人気ブログランキング |

羊が手に入ったのでСамсаを

d0170682_21124625.jpg


 ようやっと羊肉を買ってきたのでСамса(サムサ/中央アジアのパイ)を焼きてみる。
 生地はПлацинда(プラチィエンダ/モルドヴァ風パイ)と同じように伸ばせばいいのだなと思いながら取り組んだけれど、ちょっと水分量少なかったみたいで伸びない伸びない。汗 
 明日筋肉痛になりそう。苦笑 
 玉葱大量に刻み、羊肉は骨付き肋なので骨と肉を外してからひたすら細かく刻む。
 今日は夏に広場に自家菜園の野菜を並べ売るおばちゃんから購入してドライにしておいたバジルやМелисса(メリッサ/レモンバーム)をЗира (ジーラ/クミン)とともに。
 なんとか完成したものを食べてみるとメリッサが予想以上にいい仕事をしている。
 これは気に入ったわ〜。
 東京の方がもっと肉の部分多い羊が手に入るから(脂身は逆に手に入りにくいけれど)ぜひ試してみよう。

 今日の分量覚書。10分割にしました。
〜材料〜
《生地》
強力粉 ー 250g
水 ー 125ml
塩 ー 小匙1/2
バター ー 50g
《中身》
羊〜230 ー 250g
羊の脂 ー 50g(今回は足りなかったので豚の脂身も加えて)
玉葱 ー 250g
塩 ー 小匙1/2
バジル ー 乾燥させたもの1枝分
メリッサ ー 乾燥させたもの2枝分
粗挽き胡椒 ー 小匙1/2
ジーラ ー 小匙1 
《仕上げ用》
卵黄 ー 1個
ごま ー 適宜


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓生地作り慣れると楽しさ広がりそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。





d0170682_21124644.jpg
d0170682_21124665.jpg



 粗く刻んだ肉に塩/ジーラ/挽きたての胡椒/メリッサ/バジルを加えてよく混ぜる。


d0170682_21124608.jpg



 玉葱も加えてさらに混ぜて生地が出来上がるまで冷蔵庫へ。
 今日の羊さんはとにかく筋も多いし膜もつけたままなので少しでも玉葱で柔らかくならないかと期待中。



d0170682_21124642.jpg
d0170682_21131024.jpg


 下に敷いたシートの色が透けるまで伸ばすのは、慣れた生地なら難しくないはずが久しぶりにこの手の生地を作ったら水分量少なすぎて伸ばすの大変、伸ばしに苦戦して入るうちに縁は乾燥しはじめてまた大変。汗



d0170682_21131092.jpg
d0170682_21131037.jpg


 とにかく初めてだからこのまま形にすべく進める。
 次は柔らかくしたバターを手を使って全体に。
 この作業は楽しい〜。



d0170682_21133562.jpg
d0170682_21133574.jpg


 端からくるくる巻いた生地を細長くして分割。
 この後少し冷蔵庫で冷やしたまでは良かったのだけど。



d0170682_21131019.jpg


 伸ばす段階で室温高くても暖かくどんどんバターが溶けて生地が離れてしまう。
 残隊をざっと平たく潰して再度バルコニー(現在冷凍庫と冷蔵庫の中間ぐらい)でしっかり冷やしてから整形し直したら簡単だった。
 パイなのだから暑い室内で作る時は冷やしながらしないとねと反省したサムサ作りとなりました。
 せめても味が美味しくできたのが良かった。
 


by etigoya13 | 2019-02-24 23:13 | 麺類/粉もの | Comments(0)