築地で雑煮

村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_20021832.jpg
d0170682_20021842.jpg
 日本一時帰国中、所用で訪れた築地。ホテルから徒歩で移動中交差点で止まって目に入ったお店が気になったので行ってみました。
 何が気になったかと言えば「珈琲・雑煮」の文字。
 餅は好きだし雑煮も好き。時々季節に関係なく食べたくなるなと思ってふらりと立ち寄ってみました。
 入ってみるとまさに昭和な喫茶店。
 女店主が1人で切り盛りしていて第一印象は取っ付きにくい感じですが、写真撮影も快諾。話しかければさばさばとした店主でした。
 入店時私の他には1人。
 直に注文は通って丁度同じものを注文していたらしく同時に雑煮を仕上げてくれ予想より速く出て来たのはお腹がすいている私には有り難い。
 それにしても喫茶店で嗅ぐことになるとは思わなかった出しの香が良かった。
 利尻昆布、鰹節、いりこ、椎茸‥からとったお出汁に、焼きもち(2個)、鶏肉、蒲鉾、肉厚のどんこ、筍、エノキ、絹さや等の具。
 この量だと普段は足りないのだけれど、さすがに移動中ず〜〜〜っと暴食しているので今日はこれ位でおとなしく。
 あ、でも具材は全体的に大きめに切ってあるので蓋を取った時のボリューム感は結構あります。
 
 珈琲がついて900円。8月以外雑煮が味わえると言う事なのでまた機会を見つけてぜひ。
 こちらのお店喫煙可なのでタバコの煙が駄目な場合はかなり空いている時間を狙わないと駄目かもしれません。今回は11時過ぎに入店他にはタバコを吸わない客のみだったので雑煮を食べ終わるまでは煙に惑わされる事無くゆっくり。
 珈琲を飲む段階で入ってこられた客2組は喫煙組でしたが、飲物だけでささっと出て行かれたので煙に長時間燻されることは無くホッとしました。
 次は雑煮とみつ豆とか頼んでみようかしら。
 あ、それと別の客が注文していたレモンジュースが美味しそうだったな。店主いわく檸檬果汁を絞って蜂蜜と和えたものを凍り+水で割っているものだとか。
 蜂蜜レモン美味しそう。


d0170682_20021855.jpg



 新大橋通りから(逆の通りからも同じ様に見えます)細い路地を入ると正面に赤い看板で簡素に珈琲・雑煮マコの看板。
 


d0170682_20021884.jpg


 看板を見つければさほど主張しなくても直ぐに辿り着く立地ながらもの凄いアピールしています。
 電気付き看板以外にも張り紙まで。



d0170682_20021851.jpg


 階段にも斜めにバッチリ主張中。



d0170682_20021846.jpg


 2階へ上がる階段踊り場もこの通り。
 これでもう迷う人はいないねと言う程丁寧に誘導。



d0170682_20325842.jpg


 階段を上がって正面を見れば真っ赤なガラスにマコの白抜きがくっきり。
 なかなか印象強い入り口ですが中は昭和な香漂い下の喧噪とは違う静かな時間が流れていました。
 珈琲も食べ物も種類が多いわけではないけれど、又行きたいと思わせる喫茶店です。
 店内に1万円札での支払現金とあるなか「お財布に小銭あったか?」とちょっとドキドキしたらぴったり合って良かった。
 無かったら何か買物してこなきゃなんていうところでした。
 一番高いセットが雑煮と珈琲の900円なので千円札をしっかりお財布に入れて再訪したいと思います。
 
喫茶マコ
〒104-0045
東京都中央区築地4-9-7 中富ビル2F
03-3541-0502


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-01-27 14:27 | レストランなど | Comments(0)