d0170682_16182248.jpg


 重曹仕様のБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)、新しい配合で試したけれど…相性悪かったみたい。
 村に入ってから粉物は順調だったけれど、どうにも薄焼きブリヌイでつまづき中。
 明日はまずСырники(スィールニキ/カッテージチーズのパンケーキ)でも焼いてもう一度やる気アップさせてから挑もう。
ブリヌイ、最初の3枚(写真のもの)は順調だったんのですがこの後同じフライパンで同じように油を刷毛で塗って焼いているのだけれど中心だけつく。
コンロが斜めになっているようで傾いている方向の生地がどうしても厚くなって焼け方にムラも。
 さらには薄めに焼き上げるブリヌイ生地はかなりサラサラなのでぱ〜っと広がってしまうからフライパンいっぱいに焼くことになってこれにまだ自分が慣れていない。
 練習あるのみだけれど、失敗をつまんでいたらそれだけでお腹がいっぱいに。汗
夕食ブリヌイの立ち食いとスープになってしまった。
明日は失敗をお腹に消費しなくてもいいよう焼き上げたいけれどさてやる気アップするだろうか。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓粉物はやっぱり慣れが大切ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_21542287.jpg


 店で少量売りの白花豆を見つけたので久しぶりに
Тушёная фасоль со свининой
(トゥショーナヤ ファッソーリ ソ スビニーノイ/インゲン豆と豚肉の蒸し煮)
 大蒜/玉葱と豚肉をじっくり炒め、水分が出て来たところでトマトと戻した豆を入れてあとは蓋をして弱火で煮るのみ。
 素材の水分のみで仕上げたので色薄めだけれど味濃厚。
 こういうときは塩味薄めでも美味しいから体に優しい。
 簡単なのになんでこんなに美味しいのか。
 豆って優秀。
 今日はКориандр(コリアンダル/コリアンダー)/Зира (ジーラ/クミン)/輪切り唐辛子で風味づけ。

 この時期村はトマトが高いので最初はピューレで作ろうかと思ったのだけれど、ウズベキスタンのトマトが色合いもよかったので生のトマトから。
 蒸した馬鈴薯にかけて。
 ごちそうさまでした。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓豆が入ると味わい豊かになるわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


# by etigoya13 | 2019-02-12 21:53 | | Comments(0)
d0170682_21005540.jpg
d0170682_21005512.jpg
 このところ頻発のОладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)、昨日プレーンのものを焼いて数日分の朝食用在庫♪なんて思っていたのに散歩へ出るときには残り2枚になっていました。
 そんなわけで昨日の夜生地を仕込んで今朝焼いたのがこちら。
 このところハマっているアメリカンドック風アラージー。
 甘じょっぱい感じが後引くのだ。
いつ焼いても安定して来たしそろそろ薄いБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)焼こう。
 ロシアの粉物を焼くのに買った鋳鉄のパン、いい感じに成長中で焼き色も美味しそうになるように。(時々熱しすぎて焦がすけれど。汗)
 薄いブリヌイはうまく焼けるでしょうか?



d0170682_21005502.jpg
d0170682_21005593.jpg
 今日アラージーに入れたのはこちらのСосиски(サシースキー/ソーセージ)。
 村にいる時食べる肉加工品は主にКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)やСало(サーラ/豚脂身塩漬け)、肉屋が作る燻製ハム(塊の量り売り)でサシースキーのような練り物系ソーセージは使うことがありませんでした。
 アメリカンドック風アラージーにハマって「これにはもっとジャンキーな見た目と味の方が合うかも」と買って見ました。
 見た目はしっかり練りこまれた魚肉ソーセージ風。ところが刻んで生地に入れ焼くと化けた。
 焼いて食べると美味しいじゃないの。
 これなら馬鈴薯と一緒にフィンランドに行くと一度は食べるMakkara limppu(マッカラ リンプ/ソーセージと馬鈴薯)がそれらしく仕上がるかも〜。
 あれはとってもジャンキーな食べ物だけれど、鉄板でじゅーじゅーやっているとつい買ってしまうのよね。
 こうやってまた食べたい料理が追加されて順番待ちになってしまう、胃は一つなのに。苦笑





日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。





mytaste.jp

d0170682_01021936.jpg
d0170682_02572254.jpg
 低温調理のГольц(ゴリツィ/岩魚)がまだ半分以上残っているので一気に消費すべくパスタ。
 今日は生クリーム&牛乳にたっぷりチーズでソースとする。
 ゴリツィは残ったぶんに燻製液をかけて置いたので燻製はしていないけれど燻製味。
 なかなか美味しい。
 この燻製液、魚に合わせることが多いけれどスープに入れたり肉に合わせても美味しいらしい。
 どちらから試してみようかしな?

 東京には白樺の燻製液もあるのだけれど、微妙な違いすぎてよくわからず。苦笑 
 あ、でも使い勝手がいいのは写真のもの同様です。



d0170682_01021929.jpg


 時間を遡ってこちらはお昼。
 連れ合いのたっての希望でプレーンのОладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)。
 最後にボウルに残ったものを落としている時、落としきる前に動かしたら尻尾ができてしまった。
 どうやらこの尻尾の焼き具合がお好みだったらしい。
 2度と再現できませんってこれは。
 強力粉約200gぐらい使っているというのになんだかすごい勢いで食べている人一人。
 お腹つまむぞ!
 気持ちはわかるけれど。
 アラージー、食感が結構軽いのでつい手が伸びてしまいます。
 保存容器に入れてさっさと冷凍しないとデブの元だわ。
 夜はアメリカンドック風アラージーを仕込まなきゃ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ゴリツィ悪くなる前に美味しく消費できてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_01020321.jpg
d0170682_01020397.jpg
 今日は在庫消費の食事。
 ハヤシライスのルーがあるのでそれを使ってハヤシポーク。
 村では牛肉より豚肉の方が骨なしの部分も買うことができるしやすいので。
 豚肉は半解凍状態で薄切りにする予定が…作業に熱中していたらきっちり解凍されてしまったので、包丁でなるべく薄切りになるように期待しつつ切ったもの。
 それを玉葱と赤ワイン少々でマリネしておきました。
 夕方玉葱をさらに追加で切ってじっくり炒め、次に肉。
 肉が炒まったところで蓋をして弱火でじっくり玉葱と肉の水分で炒め煮に。
 そのあと分量どおりの水分を入れ連れ合いから帰るコールがあったところでルーを入れて仕上げました。

他の料理 
ラペにチーズを散らしたもの
ビーツとりんごとにんじんのサラダ
胡瓜/パプリカ/セロリ・Колбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)の盛り合わせ
自家製きのこのマリネ
風邪ひきさんにВаляレシピの家庭風Харчо(ハルチョー/お米と大蒜入りスープ)
 
 ハルチョーってトマトベースでお米と肉(牛肉のものが有名だけれど、鶏肉や豚肉もあり)、唐辛子、Хмели-сунели(フメーリ スネーリ/ザカフカスの混合スパイス)が入るものが多分一般的なのではないかと思うのだけれど、芸術家さん宅でハルチョーというとこの白い色合いのハルチョーが出てきます。
 私はどちらも好きなのでいいけれど、一体どこでこのハルチョーが生まれたのか気になる。
 ワーリャレシピはフメーリスネーリが入らないので大蒜と唐辛子がないとかなりまろやかなスープです。



d0170682_01020304.jpg
d0170682_01020346.jpg
 デザートは本当はタルトタタンになる予定だったタルト。涙 
 買ってきたりんごが少しの加熱でピューレ状になってしまう種類だったため、見事な美味しいカラメル風味のピューレができてしまいました。汗 
 朝新たに買って作り直す(一晩おかずとも冷凍庫状態のバルコニーへ放置すればしっかり芯まで冷えるから)か迷ったものの、ものすごい量のピューレの消費を優先してとりあえずピューレの上にタルト生地を乗せて焼いてみる。
 型からはずした結果常温では自重に耐えきれず雪崩れるのでまたバルコニーで待機。
 おかげで食べるときはりんごシャーベットタルトに…。
 味は美味しいだけに残念無念。
 ピューレの消費目処がたったら別のりんごで再挑戦します。



d0170682_01020393.jpg


 おまけ。
 パン屋が作るオムレットがいつも買い物へ行く店にちょうど入荷していて「これにバナナを足せばまるごとバナナが簡単に作れるのでは?」と買ってみました。
 このオムレットが卵や粉の味もかすむほどただただ甘く、風味も何もない感じ。
 ホイップも暖房が効いた店内に置いてあってもダレない生クリームではないホイップなのでバナナ入れてようやく完食できる味だった。
 次買うことはないけれど、Блины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)よりはまるごとバナナに近づきました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓野菜たっぷりりんごもたっぷりねと思われましたら一押しポチリとお願いします。