01515682.jpg


 審査が終わり、審査員とクラブ活動統括部門の所長、副所長とともにお茶の時間。
 持って行ったパンが喜んでもらえて良かった。
 手前に有るのは蜂蜜ケーキ。
 村で売っている物の中で比較的好きなケーキ、1きれぐらいなら食べられるのはこれぐらいなのだ。

 成形は以前の「春がきたらЖаворонкиを焼きましょう(非精進配合」をご覧下さい。


 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2014-04-16 13:23 | パン | Comments(2)
Commented at 2018-03-29 20:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by etigoya13 at 2018-03-29 23:29
> 鍵コメ at 2018/03/29 20:42さん
コメントありがとうございます。
私が持っているものはロシアで購入したものなので、日本国内で同じような本をというのはちょっとわかりかねます。
お役に立てず残念です。
ロシア料理本の著作がある荻野恭子先生の著作にはパンとお菓子の本もあるのでそちらはいかがでしょうか?