鮎飯と鯛のオーブン焼き夕食

d0170682_12201764.jpg
d0170682_12201732.jpg
 連れ合いのロシア行きが近くなってきたので、旬の魚をたっぷりと。
 まずは鮎ご飯。
 昨年はまって季節に何度も登場した鮎飯なのだけれど、鮎が近所の店に出回り始めた頃、連れ合いは村へ出張中…。
 戻ってきたら今度はなかなか家での食事機会なくてやっと組み込みました。
 近所の魚屋では鮎が売り切れていたので散歩道にあるスーパーまで買いにいく。
 まるまる太った鮎3匹を塩焼きにしておいて、ご飯を炊く時に上へ乗せて。
 連れ合いはしばらく魚の種類が全く違う場所に行くからね奮発して3匹使いましたよ〜。
 まるまると太って大きいから鍋に入らないかと焦る。苦笑

 炊きあがってむらしに入る時に青葱と紫蘇を刻んだものも入れて。
 食べる前に身をほぐしてざっと骨を取り除いてたっぷり装う。
 やっぱりこのご飯最高。
 映像そのものが出てきたわけではないけれど、鬼平犯科帳でもう本当に美味しそうに説明されていてすっかり鮎の季節の定番です。
 通常葱を進んで料理に使うことのない私ですが、このご飯には半束入っています。
 葱も紫蘇もたっぷりが好き。

 今日は白米1合5勺、モチ麦5勺で。
 炊く時の水は一部を日本酒にして塩はほんの少し。
 主に鮎の塩味でいただくように仕立てています。
 最近土鍋より誕生日プレゼントでもらった鋳鉄の鍋の方がお焦げ具合も美味しく登場頻度高くなりました。
 土鍋ほぼ豆用になりつつあるわ。



d0170682_12201745.jpg


 当初主菜は全く別のものを予定していたのだけれど、お店で小ぶりの鯛がお手ごろ価格だったのでオーブン焼きにすることに。
 今日はレモン/大蒜/月桂樹/イタリアンパセリをお腹やけれこみに詰め、塩と挽きたて胡椒上から油をかけてマリネしたものを野菜(ズッキーニ/トマト/セロリ)とともにオーブンへ。
 なんだか連れ合い気に入ったようですごい勢いで食べていました。
 今日の鯛は本当に大きさも味もちょうど良くて良い買い物でした。

 ガスオーブン200度25分で。



d0170682_12201702.jpg


 箸休めはアスパラガスと焼き舞茸のおひたし。
 アスパラガスの甘みと舞茸の香りがたまりません。
 濃いめに取った出汁の味があまりに美味しいから明日さらに焼きなすをつけることにしました。
 楽しみだなー。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓魚料理満喫ねと思われましたらポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2017-05-25 22:19 | 今日の食事 | Comments(0)