金曜日の夜にFish and Chipsを堪能する

村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_23541716.jpg


 昨日に引き続き今日もロンドンでオフ会。
 今度はもう一つ絶対食べたかったFish and Chipsのお店へ。
 お友達ご推奨のイギリス人が経営するお店と言う事で連れて行って頂きました。
 以前は別の経営者であまりはやっていなかったそうですが、イギリス人になってから人気店になったのだとか。
 いや凄い人だった。
 テイクアウェイの人が半分以上で確実にものを受け取って出ている人がいるのに全然待っている人が減らない。
 私たちは何とかカウンター席が開いたのでそちらで着席して頂く事に。
 待つことしばしで出て来たのがこちら。
 まずは私の頼んだCodの普通サイズとチップス。Codのみ大きいサイズ有り。
 ふんわり柔らかく瑞々しくてちょっと脂も乗っていてモルトビネガーたっぷりかけて憧れの一口〜。
 むふふこれなら私でもいけそう。
 脂が強すぎずでも無さ過ぎずで最後までふんわりしっとりの身とカリッとした衣で初Fish and Chipsとしては基本の味と言う感じでとても美味しかったです。



d0170682_23541719.jpg



 Mushy Peas(グリンピースのディップ)もつけてもらいました。
 これは自分で作った方が自然な色合いで味も整えられそうですが、味に変化をつけると言う意味ではやっぱりつけて正解だった。


 
d0170682_23541791.jpg
 

 こちらはお友達と連合いが選んだHaddockとチップス。
 見た目こちらの方がすらりと細長い感じで気持身も薄め。
 柔らかさは同じ様なのですが、ずっとさっぱりしていました。
 私はCodの方が好みかな。
 
 最初は完食は厳しいか?(なにせ普段揚げ物揚げて胸焼けしちゃうくらいなので)と思ったけれど、軽い衣とモルトビネガーやグリンピースディップのおかげであれよあれよと完食。
 チップスのカリカリし過ぎなものは苦手なので残しましたが芋らしいホックリした物は全て食べ切って大満足。
 こちらのお店この料理の雰囲気にぴったりな店構えで連れて来てもらえて良かった。
 


d0170682_23541729.jpg



 私はチップスの友としてこちらのジンジャーエールを頼んでみました。
 ガス入りの水でも良かったのだけれど、瓶にひかれて。
 かなりしっかり生姜味でちゃんと喉にぴりっと来る味。
 甘味はやっぱりちょっと強いので炭酸で割っても良かったかも。
 でも瓶に惹かれて注文した割りには美味しかったしフライを食べた後には口がさっぱりして良かったです。



d0170682_23580926.jpg


 お店看板。
 何せ人が外にまであふれていてたっぷり写り込んでしまうので上半分だけ紹介です。
 次から次に皆さんFish and Chipsやバーガー等買って行かれました。
 もう厨房フル回転で揚げたり焼いたりして確実にお客は帰れど減らず外のベンチでゆったり座っている人まで。
 こう繁盛しているとやっぱり吸い込まれちゃいます。
 こちらのお店アルコールを出していないのだけれど、私たちの横に座っていた方はワインを飲んでいて連合いがお友達に聞いたら持ち込みなのだとか。
 それじゃあ横のアルコールを売っているお店この日は良く売れるだろうなービールとか。
 じっくりメニューを見るとビーフバーガーやCodバーガーとか食べてみたいかも。
 帰り道すぐ横のスーパーで思わずお店で使っているのと同じモルトビネガーを買ってしまった。揚げ物する確率低いのに我が家。
 
Baileys Fish and Chips
115 Dawes Rd,
Fulham,SW6 7DU
Tel:020 7385 2021
http://www.baileysfulham.com



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-01-30 23:53 | レストランなど | Comments(0)