人気ブログランキング |
d0170682_01184931.jpg
d0170682_01185012.jpg
 大抵スープを作る時は具沢山なのだけれど、最近図書館で借りたスープの本に1回仕込むとそのスープで1日の野菜推奨摂取量がまかなえるというものがありました。
 もちろん他にもいろいろ効能があるレシピ本。
 とはいえ、そういうのをローテーション組んできっちり試してみる几帳面さは持ち合わせていないので、「あ、これは美味しそう」とか「これは自分では合わせない組み合わせかも」と気になったものだけつくり方を見てみるという斜め読み。苦笑
 ロシアにいた時にいただいていた家庭のスープは大抵具沢山でそれを思い出して作っているので大抵私が作るスープは具沢山。
 試しに今日使う野菜を測ってみました。
 (茄子/人参/玉葱/ブロッコーリの軸/ピーマン/トマト/セロリ/大蒜/レモン)
 600g越え。
 一応色味もそれなりにはばらけているしこんな感じでスープを作っていたら野菜不足は心配ないかしら?

 今日は写真の野菜とラム肉のスープに。
 明日の朝食べる時は馬鈴薯も加えよう〜。
 黒パンと合わせようか思案中。
 レモンと唐辛子、クミンにХмели-сунели(フメーリ スネーリ/ザカフカスの混合スパイス)が食欲そそります。
 朝食が楽しみ。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓これなら野菜しっかり取れそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_01023601.jpg


 朝食にズッキーニとチーズ入りオムレツを作りました。
 ロシアのホテル朝食で大好物な泡立てタイプのオムレツ。
 簡単なのに作るの久しぶり。
 一時帰国のときに利用するホテルではあまり温かい出来立ての卵料理が出るところへ泊まることはなかったけれど、時々温かい卵料理もできるホテルへ泊まると頼んでいました。
 
 知人の結婚式へ参列するために宿泊したホテルでは注文が入ってからものすごい音を立てて料理人が卵を泡立てていたことが思い出されます。
 あれだけの体格の人があれだけの音を立ててがっつり泡立てると膨らみ方も半端なく。笑
 あの時使用されていたものと同じお皿あるのだけれど、卵2個分入るかしら?
 今度プレーンで試してみようかな。

 今日はズッキーニも入っているので、ちょっと泡立て不足だけれどオーブンから出してしばらくは膨らんでいました♪
 次はもっと卵をしっかり泡立ててから具を混ぜてみよう。
 今日は卵2個にズッキーニ小さめ1本使用しています。 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓たっぷりズッキーニ入りオムレツ美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_23580786.jpg


 山盛り蚕豆が一山150円だったので二山購入。
 全て塩茹でしておいて、半分を使い早速混ぜご飯。
 蚕豆としらすのご飯にしようと決めていたのだけれど、茗荷も手に取りやすい価格になっていたので茗荷も加えて。
 急に暑くなったから香り高い茗荷を加えてより一層今日の気分にぴったりに。
 蚕豆が主役なので香り過ぎないよう茗荷は米1合に1本にしてみました。
 
 蚕豆は先に気持ち強目の塩を入れたお湯で茹で、鍋ごと冷ましておいたもの。
 豆の煮汁が完全に覚めたらご飯を炊くための水分の半量に使用しています。
 刻んだ茗荷としらす/剥いた蚕豆はむらすときに上にのせ、蒸らし終わったら全体に混ぜていただきました。
 蚕豆の香りの後から茗荷もふわりと香りしらすとよく合っていてつい食べ過ぎてしまった。
 明日も楽しみだな〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓旬の味は風味抜群ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_18284801.jpg
d0170682_18284884.jpg
 業務スーパーに全く別のものを買いに行ったら、入り口に冷麺が積んでありました。
 ちょうど気温も上がっているしと手にとてみたら108円(税込)。
 美味しかったら買いだめしようと試し買い。

 袋を開けると乾燥した状態の冷麺とスープが入っています。
 細く少し灰色がかった色合いの乾麺を茹でるとコシがあって長〜い面が3分で完成です。
 水で締めて水で薄めたスープと合わせれば簡単に冷麺が完成するところが気に入りました。
 乾燥している麺で保存もきくからこれは買いだめにぴったりですね。
 今日は塩して砂糖控えめ梅サワーで和えたキュウリと大根/茹で鶏/キムチ/ゆで卵を乗せて。
 また買ってこよう〜。 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓保存が効くいて手軽な冷麺いいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_00060555.jpg


 久しぶりにパソコンを借りるお礼にCrazy Cakeを焼きました。
 以前焼いたときに簡単だったなと思い出して。
 (作るときの生地の様子は以前の生地に紹介しています。)
 持っていくものは切り分けやすいように長方形の焼き型を使ったら見た目ブラウニーな厚みに。汗
 同級生へ持って行ったあと、自分でも食べたくなって帰ってからもう一度焼きました。
 今度は以前焼いたときに使用した型に戻しました。
 そうしたらやけに膨らんで同じお菓子には見えないぐらい違う焼き上がり。苦笑
 このケーキ、ボウルも使わず型の中で生地を混ぜて焼くし、強力粉で作っても美味しいから本当に助かります。
 今回はクリームチーズの代わりに裏ごしカッテージチーズをのせて。
 復活祭用カッテージチーズのデザート用に手抜きしようと裏ごしタイプを買ってみたはいいけれど、潮が結構しっかり入っていたので結局使わなかったけれど、このケーキに乗せると生地に入れる潮を除けばいい感じ。
 これで使い切ってしまおう。

〜材料〜
強力粉         40g
ココア         15g
砂糖          30g
重曹          小匙1/5
酢           小匙1
油(米油使用)     20g
冷水          60g
裏ごしカッテージチーズ 2包 

 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓道具も材料も気軽なケーキは助かるわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



d0170682_21352350.jpg


 小さい頃から大好物のコロッケや唐揚げを売っている肉屋があります。
 すごく高級な味というわけではなくて、近所の肉屋が作って売る身近なお惣菜という味のお店。
 そのお店はお昼時と夕方にお弁当も扱っていて、お惣菜の中にキクラゲの佃煮があり気になっていました。
 「なるほど、キクラゲで佃煮作ってもいいのか」と目からウロコだったのです。
 甘辛い味付けと迷ったけれど今日は塩味でご飯の友に。
 キクラゲと蓮根を中華調味料/豆豉醬、米油と炒め全体に油が回って蓮根に軽く火が通ったところで日本酒も加え蓮根が柔らかくなるまで。
 仕上げにごま油ちょろり。
 これは白いご飯を炊いて混ぜても美味しそう。
 キクラゲもっと色々使ってみようと思う1品になりました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓キクラゲのコリコリ感が美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_00341709.jpg
d0170682_00341718.jpg
 駐在最後の村で迎えるロシア正教のクリスマスで初めて作った鴨(合鴨を使っています)のСлянка из утки(サリャンカ イズ ウートゥキ/塩漬け発酵キャベツと鴨の重ね焼き)を久しぶりに。
 仕込んだКВАШЕНАЯ КАПУСТА(クヴァーシェナヤ カブースタ/発酵キャベツ)の在庫もまだたっぷりあるのでいそいそと仕込む。
 今回合鴨は塩麹と挽きたてのたっぷり黒胡椒でマリネしてみました。
 ブイヨンの代わりに日本酒にしてみたけれど、これも結構いいわ。
 ブイヨンがなければ白ワインとか日本酒でも美味しくできるのね。
 鴨の脂って美味しいけれど、調理するとたっぷり出てきてその脂におののいてしまうけれど、この塩漬け発酵キャベツと一緒に焼くとあっという間にお腹に入っていくのが恐ろしい。
 やっぱりキャベツの乳酸発酵風味と鴨の脂よく合う。



d0170682_00341715.jpg


 このところずっと食べたかったポテサラも一緒に仕込みました。
 つい食べ過ぎてしまうのだけれど、やっぱりこのポテサラ大好き。
 今日は薄切りハムしかないのでハムは入れていないけれど、茹で鶏だけでも十分満足です。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ポテサラ食べ過ぎると太るわよと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_11243950.jpg


 今日のご飯は旬のうちにたっぷり食べたい筍ご飯。
 これ 業務田スー子さんが紹介されていた酢飯筍ご飯
 最初に作った時、他のことをしながら筍を煮ていたところ煮汁がすっかり具に染み込んでしまいご飯は水で炊いて酢飯にしたので再挑戦。
 今度は煮汁をちゃんと残したので酢飯にするまえにすでにご飯に筍と揚げの風味がしっかりついています。
 この時点で十分美味しいのだけれど、これをさらに酢飯にし、よけておいた具を合わせて完成。
 このご飯、翌日も酢飯のおかげで美味しくてハマってしまった。
 酢飯の酢は自家製梅サワーを使っています。
 以前は飲み物用に梅と砂糖と酢だけで作っていたけれど、昨年から砂糖はぐっと減らし、塩を少々使用して夏の塩分補給も出来る味に調整しています。
 この味だと酢飯にはそのまま、飲み物にはその時の気分で蜂蜜など適宜加えて水で薄めればスポーツドリンク代わりにもなるのでお気に入り。
 私が作る酢飯としては酢控えめにしてみました。
 よく考えれば、ちらし寿司にも筍が入ることあるのだから美味しくて当然ですね。



d0170682_11244312.jpg


 今日は遅い夕食だったので、ご飯に白菜となめこの味噌汁に軽い副菜を。
 わかめと空豆の餡掛け仕立て。
 わかめをダシで少し長めに炊いてとろりとなった頃、硬めに茹でておいた空豆を戻し、片栗粉でとろみをつけました。
 今日は味も好みに決まってホッとする一皿に。
 わかめは酢の物やサラダにして歯触りがあるものも好きだけれど、たっぷりのわかめを結んでとろりとするまで炊いたものも好物。
 今在庫のわかめは肉厚でとろりとした時の食感もまた格別。
 旬のうちに空豆もしっかり食べよう〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓旬の食材はたっぷり食べたいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_23170406.jpg


Христос Воскрес!
   (フリストス ヴォスクレス!/主の復活)

Воистину Воскрес!
  (ヴォイースティヌ ヴォスクレス!/誠に主の復活)

 今年は両親と私の3人でПасха(パスハ/復活祭)の菓子パン作りを忘れないようにパスハの食卓を囲みました。 
 少人数なのでパスハ用菓子パンとチーズケーキ以外は特にロシア料理というわけではないけれど、菓子パン作りは力仕事だった。
 
d0170682_03112006.jpg


 特にこちらのクロアチア風クリーチを焼いた時、オーブンに生地をのせた天板を出し入れするだけで左手の手首が痛くなってきたし。汗
 次に菓子パン焼くときはもっと粉の分量減らさねば。



d0170682_23170420.jpg
d0170682_23170465.jpg
 前菜はチーズに金柑の甘露煮乗せを。
 金柑の甘露煮を肉にも合わせているけれど、美味しいのでつい使ってしまう。
 上からかける挽きたての胡椒がまたよく合うのよね。
 他に胡瓜の糠漬けとワラビのおひたし付き。
 ワラビは今年お初。
 そろそろ私もワラビ買ってこよう。

 チーズの金柑甘露煮乗せは両親にも好評でした。



d0170682_23170492.jpg


 今年の肉は肉は鴨、付け合せにサラダ。
 リーフミックス/アスパラガス/胡瓜/トマトをフレンチドレッシングに金柑甘露煮のシロップを少量加えたもので和えて。
 鴨は塩胡椒をたっぷりふって焼いたものに金柑の甘露煮乗せ。
 鴨と柑橘系やっぱり美味しい。
 次に鴨を焼くときはベリーと赤ワインのソースとかでも良さそう。
 もも肉と胸肉を焼いたけれど、こういう風に調理する時はやっぱり胸肉だけにした方がよかったとやや反省。
 残りのもも肉はうどんや鍋に使おう。
 


d0170682_13081829.jpg


 このところメレンゲ入りКуличи(クリーチ/パスハ:復活祭に頂く菓子パン)でしたが、今年は以前から気になっていたТрадиционный хорватский кулич(トラディツィオンヌィ ホルヴァツキィ クリーチ/伝統的クロアチア風クリーチ)を作ってみました。
 これはギリシャのごはんのsalahiさんが紹介されていた「ドライサワーチェリー&チョコチップのチュレキ」と整形の仕方がそっくりで、やはり地理的に近い国だからかしらと思いながら作りました。
 ドライイーストがかなりお疲れ気味で発酵時間が予定の倍以上かかったけれど、しっかり膨らみホッと一息。
 両親にも甘すぎず美味しいと好評でした。
 これはもう少し小さくしてまた焼いてみよう。



d0170682_22321454.jpg


 クリーチは伝統的な形のものも一応。
 こちらもメレンゲ泡立てはしないもので、コニャックでマリネした干しぶどうとたんかん&文旦ピール、生姜の砂糖漬けが入っています。
 メレンゲを入れない分簡単になるはずが、イーストやっぱり古いのか発酵がものすごーくゆっくり。汗
 昨日焼き上げることを諦め今日焼きました。苦笑
 村の知人の中には精進を守っている人もいるのだけれど、精進明けにこの手の濃厚なパン食べたらより一層吸収してしまうのではないかと余計な心配をする濃厚な味わいでした。



d0170682_16050292.jpg


 そしてクリーチに合わせるのがПасха(パスハ/復活祭:イースター)。
 水切りヨーグルトと手作りのТворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)を混ぜ、アーモンドと一粒のクランベリーのみの簡素なものを作ってみる。
 色々入れたり装飾しなくてもこれで十分間違いのない美味しさ。
 これをクリーチに合わせて食べるっていのが納得の味わいです。
 村に行ったばかりの頃、食べたパスハがぼそぼそというか粉っぽさのあるもので得意ではなかったけれど、自作するようになって大好物に。
 美味しいのだけれど、ヘルシーなようでいてバターがしっかりはいっているのがちょっとね…。
 つい食べ過ぎるとデブ街道ひた走る感じ。


 残ったら冷凍してТворожный сырок(トゥヴォーロジヌイ シローク)にしても美味しいです。


 今年のパスハは凝ったことはしなかったけれど、クリーチとパスハがあるだけで一気に復活祭になるのが行事食ならではなんかななんて思いながらいただきました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓品数少なくしても…菓子パンが2種類もあるとねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_22321415.jpg


 今年のКуличи(クリーチ/復活採用菓子パン)はКулич с изюмом и конаяком(クリーチ ス イズューモム イ コニャコム/干しぶどうとコニャック入り復活採用菓子パン)にして食べるたびにふんわり香るコニャックとドライフルーツの風味を楽しみました。
 このところメレンゲ入りのクリーチを作ることが多かったので、久しぶりのメレンゲなしクリーチ。
 メレンゲをパン生地に混ぜ込むのがうまくいかない場合はこのメレンゲなしの方が簡単かも/



d0170682_22321454.jpg


 今回は粉糖と卵白を合わせる時にコニャックも加えてみたけれど…卵白なしでコニャックだけにしないとほとんど香らなかった…上にかけたアイシングは。
 村にいた時いつもギリギリにクリーチを焼いていて関係で、まだクリーチが冷めきる前にアイシングをかけて溶けてしまっていたけれど、ちゃんと冷ましてからかければ綺麗にかかるのだと今更実感中。
 やっぱりアイシングはしっかりぽってりかかった方が美味しそう。
 手作りПасха(パスハ/復活祭用カッテージチーズデザート)をつけて食べると完璧な組み合わせだと思う。
 デブ街道ましぐらなとことが悩ましいけれど。

〜材料〜
強力粉       300g
室温に戻したバター 80g
砂糖        70〜100g
         小匙1/2
卵黄        2個
牛乳        100ml
ドライイースト   4g
ぬるま湯      30ml
※干しぶどう    15g
※たんかんピール  4枚
※文旦ピール    2枚
※生姜の砂糖漬け  5枚
※コニャック    20ml
☆粉糖       1/2カップ
☆卵白       1/2個


d0170682_22321487.jpg
 

 今回使用した型は左の底を取ることができる型。
 村にいた時はみなさん円筒形だけではなくケーキの型を使う人もいて形は結構色々でした。
 私もこの赤い型以外に写真のマグカップを使ってみたり、琺瑯のもう少し深さもあるカップ型の型を使ったり紙製の使い捨ての型を使ったりします。
 小さくマフィン型で焼くと分ける時は便利ですよ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓今年はアイシングが綺麗にかかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp