カテゴリ:今日の食事( 165 )

d0170682_01021936.jpg
d0170682_02572254.jpg
 低温調理のГольц(ゴリツィ/岩魚)がまだ半分以上残っているので一気に消費すべくパスタ。
 今日は生クリーム&牛乳にたっぷりチーズでソースとする。
 ゴリツィは残ったぶんに燻製液をかけて置いたので燻製はしていないけれど燻製味。
 なかなか美味しい。
 この燻製液、魚に合わせることが多いけれどスープに入れたり肉に合わせても美味しいらしい。
 どちらから試してみようかしな?

 東京には白樺の燻製液もあるのだけれど、微妙な違いすぎてよくわからず。苦笑 
 あ、でも使い勝手がいいのは写真のもの同様です。



d0170682_01021929.jpg


 時間を遡ってこちらはお昼。
 連れ合いのたっての希望でプレーンのОладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)。
 最後にボウルに残ったものを落としている時、落としきる前に動かしたら尻尾ができてしまった。
 どうやらこの尻尾の焼き具合がお好みだったらしい。
 2度と再現できませんってこれは。
 強力粉約200gぐらい使っているというのになんだかすごい勢いで食べている人一人。
 お腹つまむぞ!
 気持ちはわかるけれど。
 アラージー、食感が結構軽いのでつい手が伸びてしまいます。
 保存容器に入れてさっさと冷凍しないとデブの元だわ。
 夜はアメリカンドック風アラージーを仕込まなきゃ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ゴリツィ悪くなる前に美味しく消費できてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_01020321.jpg
d0170682_01020397.jpg
 今日は在庫消費の食事。
 ハヤシライスのルーがあるのでそれを使ってハヤシポーク。
 村では牛肉より豚肉の方が骨なしの部分も買うことができるしやすいので。
 豚肉は半解凍状態で薄切りにする予定が…作業に熱中していたらきっちり解凍されてしまったので、包丁でなるべく薄切りになるように期待しつつ切ったもの。
 それを玉葱と赤ワイン少々でマリネしておきました。
 夕方玉葱をさらに追加で切ってじっくり炒め、次に肉。
 肉が炒まったところで蓋をして弱火でじっくり玉葱と肉の水分で炒め煮に。
 そのあと分量どおりの水分を入れ連れ合いから帰るコールがあったところでルーを入れて仕上げました。

他の料理 
ラペにチーズを散らしたもの
ビーツとりんごとにんじんのサラダ
胡瓜/パプリカ/セロリ・Колбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)の盛り合わせ
自家製きのこのマリネ
風邪ひきさんにВаляレシピの家庭風Харчо(ハルチョー/お米と大蒜入りスープ)
 
 ハルチョーってトマトベースでお米と肉(牛肉のものが有名だけれど、鶏肉や豚肉もあり)、唐辛子、Хмели-сунели(フメーリ スネーリ/ザカフカスの混合スパイス)が入るものが多分一般的なのではないかと思うのだけれど、芸術家さん宅でハルチョーというとこの白い色合いのハルチョーが出てきます。
 私はどちらも好きなのでいいけれど、一体どこでこのハルチョーが生まれたのか気になる。
 ワーリャレシピはフメーリスネーリが入らないので大蒜と唐辛子がないとかなりまろやかなスープです。



d0170682_01020304.jpg
d0170682_01020346.jpg
 デザートは本当はタルトタタンになる予定だったタルト。涙 
 買ってきたりんごが少しの加熱でピューレ状になってしまう種類だったため、見事な美味しいカラメル風味のピューレができてしまいました。汗 
 朝新たに買って作り直す(一晩おかずとも冷凍庫状態のバルコニーへ放置すればしっかり芯まで冷えるから)か迷ったものの、ものすごい量のピューレの消費を優先してとりあえずピューレの上にタルト生地を乗せて焼いてみる。
 型からはずした結果常温では自重に耐えきれず雪崩れるのでまたバルコニーで待機。
 おかげで食べるときはりんごシャーベットタルトに…。
 味は美味しいだけに残念無念。
 ピューレの消費目処がたったら別のりんごで再挑戦します。



d0170682_01020393.jpg


 おまけ。
 パン屋が作るオムレットがいつも買い物へ行く店にちょうど入荷していて「これにバナナを足せばまるごとバナナが簡単に作れるのでは?」と買ってみました。
 このオムレットが卵や粉の味もかすむほどただただ甘く、風味も何もない感じ。
 ホイップも暖房が効いた店内に置いてあってもダレない生クリームではないホイップなのでバナナ入れてようやく完食できる味だった。
 次買うことはないけれど、Блины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)よりはまるごとバナナに近づきました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓野菜たっぷりりんごもたっぷりねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_19342827.jpg


 低温調理しておいたГольц(ゴリツィ/岩魚)にБелый гриб(ベールィグリブ/白きのこ:ヤマドリダケ)と生クリームで作ったソースをかけ、胡瓜のピクルスを添え今日の夕食に。
 低温調理の方はいい具合に仕上がったのだけれど、捌くの下手すぎた。
 半解凍ぐらいで捌くと綺麗にいくのだけれど、今日は解凍しすぎて身が柔らかくて手に負えず。
 それでも何とか背骨を取り除いて食べるところがある状態になりほっとする始末。苦笑 
 白きのこは昨年とったもの。
 当たり年だったからまだ在庫あり。
 昨年は選んで摘むことができるほど豊作だったので軸がコリコリの美味しい白きのこの在庫がたっぷり。
 ああ、幸せ。
 玉葱を炒め、透き通ってきたら白きのこ投入。
 生クリームも加え程よくとろみがついたところで塩胡椒で味を整えました。
 とにかくソースを作っている間その香りの豊かさにかなり幸せな気分に。
 いる間にせっせと食べなきゃ。

以前に調理したゴリツィの記事はこちら
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓捌くのは練習あるのみねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_09220960.jpg


 最近スポーツ番組のバイアスロンやソリ競技の再放送が少ないので、その代わりによく見ているのが通販番組。
 多々ある通販番組の中で今よく見るのはほとんどがナレーションで実際に人がお勧めするのではなくかつ台所周りのものが多い番組。
 人が数人組みになって進める番組はちょっとうるさいし一つの商品の紹介時間が長いので、ナレーションタイプの方が好き。
 今見ている番組は一つの商品ごとの時間はあまり多くはないけれど、紹介したいことはしっかり紹介するという絶妙な時間配分で同じ組み合わせで商品が順繰り紹介されているかと思えば、時々新しいものが入る楽しさも。
 今日の新しいものはОпята(アピャータ/なめこの様な茸)栽培キット。(これはかなり本気で欲しい。)

 台所周りの商品が多いことで「使用して作ることができる料理」とか「使用することでこんな風に暖かい食事ができますよ」とか「こんな風に盛り付けると素敵でしょう」なんていう実例が繰り返し出て来るのです。
 もうこの番組のおかげで食べたい料理の出番待ち。笑

 そんな楽しんでいる番組の紹介商品の中でUSBポート付き温めができる弁当箱が特に好き。
 好きというのは商品の方ではなく紹介している実例のお弁当の内容の方。
 「田舎のСтоловая(スタローバヤ/セルフサービスの食堂)では今でも定番よね〜」という食事がずらり。 
 その中から今日のお昼は蕎麦の実Каша (カーシャ/粥:穀類をぽろぽろに炊いたもの)ソーセージ乗せ。
 番組ではもう少し練り物っぽい仕上がりのソーセージが使用されているけれど、村でその手のソーセージを買おうとおもうと1パック単位で購入せねばならず、消費量を考えると買うのはどうかと思い生ソーセージを。
 これは1本単位で買えるので。
 ソーセージを下茹でし、茹ったら適宜楊枝で穴を開けて玉ねぎと共に炒める。
 炒まったらさっと洗った蕎麦の実を加え水をひたひたに加えて炊いていくだけ。
 蓋をする間も無く炊き上がる。
 この料理で一番手間がかかっているのは下茹でのあと炒めるソーセージ?
 他はほとんどインスタント並みに手軽です。ほとんど料理というより調理の世界。
 味付けは薄く塩するだけ。
 ソーセージの塩気でいただきます。
 蕎麦の実カーシャだけは牛乳版が苦手で炒めた玉葱や茸の風味で食べるカーシャが好き。
 美味しかった〜。
↓チーズやトマトとも相性バッチリでお勧めです。

d0170682_09350844.jpg


 こちらは番組に刺激されたわけではないけれど、今日の夕食。
 連れ合いにはこの他Горох(ガロフ/豌豆豆)のスープもつけて。
 私がいる間はなるべく主食を色々と思って変化をつけているのだけれど、今日は何にしようか悩んだ結果Перловая крупа(ペルローバヤ クルーパ/玉麦:大麦を真珠状に磨いたもの)でリゾット風。
 玉麦よりも野菜の方が多いぐらいで作っています。
 今日は玉葱/人参/セロリ/パプリカ/ズッキーニ/大蒜/ハムで。
 私はたっぷりのレモンを絞っていただきました。
 明日は久しぶりにパンの夕食にしよう〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓通販番組ってそういう楽しみ方もあるのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_17053429.jpg


 いやー今朝は氷点下50度だったそうで、窓から数メートル離れている定位置に座っているというのにそこはかとなく足が寒い。
 あの触れないほどの鋳物製給湯暖房形無し。
 そんな中午後のお茶の時間にちょっと買い物へ出たら随分と気温が上がっていて(35度ぐらい)一度寒い気温を体験した後なのでかなり楽に感じました。
 人間ってすぐ適応するのねー。
 そのほかはひたすら家で作業中なのだけれど、寒いと余計にお腹が空くのは体温上げるために体力使っていると信じたい。
 今日の小腹満たしはБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)にКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)とチーズを巻いて温めたもの。
 巻くといっても厚めに焼いているから微妙に巻けない。汗 
 薄く焼くと綺麗に巻けます。
 厚めに焼いて生地が少しだけ甘み感じる味に仕上げたらアメリカンドックに似た味になっていました。
 これはこれで美味しいかも。
 今度Оладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)を仕込む時一部はカルバサ入りにしてみよう〜。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ブリヌイ焼いておくとて小腹満たしも簡単に作れるわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_19380337.jpg


 連れ合いの誕生日当日のご飯が残り物整理ご飯すぎたので今日はやり直し。
 骨つき肉でソテー用に切ってあるものを2種類購入し塩麹と胡椒を揉み込み、油を満遍なく撫で回して広げた状態でマリネしておきました。
 散歩から帰り室温に戻した後粉を薄くはたいてフライパンでソテー。
 焼き始め縁が白っぽくなって来たら裏側を確認し、好みの焼き色になっていたら返して側面に肉の赤みを帯びた色合いがなくなったら厚い部分に楊枝をさして透明な汁が出て来たらホイルへ包み暖かいところで10分ほど休ませておきました。
 私の肩ロースに近い部分はこの焼き方だとちょっと筋が硬かったけれど、肉の部分は美味しかった〜。
 連れ合いのものは店で「Tボーンステーキになりそう(豚肉ですが)」と言っていたロースの部分を。
 こちらはこの焼き方でとても柔らかく美味しく仕上がっていたそう。
 厚みがある肉でしたが、パサつくことなく焼きあがって美味しかった。
 付け合わせは冷凍のアスパラガスと茹でた馬鈴薯のУкроп(ウクロップ/ディル)バター和え。
 冷凍のアスパラガス予想よりずっと綺麗で美味しいから当たりだった。



d0170682_19382362.jpg



 マリネしている間に散歩していたのは近所のスキーコースから凍って雪原のようになっている入江へ降りてその上。
 降りてみたかったので大満足だったのだけれど、この後予想外に運動量上がることに。
 運動不足痛感。
 ボイラーの煙は寒さのため分量多くかつまっすぐ立ち上がってから曲がっているのでこの一からもよく見えること。
 気温が高いともっと低い位置で曲がってしまったり、逆方向に流れるので林の上に出てくることがありません。

 今日はかなり冷え込んで室内でも窓辺は寒いぐらい。
 氷点下45度、毛皮のコートのおかげで頭も体も暖かだけれど、頬と鼻(高くないのに)が痛かったー。
 メガネをかけているのでネックウォーマーを引き上げるということもできないから時々手でもみながら歩きましたよ。苦笑

 窓の下にある給湯暖房(鋳物製)は熱くて触っていることが難しいほどなのに冷気が勝ります。
 さすがシベリアの寒気だわ。



d0170682_13205786.jpg


 予想に反して最後はかなり運動量が上がる結果となった散歩から戻り夕食の前、散歩の前に購入したコーヒー豆のお試しも兼ねお茶のひと時。
 今日も厚焼きБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)でなんちゃってまるごとバナナ。
 との違いはСметана(スメタナ/サワークリーム)/生クリーム(脂肪分22%というやつ)/練乳でホイップを作りそれをかけたこと。
 やっぱりホイップにしたものをかけると格段に美味しくなるわ〜。
 
 おやつも結構お腹にたまるものだけれど、夕食二人とも肉が美味しくご飯進みすぎた…。
 いくらいつになく運動量が上がったとはいえ、食べすぎたらいかん!
 気をつけよう。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓寒いとお腹空くのかもねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_21520376.jpg



 昨日衝動買いというか村へ来るたびに買おうか迷ってやめていたものをついに購入。
 早速まずは黒パンに塗って見ました。
 ちょっと大蒜が…きつすぎるからそのまま食べるときは一工夫必要かな。
 しかし黒パンとこのペーストはよく合うし脂身が大丈夫な人にはデブ街道まっしぐらなハイカロリーな品です。



d0170682_21520477.jpg



 ペーストの正体はСало(サーラ/豚脂身塩漬け)と大蒜(生)をペースト状にしたもの。
 つぶつぶして見えるのは大蒜ではなく豚の皮です。
 この皮が美味しい。
 炒めるときにコク出しに使うと美味しいかも。
 焼き飯やパスタなんか結構簡単に風味がつくのではないかと期待しちゃいます。
 そのうちやってみましょう。

 駐在に帯同して初めて村に来た頃はサーラの美味しさは全く理解できなくてただ「しょっぱい脂身」という認識でした。
 それがあるひのおやつに黒パン→サーラ→大蒜という会社での昼間のおやつにはどうよ?と思うオープンサンドを渡され食べて開眼してしまった。
 好みの黒パンにサーラが良く合っていて外がすごい寒い日だったこともあってか脂肪がやけに美味しかった。苦笑 
 それ以来むしろ好物に。
 しかしこれはやっぱりおやつではなくウォッカとか強いお酒(個人的には蒸留酒が合うと思う)と一緒に食べるかちょっと寒い日に食べるのが美味しいと思うのだけど、芸術家さんは結構おやつに出して来ました。苦笑 
 生の大蒜を会社でのおやつに食べるって強者よねー。
 まあ部屋は芸術家さんと私だけだったけれど、絵の注文や受取にお客様が来ることもあるのにね。
 


d0170682_21520444.jpg


 今日のお昼、早速スウエーデンのピッティパンナ風に炒めて見ました。
 このペーストだけだと焦げ付くので油に加えて風味づけとして。
 馬鈴薯/玉葱/人参/Укроп(ウクロップ/ディル)/ハム/塩漬発酵胡瓜という具に植物油とこのペーストで他に味付けなし。
 塩漬の胡瓜とペースト、さらにハムも塩気があるのでこれで十分。
 胡椒多め食べるときに少し酢を振って。
 
 それにしても大蒜と皮以外の脂肪部分は見事なまでにペースト状なため、どこを食べても大蒜の風味かなり強め。
 これは間違って常温に置いておいたら部屋中ものすごく匂いそう。苦笑


更新を通知する

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓喜んで食べまくると太るわよと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_19135247.jpg



 古い下書き保存の記事をアップしたときに「ああ、そういえば最近食べていないな。」と猛烈に食べたくなったフィンランド料理が。
 今日から連れ合いがロシア国内の出張で一人ご飯なのでまさに今よ!と作ることに。
 ちょうどマカロニとか買わなくても在庫があったからやる気も↑。
 なぜ一人ご飯の時かといえば、連れ合いがこの料理どちらかというと苦手だから。
 マカロニグラタンは平気なのだから大丈夫な気がするのだけれどね。
 Makaronilaatikko(マカロニラーティッコ)、フィンランドでは学校給食でも定番の味なのだとか。
 以前から仲良くしてもらっているKippis! from FinlandのKippis_Yさんが公開しているレシピで作っています。
 彼女の家でホームステイした時、どの食事も私には美味しい!と思える味付けで彼女のレシピなら安心できるのです。
 彼女の作る具沢山の野菜スープはロシアの具沢山スープとはまた違う優しさに満ちています。
 そんな彼女のマカロニラーティッコはやっぱり優しい味と野菜が苦手なお子さんもよく食べてくれるからと野菜もしっかり入っているところが気に入っています。
 ちょっと他のことしているうちに焼き過ぎてしまったけれど、味わいの優しさは変わらず。
 村でいただくロシア料理も似たところがあるけれど、フィンランド料理も基本の味付けが塩胡椒なので仕上がりは優しくなりますね。(作る人によって塩分が強すぎることはあるけれど)
 
 むふふ明日のお昼の分もありますよ。
 楽しみです。
 ↓レシピはこちらのリンクに掲載されています。


d0170682_16215606.jpg


 古い記事で見つけたマカロニラーティッコはこちら。
 最初蓋を開けた時同じ料理か?と思うほど見事に肉とマカロニが分かれていたけれど、味はマカロニラーティッコでした。
 まあメニューにそう書いてあるから当たり前なのだけれど、これどう見ても混ぜないで上に肉乗せているのは混ぜてあるとこの料理を知らない人にはウケが悪いのだろうか?
 この時私は2択のもう1方を頼んだのだけれど、開けたところで連れ合いから「変えて〜」のお願いが入り交換したのです。
 美味しいのにね。
 この見た目だと連れ合い挽肉の見た目がダメだった?一応連れ合いでも大丈夫な粗めの挽肉だったのだけれど。



d0170682_19135253.jpg
 

 普段全くケチャップを使わないのだけれど、この料理にはケチャップをかけて食べるのが定番と聞いて一度試して以来ケチャップがセットに。
 アパートの冷蔵庫に連れ合いがケチャップ常備しているのでそれを使って。
 優しい塩味の上にケチャップの甘みと酸味がほどよく効いて味に変化をつけられるところもいいですね。
 最初にさっと茹でたり炒めたりという行程はあるけれど、大部分をオーブン任せの料理なので冬にはありがたい料理です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓フィンランド料理優しい味わいなのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_21335378.jpg
d0170682_21335330.jpg
 今日はがっつり食べてくれる人がいるというので二人ご飯より前菜多めに。笑
 同じ魚の展開料理に近くなってしまったけれど、何せ鱒は1匹買いが基本(大きいものは筒切りになっているけれど高すぎるので)だから色々使い回し。
 今日なかなかの出来だったのがこちらの2品。
 鱒の温燻風とСолёная сёмга(サリョーナヤ ショムガ/塩漬け鱒)。
 今回購入した鱒は価格と大きさの折り合いがついたものだったのだけれど、やはりこの大きさだと脂のノリはあまり期待できないスリムな鱒。
 それでも塩で〆ると脂の乗っている鱒とはまた違う美味し下がりますね。
 ちょうど入荷仕立てで柔らかい黒パンもあったので一緒に出したら、私が作業している間2人は話しながらパンや食材を水に自然な流れでオープンサンドを組み立ててどんどん食べています。
 ご飯もあるのだけれど…そんなに飛ばして大丈夫?とちょっと心配になる。苦笑

 今日の鱒は身の色が濃くて塩漬けにした時は特に美しく美味しかったです。



d0170682_21342974.jpg


 昨日の時点で解凍し三枚おろしにしたものを片方は塩のみで〆、片方は砂糖をたっぷり降った後に塩たっぷりで締めています。



d0170682_21342903.jpg


 ボケボケだけれど、砂糖と塩で〆たものの半分は砂糖と塩を洗い流し薄く塩して胡椒をたっぷり挽き、上からПетрушка(ペトリューシュカ/イタリアンパセリ)とУкроп(ウクロップ/ディル)を魚が見えなくなるまで。
 仕上げに香りづけとしてコニャック少々でラップをしたものを冷蔵庫で待機させておきました。



d0170682_02572254.jpg


 温燻風は砂糖と塩で〆た残り半分にこちらの燻製液をふりかけアルミフォイルで包み低音オーブンで加熱。
 手軽に温燻風魚を楽しめるので東京でも愛用中。
 食欲そそります。



d0170682_02573590.jpg


 夏に来た時に採取したБелый гриб(ベールィグリブ/白きのこ:ヤマドリダケ)のマリネを。
 う〜んやっぱり美味しい。
 こういう味付けのものがちょっとあると前菜に変化がついていいよねと芸術家さん宅でいただきながら連れ合いと話していたので。
 つい溜め込んでしまいがちだけれど消費しないと瓶が開かないのだった。苦笑


d0170682_02574445.jpg


 在庫のものや今日買ったものの味見も兼ねて肉加工品。
 細いものとやや太めのКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)にハム。
 どれも真空パックなどで覆われていない肉屋から納品された時に出会えれば買えるという種類。
 買う時につい燻製の香りを確認して好みかどうかほ判断するのだけれど、いつものお店のお姉さんは笑っています「美味しいわよ」っていう顔しながら。
 今回購入したカルバサはどちらも美味しくて野菜やチーズとともにオープンサンドにしてまたパンが進んでしまう。汗 
 さらに試しに買ったハムがまた肉そのものの食感と燻製の香りが良く、いかにも調味液を肉に注入して作ったハムとは全く違う食感と味わい。
 これは店にあった残りを切ってもらわず全部買えばよかった。
 次見かけた時は多めに購入しよう。
 胡瓜とパプリカは多すぎたかな?と思ったけれど肉に対してちょうどいいぐらいでした。
 チーズは久しぶりに以前よく買っていたものに。
 家の在庫は脂肪分多めで肉加工品と食べると重そうだったので。



d0170682_02574487.jpg


 全員村にいると野菜不足気味なので大根/人参/ズッキーニ/白菜を塩こぶで和えて。
 野菜は全てそれぞれ塩で揉んだものを合わせています。
 塩こぶ使えるわ〜。
 これにすり胡麻を/酢/ごま油なんかを加えて少しずつ変化をつけると単調にならないしね。




 2人が一服中に写真を撮ろうと思っていたのに、ロシア人知人の写真を探しているうちにすっかり撮り忘れたけれど、鱒をディジョン風にしてご飯とともに出しました。
 今日はディジョン風と鮭の野菜チーズ乗せグリルを合わせた仕上がりに。
 野菜を炒めたものをディジョン風のソースを乗せて焼き上げました。
 さっぱりめの鱒に炒めた野菜の甘みと辛子が聞いたソースが合って美味しい。
 ご飯よりはパンの方が良かったかもしれないけれど、日本を経ってなかなかご飯を食べる機会がないだろうからと連れ合いの希望でご飯にしました。
 食べっぷりいい人との食事は楽しいわ〜。
 我が家二人とも節制しないとねお腹が…だから。苦笑
 写真で振り返るとお酒進みそうなメニューですが、今日のメンバーお酒必要ない人ばかり。汗
 そんなわけで私が好きなビールを買ってきて1杯ずつ乾杯の後は私だけおかわりでした。



更新を通知する

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓まるでお酒を飲むための前菜夕食じゃないと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_13081695.jpg


 村についてすぐは在庫消費のカレーを作ったり日本から持ち込んだ食材消費を進めているけれど、やっぱりロシアへ来ているのだしとまずはサラダから。
 今日はСметана(スメタナ/サワークリーム)多めマヨネーズ少なめで味を整えて。
 具材は馬鈴薯/グリンピース/コーン/カニカマ/茹で卵/Колбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)を刻んで。
 もともと村でよく買うマヨネーズは日本のものに比べ塩味も酸味もまろやかなのだけれど、そこへ多めのスメタナを加えているから濃厚でまろやかなポテサラに仕上がります。
 


d0170682_13081730.jpg


 黒パンに乗せるとよく合います。
 つい食べ過ぎてしまうのだけれど。
 今日の黒パンはБородинский(ボロディンスキー/スパイス入り黒パン)。
 好きなお店のものではないけれど、こちらのお店もЗира (ジーラ/クミン)の風味が良くて食欲そそります。
 次は好きなお店のものあるときに店に立ち寄らねば。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓濃厚ポテトサラダって黒パンに合いそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



mytaste.jp