人気ブログランキング |
d0170682_02284396.jpg



 モスクワ到着。
 モスクワ事務所で連れ合いが打ち合わせのある関係で立ち寄りお昼も頼んでくれていました。
 私はモスクワ事務所でお昼を作ってくれている女性の料理が大好き。
 ロシアの家庭料理という感じが伝わってくる優しい味わいです。
 今日は伝統的なキャベツのサラダから。
 これは生の玉葱が入っていないので安心して食べることができる上に移動中の野菜不足解消にも一役買ってくれました。
 2人して「こういうサラダはありがたいよね」と話しながらいただく。



d0170682_02284312.jpg


 スープは短く細いパスタと肉団子入りスープ。
 このパスタ、しっかり煮込むと柔らかいそうめんのような感じで私の好物です。
 肉団子も挽肉の食感がしっかりしていて練り物系ではないものだから安心して。
 優しい味わいでホッとする。



d0170682_02284333.jpg

 メインは豚肉のマッシュルーム乗せソテー/ピューレ/人参サラダ。
 ピューレの模様に喜んでいたら古い方法よといったのか昔ながらの方法よといったのか笑いながら話していました。
 この盛り付けた時にスプーンでささっと模様をつけること、初めて駐在に帯同するために村最寄り空港に降り立ち、その街の外れにあるサービスエリア的カフェで料理を注文して盛り付ける様子を眺めていた時に鮮やかにささっとつけている様子に大喜びしていた思い出があります。
 自分でやろうとするとピューレの柔らかさが柔らか過ぎたり固過ぎたりで案外うまくいかないのですよ。
 やっぱり絶妙な硬さがあるのだなと試して実感します。
 今回もモスクワ事務所のランチ美味しく楽しませていただきました。
 なんにしてもコース仕立てなのに安いのが最高に嬉しい。
 130руб(大雑把に260円ぐらい)って安いですよね。
 モスクワは何かと高いからねー。
 ごちそうさまでした。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓家庭的な料理で昼食が取れるっていいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_13320033.jpg


 バイカル湖半での休暇らしい宿泊を終え、イベントに参加した後次の楽しみはシベリア鉄道(支線)の旅。
 26時間?ほどの寝台列車の旅です。
 利用する支線ではいわゆる1等客車が廃止されてしまっているので2人部屋はなく、4人部屋から解放寝台という構成です。1等車も主要路線より型落ちすることかなりですが、2等もきっと型落ちの車両なんだろうな。
 あ、それでも今回利用の列車窓枠は木製ではなくなっていました。少しずつ新しくなっています。
 今回は3人なので下段2席、上段1席確保して同室で。
 途中から乗ってきて途中で降りたお兄さんは居心地悪そうでした。
 
 今回乗車前に食材をいろいろ物色する暇がないとわかっていたので、昨日ホテル近隣で買ったものと長く停車する途中駅での買い足しで車内の食事を賄います。
 主要路線なら食堂車も付いていますが、ド田舎へ向かって走る支線は食堂車も廃止されて久しい…。列車の食堂好きだったのに。涙

 嘆いても戻らないので気を取り直し、トップの写真は1時間ほど停車する上にうまくすれば結構美味しい食材をお店で買うことができる駅。
 すでにそこそこ田舎なので駅近隣にアパートはあれど、高層建物がないので空が広い。
 田舎の分岐点となるターミナル駅(貨車を含めて)とあって線路はこの駅構内に入る前からかなりたくさん中央に集まってくるところが見どころの一つ。
 陸橋を渡って駅舎のあるホームへ行き、駅を出て周りのお店へ買い物へ行きます。
 初めて日本からロシアへ来てこの駅で買い物した時は「え!駅出ちゃっていいの?」とびっくりしましたがごく普通のことみたいで切符を持っていれば買い物のために出入りしていても何も言われません。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓車中買い食いの旅太りそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。



つづき
d0170682_16205057.jpg



 寝台列車、村まで走るものは食堂車が付いていません。
 だからこそ乗る前、乗ってから途中の駅でどんなものを買うかというのは列車の旅の楽しみの一つ。
 今回は展示会のあった公園から案内してもらったバイカル湖畔でオススメの
 寝て起きるとお待ちかねの温燻で朝食で〜す。
 ああ、冷めても美味しい燻製って素敵。
 今回買ったお店の味付けは塩梅よろしくて熱々も冷めてもどちらも美味しい。
 これはもっとたっぷり買いたいぐらい好き。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓久しぶりの列車の旅満喫ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。



つづき