人気ブログランキング |

2015年 02月 02日 ( 2 )

村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_09384198.jpg
d0170682_09384295.jpg
 サーリセルカへ宿泊したら1回は行きたいレストランへ午前の用事を済ませてから歩いて行って来ました。
 8年以上前に上った時は無かった道や住宅が出来ていて歩いて行く道は印象が変わりましたが、逆に道が整備され歩きやすくなっています。
 ソリコース脇から蛇行しながら頂上まで道を上ってお店に到着…凄い吹雪いているようで店の名前がかろうじて見える程度。
 確かに我が家ずーっと雪とともに移動している感じで今日も吹雪いているからね仕方ないかも。
 お店は17時までとなっていますがサーリセルカを巡回しているスキーバスを利用する場合は16時代でバスが終るので時刻表要確認です。(店内にもバス時刻表入って正面壁に有り。)
 スキーバスは主要ホテルをや商業施設を経由して小さい写真の茶色い扉すぐ近くへ停車します。
 こちらのレストランではドーナツ>サーモンスープ>その他メニューだったのだけれど、今日は珍しくトナカイのスープにトナカイと馬鈴薯ピューレリンゴンベリー添え等も合わせて頂いてみました。
 上の写真は煮込んだトナカイとピューレ。
 こちらのトナカイはホテルの昼食で頂いたものよりも更にマイルドな味わい。
 ピューレの輪の中に肉汁とともに肉がたっぷり詰められているので崩してスープと和えながらリンゴンベリーを添えて頂くのが最高。こちらのお店のリンゴンベリーはジャムと言う程まで甘く煮込まれていないのでより好み。
 塩味ややきつめですが、どんどんお腹に入っちゃいます。
 私自分で作るのでもこの料理が大好きなので色々なお店で食べたい料理の一つ。こちらのレストランのものはかなり食べやすいと思います。



d0170682_09384220.jpg


 お約束のサーモンスープ。
 馬鈴薯/サーモンがほぼ具の全てに近い簡素なスープですが優しい味わいで寒い山頂で頂くにぴったり。
 馬鈴薯が凄く美味しい食感もまたほろりと口の中で崩れて好き。
 ヘルシンキで頂くサーモンスープは色々な種類が有るけれど、私はやっぱり乳製品ベースのものが、そして具が簡素なものが好き。
 脂の乗ったサーモンと甘いほくほくの馬鈴薯と乳製品のスープは最高の組み合わせだと思う。



d0170682_09384262.jpg



 メインでもトナカイとピューレを食べるというのに懲りずにトナカイスープも。
 やっぱりラップランドで食べるならトナカイ/雷鳥が好みなので。
 ホテルのトナカイスープは人参も入って肉も多いけれど野菜もなスープだった。こちらのスープは馬鈴薯とトナカイてんこ盛り。
 食べても食べても肉減らない。
 肉が減らない位だから濃厚なトナカイの旨味スープ、美味しかった。



d0170682_09384255.jpg



 このお店で忘れちゃいけないのがドーナツ。
 大きいですがイースト発酵ドーナツで粗挽きカルダモンが良く薫ってあっという間に食べ切っちゃいます。
 何度食べても美味しい。
 今のところ私がフィンランドの旅行で食べたドーナツの中でここのドーナツより美味しいと思うものが無いのでやっぱり食べに登っちゃいます。



d0170682_09384281.jpg


 ベリーのチーズケーキも試してみました。
 下がスポンジではなくビスケットを砕いたものなのが私好み。
 予想よりチーズ部分のベリー味は薄くて主にゼリー部分でベリーを味わう感じだった。(あくまで予想よりということで味はしっかりします。)
 もっと濃厚かと思ったのだけれど。
 それでもチーズケーキ好きなので住んでいる村近隣では頂けないこの手のチーズケーキ喜んで頂きました。
 美味しかった〜。
 ここで満腹になってもまた歩いて降りながら途中でソリに乗ったり登ったりして遊べばまたお腹すくかな?

 

d0170682_09384238.jpg


 店内暖房効いていますが、暖をとりたい場合はやはり暖炉近くがお薦めです。
 今日は風が強くてスキーヤー0
 スキーバスで上って来て次のバスを待つ間食事という人や車で来た人がほとんどでした。
 店内にはフィンランド語/スウェーデン語の他に英語/日本語/ロシア語のメニュー有り。
 
本日頼んだ料理と価格
20.80€ トナカイピューレ
12.00€ サーモンスープ
12.00€ トナカイスープ
4.30€ ベリーのチーズケーキ
5.60€ ドーナツ
3.60€ 紅茶


http://www.kaunispaanhuippu.fi



d0170682_10120993.jpg


 おまけ1
 スキー置き場脇から眺める赤い夕日。



d0170682_10120953.jpg


 おまけ2
 山頂から10m程降りた場所からの眺め。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味




村到着までの記事を追っかけ記録中
d0170682_09213858.jpg
d0170682_09213862.jpg
 ホテル朝食。
 レセプションの奥にジューズ/ピクルス/ハム/チーズ/オートミールが並んでいて、カウンター上にパン、紅茶と珈琲/水が有ります。
 毎日同じメニュー。
 初日はオートミールにジャム、翌日はやっぱり塩味の方が良いとオートミールとチーズで塩味にして頂きました。
 変化は無いので苦手なものばかりの場合はスーパーで好きなものを買っておいた方が無難かもしれません。
 チーズは癖は無く器へ装ったオートミールの熱で溶けるもの。
 良くのびて牛乳の味がしてなかなか美味しいチーズです。
 サンドイッチにしても美味しいかも。

 こちらのレセプション棟、暖房はもちろん聞いていますが比較的設定温度低め。
 寒がりの方は重ね着できるものを着ておいた方が無難です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味