人気ブログランキング |
d0170682_00062917.jpg


 お昼、調子に乗ってСало(サーラ/豚脂身塩漬け)ペーストを入れすぎた様で消化が今ひとつ遅い。
 そんな夜はさっぱりしたものが食べたいけれど一人ご飯だから手軽にということで蕎麦の実雑炊。
 お米より断然早く火が通り私の中ではインスタント並みに早いと思っている食材です。
 蕎麦の実以外に火通りが早いといえばあとはМанная(マンナヤ/セモリナ粉)があるけれど、これは私の好きな味付けが牛乳/バター/砂糖/塩のおやつ味なので夕食の選択肢には上がらず。
 今日の蕎麦の実は和風の出汁と大根とともに炊いて仕上げにぶっかけ飯の素をかけていただきました。
 この素、海苔/アオサ/鰹節/青ネギなどの混合で味付けがされているわけではないのでうどんや蕎麦、白いご飯に乗せて醤油たらりとすればぐっと味わいが増します。
 蕎麦の実雑炊にもよく合いました。
 ひとつかみふわりと乗せて。
 熱々の雑炊に熱せられ海藻や鰹節が香ってなんだか料理が上手になった気にさせてくれます。笑
 
 今日の蕎麦の実は夏に一緒に村まで旅行した友達が荷物の重量の関係で「食べてください」と置いて言ったもの。
 いつも私が買う量り売りの安い蕎麦の実と違って交ざり物もないし綺麗。
 炊いた時の香りも上品でいつもの野趣溢れる香りの蕎麦の実と違った。
 やっぱり値段が高いのって違うのね。
 ロシア料理も、日本の郷土料理も、洋風の料理にも合う蕎麦の実オススメのロシア土産の一つです。

 ↓こちらはロシア風のカーシャです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓蕎麦の実ってすぐ火が通るのねと思われましたら一押ポチリとお願いします。


d0170682_21520376.jpg



 昨日衝動買いというか村へ来るたびに買おうか迷ってやめていたものをついに購入。
 早速まずは黒パンに塗って見ました。
 ちょっと大蒜が…きつすぎるからそのまま食べるときは一工夫必要かな。
 しかし黒パンとこのペーストはよく合うし脂身が大丈夫な人にはデブ街道まっしぐらなハイカロリーな品です。



d0170682_21520477.jpg



 ペーストの正体はСало(サーラ/豚脂身塩漬け)と大蒜(生)をペースト状にしたもの。
 つぶつぶして見えるのは大蒜ではなく豚の皮です。
 この皮が美味しい。
 炒めるときにコク出しに使うと美味しいかも。
 焼き飯やパスタなんか結構簡単に風味がつくのではないかと期待しちゃいます。
 そのうちやってみましょう。

 駐在に帯同して初めて村に来た頃はサーラの美味しさは全く理解できなくてただ「しょっぱい脂身」という認識でした。
 それがあるひのおやつに黒パン→サーラ→大蒜という会社での昼間のおやつにはどうよ?と思うオープンサンドを渡され食べて開眼してしまった。
 好みの黒パンにサーラが良く合っていて外がすごい寒い日だったこともあってか脂肪がやけに美味しかった。苦笑 
 それ以来むしろ好物に。
 しかしこれはやっぱりおやつではなくウォッカとか強いお酒(個人的には蒸留酒が合うと思う)と一緒に食べるかちょっと寒い日に食べるのが美味しいと思うのだけど、芸術家さんは結構おやつに出して来ました。苦笑 
 生の大蒜を会社でのおやつに食べるって強者よねー。
 まあ部屋は芸術家さんと私だけだったけれど、絵の注文や受取にお客様が来ることもあるのにね。
 


d0170682_21520444.jpg


 今日のお昼、早速スウエーデンのピッティパンナ風に炒めて見ました。
 このペーストだけだと焦げ付くので油に加えて風味づけとして。
 馬鈴薯/玉葱/人参/Укроп(ウクロップ/ディル)/ハム/塩漬発酵胡瓜という具に植物油とこのペーストで他に味付けなし。
 塩漬の胡瓜とペースト、さらにハムも塩気があるのでこれで十分。
 胡椒多め食べるときに少し酢を振って。
 
 それにしても大蒜と皮以外の脂肪部分は見事なまでにペースト状なため、どこを食べても大蒜の風味かなり強め。
 これは間違って常温に置いておいたら部屋中ものすごく匂いそう。苦笑


更新を通知する

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓喜んで食べまくると太るわよと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_19135247.jpg



 古い下書き保存の記事をアップしたときに「ああ、そういえば最近食べていないな。」と猛烈に食べたくなったフィンランド料理が。
 今日から連れ合いがロシア国内の出張で一人ご飯なのでまさに今よ!と作ることに。
 ちょうどマカロニとか買わなくても在庫があったからやる気も↑。
 なぜ一人ご飯の時かといえば、連れ合いがこの料理どちらかというと苦手だから。
 マカロニグラタンは平気なのだから大丈夫な気がするのだけれどね。
 Makaronilaatikko(マカロニラーティッコ)、フィンランドでは学校給食でも定番の味なのだとか。
 以前から仲良くしてもらっているKippis! from FinlandのKippis_Yさんが公開しているレシピで作っています。
 彼女の家でホームステイした時、どの食事も私には美味しい!と思える味付けで彼女のレシピなら安心できるのです。
 彼女の作る具沢山の野菜スープはロシアの具沢山スープとはまた違う優しさに満ちています。
 そんな彼女のマカロニラーティッコはやっぱり優しい味と野菜が苦手なお子さんもよく食べてくれるからと野菜もしっかり入っているところが気に入っています。
 ちょっと他のことしているうちに焼き過ぎてしまったけれど、味わいの優しさは変わらず。
 村でいただくロシア料理も似たところがあるけれど、フィンランド料理も基本の味付けが塩胡椒なので仕上がりは優しくなりますね。(作る人によって塩分が強すぎることはあるけれど)
 
 むふふ明日のお昼の分もありますよ。
 楽しみです。
 ↓レシピはこちらのリンクに掲載されています。


d0170682_16215606.jpg


 古い記事で見つけたマカロニラーティッコはこちら。
 最初蓋を開けた時同じ料理か?と思うほど見事に肉とマカロニが分かれていたけれど、味はマカロニラーティッコでした。
 まあメニューにそう書いてあるから当たり前なのだけれど、これどう見ても混ぜないで上に肉乗せているのは混ぜてあるとこの料理を知らない人にはウケが悪いのだろうか?
 この時私は2択のもう1方を頼んだのだけれど、開けたところで連れ合いから「変えて〜」のお願いが入り交換したのです。
 美味しいのにね。
 この見た目だと連れ合い挽肉の見た目がダメだった?一応連れ合いでも大丈夫な粗めの挽肉だったのだけれど。



d0170682_19135253.jpg
 

 普段全くケチャップを使わないのだけれど、この料理にはケチャップをかけて食べるのが定番と聞いて一度試して以来ケチャップがセットに。
 アパートの冷蔵庫に連れ合いがケチャップ常備しているのでそれを使って。
 優しい塩味の上にケチャップの甘みと酸味がほどよく効いて味に変化をつけられるところもいいですね。
 最初にさっと茹でたり炒めたりという行程はあるけれど、大部分をオーブン任せの料理なので冬にはありがたい料理です。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓フィンランド料理優しい味わいなのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


d0170682_15073432.jpg


 村に来て2週間目に入るというのにまだビーツ食べていなかった!
 ということで今日はやサラダとしてビーツ登場です。
 ロシア国内線で利用することがおおいS7航空の路線、村最寄り空港からモスクワへ向かうエコノミー席機内食で出てくることの多いサラダです。
 機内食はビーツと人参のみだけれど、今日はグラニースミスを1個加えて。
 機内食は味付けをしていない状態で入っていて適宜塩で味付けして食べますが、私はたいてい塩なしでいただきます。
 素材の味がそれぞれしっかりしているので塩なしでも結構美味しい。
 今日は機内食についている塩(1g入り)を二人で使用したけれど、後からかけると1g使い切らずに満足して食べることができるので減塩にもなりますね。
 作り方は簡単で生のビーツ/人参/りんごをそれぞれ千切りにするだけ。
 私は面倒なので全て西洋おろし金で粗めに下ろして終わり。
 レモン果汁をたっぷり絞って胡椒強めが美味しいです。
 加熱するレシピの多いビーツだけれど、生食も結構美味しいので是非試してもらいたいサラダです。
 りんごの代わりに胡桃やチーズを入れると味に変化がついてまた違う味わいに。
 チーズを入れるとき入れるチーズの塩分によって塩なしでも美味しいですよ。
 人参も是非とも味と香りの濃い美味しいものを使ってくださいね。



d0170682_16213520.jpg


 S7機内食のボックス右側に入っているのがビーツのサラダ。
 歯ごたえもあるし味もしっかりしているので入っていたら是非。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓生のビーツはシャキシャキしているのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_20525743.jpg


 今年はせっかく別々ではなく一緒にいるというのに連れ合いの誕生日は残り物消費の夕食。滝汗
 ほとんどが残り物を温めるだけだったり即席味噌汁の消費だったりで作った!感があまりになさすぎるため、せめて温サラダぐらいは作ろうと台所へ。
 冷凍ミックスでちょうど良さげなものがあったので買っておいたのです。
 カリフラワー/ブロッコリー/ロマネスコ/人参入り。
 ここに残っていた馬鈴薯を加えてフライパンで少量の油とともに温め器へ。
 粒マスタード/粉辛子/蜂蜜/レモン果汁/ひまわり油で作ったドレッシングをまわしかける。
 仕上げに昨日の残りСолёная сёмга(サリョーナヤ ショムガ/塩漬け鱒)を散らして完成です。
 え、料理と言えない?
 まあ一応他は電子レンジで温めるだけ、ポットのお湯を沸かすだけなのでそれよりは少しだけ手をかけたということで。
 美味しいと喜んでもらえたし「野菜綺麗でバランスいいね〜」と喜んでいたので誕生日の本人が。
 
 ご飯、昨日は柔らかいかな?と最初見た目で思ったけれど、2日目でもなかなか美味しく食べることができる炊き上がりでした。
 やっぱり冷蔵庫で一晩浸水は美味しくなるね村で売っている量り売りの安いお米でも。
 そこに鱒の竜田揚げが予想以上に私好みで美味しかったです。
 
 誕生日ケーキぐらい別に作ればよかったと食後に反省したけれど、これまた残っている蜂蜜ケーキで。
 うう、週末にちょっと豪勢な食事にしよう。 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓残り物利用でも美味しそうに食べてくれてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_21335378.jpg
d0170682_21335330.jpg
 今日はがっつり食べてくれる人がいるというので二人ご飯より前菜多めに。笑
 同じ魚の展開料理に近くなってしまったけれど、何せ鱒は1匹買いが基本(大きいものは筒切りになっているけれど高すぎるので)だから色々使い回し。
 今日なかなかの出来だったのがこちらの2品。
 鱒の温燻風とСолёная сёмга(サリョーナヤ ショムガ/塩漬け鱒)。
 今回購入した鱒は価格と大きさの折り合いがついたものだったのだけれど、やはりこの大きさだと脂のノリはあまり期待できないスリムな鱒。
 それでも塩で〆ると脂の乗っている鱒とはまた違う美味し下がりますね。
 ちょうど入荷仕立てで柔らかい黒パンもあったので一緒に出したら、私が作業している間2人は話しながらパンや食材を水に自然な流れでオープンサンドを組み立ててどんどん食べています。
 ご飯もあるのだけれど…そんなに飛ばして大丈夫?とちょっと心配になる。苦笑

 今日の鱒は身の色が濃くて塩漬けにした時は特に美しく美味しかったです。



d0170682_21342974.jpg


 昨日の時点で解凍し三枚おろしにしたものを片方は塩のみで〆、片方は砂糖をたっぷり降った後に塩たっぷりで締めています。



d0170682_21342903.jpg


 ボケボケだけれど、砂糖と塩で〆たものの半分は砂糖と塩を洗い流し薄く塩して胡椒をたっぷり挽き、上からПетрушка(ペトリューシュカ/イタリアンパセリ)とУкроп(ウクロップ/ディル)を魚が見えなくなるまで。
 仕上げに香りづけとしてコニャック少々でラップをしたものを冷蔵庫で待機させておきました。



d0170682_02572254.jpg


 温燻風は砂糖と塩で〆た残り半分にこちらの燻製液をふりかけアルミフォイルで包み低音オーブンで加熱。
 手軽に温燻風魚を楽しめるので東京でも愛用中。
 食欲そそります。



d0170682_02573590.jpg


 夏に来た時に採取したБелый гриб(ベールィグリブ/白きのこ:ヤマドリダケ)のマリネを。
 う〜んやっぱり美味しい。
 こういう味付けのものがちょっとあると前菜に変化がついていいよねと芸術家さん宅でいただきながら連れ合いと話していたので。
 つい溜め込んでしまいがちだけれど消費しないと瓶が開かないのだった。苦笑


d0170682_02574445.jpg


 在庫のものや今日買ったものの味見も兼ねて肉加工品。
 細いものとやや太めのКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)にハム。
 どれも真空パックなどで覆われていない肉屋から納品された時に出会えれば買えるという種類。
 買う時につい燻製の香りを確認して好みかどうかほ判断するのだけれど、いつものお店のお姉さんは笑っています「美味しいわよ」っていう顔しながら。
 今回購入したカルバサはどちらも美味しくて野菜やチーズとともにオープンサンドにしてまたパンが進んでしまう。汗 
 さらに試しに買ったハムがまた肉そのものの食感と燻製の香りが良く、いかにも調味液を肉に注入して作ったハムとは全く違う食感と味わい。
 これは店にあった残りを切ってもらわず全部買えばよかった。
 次見かけた時は多めに購入しよう。
 胡瓜とパプリカは多すぎたかな?と思ったけれど肉に対してちょうどいいぐらいでした。
 チーズは久しぶりに以前よく買っていたものに。
 家の在庫は脂肪分多めで肉加工品と食べると重そうだったので。



d0170682_02574487.jpg


 全員村にいると野菜不足気味なので大根/人参/ズッキーニ/白菜を塩こぶで和えて。
 野菜は全てそれぞれ塩で揉んだものを合わせています。
 塩こぶ使えるわ〜。
 これにすり胡麻を/酢/ごま油なんかを加えて少しずつ変化をつけると単調にならないしね。




 2人が一服中に写真を撮ろうと思っていたのに、ロシア人知人の写真を探しているうちにすっかり撮り忘れたけれど、鱒をディジョン風にしてご飯とともに出しました。
 今日はディジョン風と鮭の野菜チーズ乗せグリルを合わせた仕上がりに。
 野菜を炒めたものをディジョン風のソースを乗せて焼き上げました。
 さっぱりめの鱒に炒めた野菜の甘みと辛子が聞いたソースが合って美味しい。
 ご飯よりはパンの方が良かったかもしれないけれど、日本を経ってなかなかご飯を食べる機会がないだろうからと連れ合いの希望でご飯にしました。
 食べっぷりいい人との食事は楽しいわ〜。
 我が家二人とも節制しないとねお腹が…だから。苦笑
 写真で振り返るとお酒進みそうなメニューですが、今日のメンバーお酒必要ない人ばかり。汗
 そんなわけで私が好きなビールを買ってきて1杯ずつ乾杯の後は私だけおかわりでした。



更新を通知する

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓まるでお酒を飲むための前菜夕食じゃないと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_13090196.jpg


 村に来た!という気分が一層強まるきょうの料理。
 シベリア風馬鈴薯炒め。
 玉葱とСало(サーラ/豚脂身塩漬け)をじっくり炒め、いい香りがして来たら馬鈴薯を入れじっくり炒めるだけ。
 それがどうしてこんなに美味しいのか。
 冬に村で食べる豚の脂身は格別の美味しさです。
 さらに馬鈴薯が甘くて濃厚で本当に美味しい。
 今日は特に具のバランス、味付けがどれもバチっと決まって後引く美味しさ。
 大きめ馬鈴薯4個使ったけれど、増量すればよかったかもというぐらい美味しかった。
 食べる時に酢をかけてもまた美味しいです。

 日本ではなかなか好みの馬鈴薯が定まらなず手当たり次第に買っている感じだけれど、村だとあまり考えずとも美味しい馬鈴薯にあたるので芋ラーにはたまりません。
 今日のサーラは皮もついているから炒めると独特の食感でこれまたたまらないのだ。

 もちろん左手には黒パンを。
 今日はお気に入りのパン屋製Бородинский(ボロディンスキー/スパイス入り黒パン)が手に入ったので早速添えて。
 間違いなく合う!
 炭水化物on炭水化物なところは気にしな〜い。





d0170682_13090143.jpg


 新しいКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)を買ったので味見も兼ねて。
 むふふ今回買ったものもまた美味しいわ〜。
 ビールが進んじゃう♪
 肉加工品も手軽に美味しいものが買えるのでいる間に目一杯楽しまなければと気合を入れています。笑



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓馬鈴薯と豚肉の脂って…デブ飯だけれど美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

d0170682_13081695.jpg


 村についてすぐは在庫消費のカレーを作ったり日本から持ち込んだ食材消費を進めているけれど、やっぱりロシアへ来ているのだしとまずはサラダから。
 今日はСметана(スメタナ/サワークリーム)多めマヨネーズ少なめで味を整えて。
 具材は馬鈴薯/グリンピース/コーン/カニカマ/茹で卵/Колбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)を刻んで。
 もともと村でよく買うマヨネーズは日本のものに比べ塩味も酸味もまろやかなのだけれど、そこへ多めのスメタナを加えているから濃厚でまろやかなポテサラに仕上がります。
 


d0170682_13081730.jpg


 黒パンに乗せるとよく合います。
 つい食べ過ぎてしまうのだけれど。
 今日の黒パンはБородинский(ボロディンスキー/スパイス入り黒パン)。
 好きなお店のものではないけれど、こちらのお店もЗира (ジーラ/クミン)の風味が良くて食欲そそります。
 次は好きなお店のものあるときに店に立ち寄らねば。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓濃厚ポテトサラダって黒パンに合いそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。



mytaste.jp

d0170682_20365621.jpg


 今回のロシア行きは駐在に帯同して初めてロシアへ入った時とかなり初期の一時帰国以来のハバロフスク→イルクーツク経由村最寄り空港というルート。
 村に行くまでに国際線1回国内線2回利用という珍しい入り方での移動となります。
 そのうち国際線と国内線1回で機内食が出ます。
 国内線の方が機内食が充実しているので時間は前後しますが国内線からご紹介。
 私は初めて利用するロシア国内線Aurora航空の機内食よかったわ〜。
 国内線機内食で魚の前菜が出たのは駐在初期の日本→極東路線とビジネスクラスにアップグレードされた時以来。
 ハバロフスクはやはり海が近いからなのでしょうか?鮭と鱒2種類の魚が入っていました。
 これが脂ののりも良くて美味しかった。



d0170682_20323981.jpg
d0170682_20323986.jpg
 S7モスクワ→村最寄り国内線空港路線同様紙製ボックスに入った機内食のセット。
 温かい料理以外のものが入っています。
 魚の前菜/カトラリーセット/黒パン/バター/白パン/ケーキ。
 パンはどちらも良く利用したS7国内線エコノミー席のものより美味しいかな。
 Aurora航空の国内線エコノミー席機内食をたべるとS7の方ももう少し頑張って欲しいって思ってしまう。
 


d0170682_20324074.jpg
d0170682_20324062.jpg
 温かいミールは魚と鶏の2択。
 連れ合いによると時々この航空会社は羊の選択もあるとか。
 羊の時に乗ってみたいわ〜。
 シールでそれぞれマークされているのでロシア語がわからなくても識別できますね。
 S7の良く利用する路線は筆記体で書いてあるので活字体しか読めない私には本当に頼んだものかわからないこともあるのですよ開けるまで。苦笑



d0170682_20323901.jpg


 今回私が魚、連れ合いが鶏肉を選択。
 どちらも美味しかったですが、強いて言えば魚の方がより美味しかったかな。
 馬鈴薯がまず甘くて味わい濃厚で美味しい上に鱒の厚みが厚くしっとり加熱されていて塩胡椒で食べても十分に美味しい魚です。
 上の野菜ソースべつにいらないかも私は。
 鶏肉の方もあまり凝らずに塩胡椒味で炒めたものとマカロニで美味しかったです。
 マカロニよりも馬鈴薯の方がよりおいしかったから今回は魚の方がより美味しく感じたけれど。
 どちらも美味しい航空会社っていいわ。



d0170682_20324099.jpg


 順番はこちらが先で成田→ハバロフスクS7ではサンドイッチが。
 日本発だと食パンの食感につい日本の食パンと同じ食感を求めてしまいがちだけれど、やや粗め。
 それでも村で買うパンを考えれば美味しいサンドイッチだと思います。
 何より生の玉葱にアレルギーのある私にはサラダのように混ぜたものではなく具材を重ねていく方法でかつ玉葱の入っていないサンドイッチを提供してくれるだけでありがたい。
 味はマスタードがしっかり目で私はこのみ。
 鶏肉もしっとりしているしおいしかったです。
 今日は飛行時間の短い飛行機を乗り継ぐのでこれぐらいの軽食がありがたかったです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓エコノミー席の機内食が美味しいっていいわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。