タグ:ふるさとの家庭料理7まんじゅう おやき おはぎ ( 2 ) タグの人気記事

d0170682_21425432.jpg
d0170682_21425552.jpg
 久しぶりに饅頭酒を起こして饅頭を。
 かなり長いこと冷蔵庫の主となってしまっていた麹を使ったのでうまくいかないかと思ったけれどちゃんと発酵しました。
 次の麹はちゃんと新しいうちに饅頭酒にしよう。
 
 昨日の夜捏ねた生地を放置して朝分割→成形→発酵し蒸しあげたものを味噌ダレをつけながら焼き上げました。
 今回のはちょっと過発酵気味だけれど、久しぶりにしてはちゃんと形になってよかったわ。
 以前作った時よりも粉の量を減らしたので2回分。
 これなら冷凍しなくても食べきれる分量。
 夏に向かってどんどん発酵は短くて済むから、しばらくは饅頭酒なくなりそうになったらすぐ追加で作っても気軽に焼き饅頭楽しもう。

〜材料〜4個分
〈饅頭酒〉
麹    40g(みやここうじ使用)
冷やご飯 250g
水    350g
〈生地〉
地粉   180g
砂糖   小匙2
饅頭酒  85g
味噌ダレ 市販品残りもの

 ↓作り方は以前のものを。↓

 餡子を包まず丸く成形して蒸しあげています。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓饅頭酒から作る焼き饅頭、風味良さそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_01580227.jpg
d0170682_01580206.jpg
 冷やご飯と麹で饅頭酒を仕込んでの酒饅頭を初めて作ってみる。
 日光の湯沢屋の酒饅頭が大好きでいつでも食べたいのだけれど、すぐに買いに行くという距離でもないため一度作ってみたかった。
 饅頭が売りのカフェで饅頭を食べて以来饅頭気分持続中で何度か重曹使用の饅頭を作り、甘酒+イーストの生地で作るうちに「やっぱり饅頭酒から作ってみよう!」と饅頭酒を仕込んだのが1週間以上前…。
 忘れそうだったわ。
 昨日まであんまり変化がないように感じていたので「麹が古すぎたかも」と諦めかけたら今日いきなりぶくぶくと活動していて無事初酒饅頭仕込みに入ることができました〜。
 蒸しあがってすぐに扇いで冷ましたらツヤっと仕上がる。
 嬉しい。

〜材料〜6個分
〈饅頭酒
麹    40g(みやここうじ使用)
冷やご飯 250g
水    350g
〈生地〉
強力粉  250g
砂糖   小匙21/2
饅頭酒  170g
餡子   余っていたもの

〜作り方〜
〈饅頭酒
・綺麗な瓶に炊いて冷ましたご飯と麹を混ぜいれ、水を注いで布巾をかぶせ常温で発酵させる。
 沈んでいた米粒が浮かび上がり柔らかくなってピチピチと音がするようになるまで。(つづきに写真有り)
〈生地〉
・ボウルに粉と砂糖をいれよく混ぜる。そこへ饅頭酒を入れる。
・菜箸などで粉気がなくなるまで混ぜたらボウルの際についている粉も全てこそげるように手で捏ね丸める。
 ラップなどをして発酵させる。
 (今回はオーブンの発酵機能使用35度180分)
・大きくなり表面がひび割れてきて気泡が見え始めたら発酵完了。(つづきに写真有り)
・捏ね鉢に打ち粉をし、発酵した生地を入れ良く捏ねる。きめ細やかになり気持ちがいい柔らかさになるまで。
・分割し丸めなおす。軽くつぶし餡をのせ包む。
・10㎝角に切ったパーチメントペーパーに乗せ布巾をかけ発酵させる。
 一回りほど膨らみ少し形が緩み気泡が見え始めるまで。
・蒸気の十分に上がった蒸し器に乗せ蒸す。
 20分〜(今回は1個の分量を多くしたので30分ずつ蒸しています。)
・蒸しあがったらうちわであおぎツヤが出たら自然に冷ます。

 次の酒饅頭は中に何を入れようか思案中。
 楽しみだわ。 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓饅頭酒捨てずに饅頭になってよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp


つづき
[PR]