村で旬の味を堪能中

※8月ロシア旅行の食事をさかのぼって記録中。
d0170682_16133520.jpg


 村にこの季節に来る楽しみの一つがこれ。
 日本だと果物を大人買いするってお財布が軽くなりすぎて怖いけれど、ここだと1キログラム単位で購入してだいたい400〜500円ぐらいのものが多いので安心していろいろ買うことができます。
 (村は寒冷地で一部のベリーやリンゴ以外ほとんどが遠くから運ばれてくるものです。)
 初日に八百屋で購入したものもウズベキスタン産でしたが、いまひとつ甘みが足りなかった。
 今日は広場に店を出すおじさんのお店で。
 連れ合いもこのおじさんから買うのは美味しいと言っていた上に、広場キオスクの馴染みおばちゃんが「これが美味しいわよ、あれも美味しいわよ、食べてみなさい」と盛んに進める上にお店のおっちゃんまで果物を水で洗って差し出してくるから食べてみました。

 断然美味しい!

 ならばと全部で2キログラムほど果物を購入。
 蟠桃がとにかく甘くとろけて最高。
 日本出発前に生協で糖度剪定済みの桃を食べたけれどより一層香りと甘みが強くて大満足。
 明日買い足さなきゃ。
 ネクタリンも洋梨もぶどうもタシケント産のものがどれも食べ頃。
 は〜〜〜ちょっと気が向いたら気兼ねなく果物たっぷりって素敵♪
 ただ甘いだけでなくしっかり酸味も香りも強いところが今日買った果物のいいところ。
 連れ合いにも朝食代わりにせっせと食べてもらいましょう。



d0170682_16133588.jpg


 夕方作業の手を止めて、夕食準備。
 今日は胡瓜消費メニューとして胡瓜入りカレーと胡瓜のサラダ。
 玉葱をひたすら炒める…いためる…イタメル。
 久しぶりの電熱線コンロですっかり感覚が鈍っているわ。
 日本へ帰任した時はガスコンロの感覚が忘却の彼方だったけれど。苦笑



d0170682_16133542.jpg


 家庭菜園からの贈り物は胡瓜だけではなくトマトも結構あったので両方を消費するためにカレーに。
 煮込むから胡瓜もたっぷり消費できます。
 今日は炒め玉葱と小麦粉、村で売っているカレースパイスミックスをつかってルーを作って。
 


d0170682_16133524.jpg


 残った胡瓜は塩もみ後、唐辛子/レモン果汁/塩とあえて仕上げにイタリアンパセリで。
 さっぱりしているけれど、もうすこし辛み強くてもよかったかも。
 
 これにて私が村に来る前に頂いた分の胡瓜が終わり。
 また同じぐらい来たら消費間に合うだろうか?



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓頂き物無駄にせず食べ切れてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
by etigoya13 | 2017-08-11 23:30 | 今日の食事 | Comments(0)