ホテル夕食2回目

村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_10281949.jpg


 1日目気分落ち込み気味だった夕食。
 今日は早めの時間帯(18時からと20時からで希望を聞かれる)にたべて駄目だったら部屋でやけ食いをするということにしてレストランへ。
 丁度席が暖炉横で暖かな気分(実際に少し暖かい)でなかなか良い滑り出し。
 レストラン内大まかに担当が決まっているようで今日座った席を担当する人がまた愛想良く気持ちが良いスタッフでした。



d0170682_10281955.jpg



 本日の一皿目は野菜のクリームスープ。
 これはカリフラワーの香や味がしてなかなか好み。ライ麦パンと好相性で美味しかったです。



d0170682_10281901.jpg


 昨日今日のメインを見て「今日は大丈夫かも」と思ったメインはこちら。
 鱸系の魚のパン粉まぶしソテーにマッシュルーム入りクリームソースと適度な加熱具合の野菜。
 昨日と全然違うじゃないとあっという間のお腹の中へ。
 魚は中ふんわりそとカリッとしていてクリームソースと良く有っていました。
 野菜も柔らかすぎず火が通っていないという事も無く美味しい。
 このメニューはお決まりメニューでも満足度高かったです。
 これってもしや料理人もアジア系とフィンランド人両方いるのかしら?
 昨日とあまりに出て来た料理の食べた印象が違うのだけど。



d0170682_10281920.jpg


 デザートはキーッセリ(ロシアではキセーリ)という日本の葛湯の様なもの。
 今日はミックスベリー(森のベリーという総称で書かれていました)でした。
 コケモモ/苺/クランベリー/赤スグリ/黒スグリ入り。
 上のソースはカスタード色に移っていますがたぶん液状の生クリーム。
 さっぱり適量で美味しかった。
 きっと甘いもので締めないと嫌な人にはちょっと少ないし物足りないかもしれないけれど。



d0170682_10281953.jpg


 今日は食事にこちらのアルコールを添えて。
 これホームステイをした時にホストマザーが大好きだったもののメーカー違い。
 試してみたくて。
 グレープフルーツ味の炭酸アルコール。ビールよりちょっとアルコール度数高めでビター甘い。
 食事の友と言うよりただ飲んでみたかった。
 よく考えたら部屋へ持ち帰って飲む様にしても良かったんだった。
 メーカー違いだけれど味の違いは…私の下では判らなかった。



d0170682_10281972.jpg


 こちらがレセプション&土産物屋&レストランBAR棟入り口に張られている週間メニュー一覧。
 毎日メニューは変わる様になっていますが、鶏肉がほぼ隔日で出て来て味違い間に豚や魚が入る形で組み立てられていました。
 好みの感じならこのメニュー通りが一番安く済みます(宿泊費に含まれているから)。
 好みでない場合はぜひレセプションで特別メニューを見せてもらって下さいね。
 今回我が家の滞在中日本語を話すスタッフはいませんでしたが、以前は季節になると日本語を話すスタッフもいました。その年採用するアルバイトの国籍によって英語以外に話せる言語が違うのでもし自分が話せる言語の人がいたらその人に聞くのが良いかも。
 英語が基本言語となっているのですがどうにも仕組みや食材等で微妙に意思疎通が難しかった我が家、思わず聞こえて来たロシア語を話しているスタッフに声をかける。
 相手は「何で日本人がロシア語話しているの?」と驚いていましたが、英語よりロシア語の方がよどみない会話になる連合い、彼女のおかげで特別料理の内容も頼み方(宿泊料金に含まれている夕食代との差額を追加で払う)等が判り安心して翌日の特別料理を頼む事が出来てホッとしたところ。
 トナカイ/猪/ヘラジカや確か魚も有りました。どれも魅力的な料理が含まれていてお金に余裕が有ったら全て特別メニューでも良い位でした。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2015-02-04 23:27 | レストランなど | Comments(0)