好みの芋餅が焼き上がる

d0170682_23211087.jpg


 芋が好き。
 芋だったら何でも好きですが、芋を使った料理も大好き。
 そんな訳でやきもちを作った際に火がついた郷土料理食べたい物を作ってみる気分が持続しているのでいももちを久しぶりに。
 以前までは熱々のマッシュポテトに片栗粉(ポテトスターチ)を混ぜていましたが、今回は作り方を変えて人肌以下に冷めたマッシュポテトに片栗粉を混ぜてみました。 
 この方が粉の分量が決まるし水っぽくて粉を足して粉多すぎとなる事も無く成形もしやすかった。
 焼き上がりはこっちが断然好み♪
 モチモチのもっちもちで美味しかったわ。
 今日は久しぶりなので甘辛醤油タレのシンプルな物に。
 次はバターを加えたり甘辛味噌も良いかも。
 あ、食事系として中にチーズを入れた物も冷凍在庫で作りたい。
 自分好みの食感が焼き上がったので覚え書き。

〜材料〜
〈もち〉
馬鈴薯 100%
片栗粉 10〜20%
〈タレ〉
醤油:砂糖:みりん 2:1:1

〜作り方〜
・馬鈴薯は皮を剥いて小さく切り茹でる。
・茹だったらお湯を切り、粉ふきいもの様に水分を飛ばし潰す。
・馬鈴薯を冷ましている間にタレの材料を合せ砂糖を煮溶かしておく。
・潰した馬鈴薯が人肌以下に冷めたら片栗粉を入れ粉気が無くなるまで混ぜ合わせる。
・生地を厚み1.5㎝程度に成形する。(この状態でラップに包んで冷凍可)
・フライパンに油を敷き熱する。成形した生地を入れ側面下の方が半透明になって来たら裏返し反対側も焼く。
・上から押して弾力が出て来たら焼き上がり。
・タレを芋餅の入っているフライパンへ入れ火にかけながら絡める。とろみが付いて来たら完成。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




[PR]
by etigoya13 | 2016-01-30 18:20 | 馬鈴薯 | Comments(6)
Commented by melocoton1 at 2016-01-31 20:57
スコットランドのポテトスコーンは小麦粉を混ぜますが、この画像、そそられる!

今炭水化物抜きダイエット中なので、泣きそうです(笑)
Commented by etigoya13 at 2016-01-31 23:00
> melocoton1さん
薩摩芋の芋餅は小麦粉使ったりするみたいです。
スコットランドは小麦粉なんですねー。
ポテトスターチで作るとかなりモチモチです。
ぜひ炭水化物抜き期間が終わったら。
私も節制中なんですけどねー本当は。
Commented by fleur de sel at 2016-02-01 02:21 x
これ長女の好みのものです。彼女の住むランブイエで日本人家庭との交流が多く習ったよう先頃帰宅した時作ってくれました。あいにく片栗粉を切らしており米粉なら在るよ で作ってもらったのですが味が全然違うとぶーぶー言われました。ただお醤油にさっと浸け海苔を巻いていただきました。美味しかったです。
Commented by etigoya13 at 2016-02-01 13:46
> fleur de selさん
これは日本以外の国でも作りやすいに似た料理が色々な国に有りますよね。
米粉だとかなり捏ねて粘り出さないと食感違うかもしれませんね。
材料少なく手軽なところが大好きです。
醤油と海苔も良いですね。
Commented by タヌ子 at 2016-02-01 21:26 x
芋ラーでみたらし団子が好きな私が嵌りそうな芋餅。
南瓜団子は良く作ってたのに、なんで芋餅思いつかなかったのかな?
ジャガイモは何系のものですか?
男爵だとこちらには同類がないのでちょっと難しいかな。
Commented by etigoya13 at 2016-02-02 10:11
> タヌ子さん
芋ラーでみたらし団子好きなら絶対ハマりますよね芋餅。
ぜひぜひ。
今回は男爵芋で作りましたが、ロシアに入るときは煮くずれないタイプの馬鈴薯で作っていたのでそちらのお芋でも作れると思います。
粉ふきいもの様にしっかり水分を飛ばしてマッシュした後片栗粉を加えて良く練るとモチモチになるはず。
村にいた時に使っていた馬鈴薯の方がよりモチモチでした。