最寄り空港→モスクワS7機往路内食(01052015)

d0170682_03220302.jpg


 片道切符での日本行となるS7航空へいざ。
 他の飛行機が駐機していない広い空間に蛍光黄緑のこの機体を拝む事ももうなかなかないかと思うと写真を記念に。
 今回の客室乗務員は男性が多くちょっとテンパっている処も見受けられつつ頼み事も直にやってくれるので快適な空の旅となりました。
 S7の村最寄り空港への客室乗務員はにこやかだし地上係員との差が激しいと思う。
 地上係員も客室乗務員位物腰柔らかだとかなり印象が変わると思うのだけど。
 


d0170682_03220357.jpg
d0170682_03220305.jpg
 ここ数年でかなり小さくなったボックスの中はやっぱり窮屈な感じです。
 以前はお菓子はちゃんと底に付く様に置かれていたのに、今や肉前菜の上にのっています。
 それでも村最寄り空港→モスクワ路線はまだ味がそこそこを保っているし量も見た目も悪くないので良いのだけれど。
 逆は…ここ数回本当にがっかりする内容だから余計にそう思うのかも。



d0170682_03220348.jpg


 比較的はずれの少ない肉前菜は牛肉のハムとКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)。
 この辺りはやっぱり安心の味だと思う。
 生野菜は季節によってだいぶ入っている量が違う様に感じるのはやはり寒くて地場産の安価な食材が手に入らないからだろうか?
 


d0170682_03220832.jpg


 本日メインは2択。
 こちらは鶏。
 モモ肉をロール状に巻いて衣をつけ揚げ焼きにした物にソースをかけて。
 鶏はよほどひどくない限りはずれがないのでお薦め。



d0170682_03220330.jpg


 もう1種類は魚。
 今日はタラの衣焼。
 前回往路だったか復路だったか忘れてしまったけれど出たものよりは脂も乗っていて少ししっとり。
 魚は最近もの凄い水分少ない物が出る事有るので好みは別れるところかも。
 
 コーヒーを頂き後は寝て起きたらモスクワのはず。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

↓鶏の方が良さそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2015-05-01 13:21 | 機内食 | Comments(0)