タグ:ロシア料理 ( 261 ) タグの人気記事

d0170682_13320033.jpg


 バイカル湖半での休暇らしい宿泊を終え、イベントに参加した後次の楽しみはシベリア鉄道(支線)の旅。
 26時間?ほどの寝台列車の旅です。
 利用する支線ではいわゆる1等客車が廃止されてしまっているので2人部屋はなく、4人部屋から解放寝台という構成です。1等車も主要路線より型落ちすることかなりですが、2等もきっと型落ちの車両なんだろうな。
 あ、それでも今回利用の列車窓枠は木製ではなくなっていました。少しずつ新しくなっています。
 今回は3人なので下段2席、上段1席確保して同室で。
 途中から乗ってきて途中で降りたお兄さんは居心地悪そうでした。
 
 今回乗車前に食材をいろいろ物色する暇がないとわかっていたので、昨日ホテル近隣で買ったものと長く停車する途中駅での買い足しで車内の食事を賄います。
 主要路線なら食堂車も付いていますが、ド田舎へ向かって走る支線は食堂車も廃止されて久しい…。列車の食堂好きだったのに。涙

 嘆いても戻らないので気を取り直し、トップの写真は1時間ほど停車する上にうまくすれば結構美味しい食材をお店で買うことができる駅。
 すでにそこそこ田舎なので駅近隣にアパートはあれど、高層建物がないので空が広い。
 田舎の分岐点となるターミナル駅(貨車を含めて)とあって線路はこの駅構内に入る前からかなりたくさん中央に集まってくるところが見どころの一つ。
 陸橋を渡って駅舎のあるホームへ行き、駅を出て周りのお店へ買い物へ行きます。
 初めて日本からロシアへ来てこの駅で買い物した時は「え!駅出ちゃっていいの?」とびっくりしましたがごく普通のことみたいで切符を持っていれば買い物のために出入りしていても何も言われません。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓車中買い食いの旅太りそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。



つづき
[PR]
d0170682_12014244.jpg


 ロシアでの休暇前半に利用しているバイカル湖半のホテルで夕食を。
 10年以上前にお昼で利用して以来。8年3ヶ月も同じ州に住んでいたけれど、バイカル湖は遠くて丸1日以上この場所にいたことがなかったのでなんと今回は初めての宿泊です。

 お昼にしっかり食べたので軽めでいいということもあり3人とも軽めの料理を選びました。
 私と友人はバイカル湖の魚を使ったУХА(ウハー/ロシア風魚のスープ)ウォッカ添えを。
 このウォッカは入れてもいいし、そのまま飲んでもお好みでというもの。
 スープに入れるにはウォッカの量が多いので全て入れるとウォッカの味になってしまい注意が必要です。
 私は仕上げる直前鍋の中にウォッカを入れるほうが好き。
 そちらは加熱中に入れるので強いアルコール臭は消えてすっきりとした味わいに仕上がって美味しいんですよ。

 ウォッカを入れる前のウハーは優しい味わいの塩味で魚の出汁が効いています。
 潮汁に玉ねぎと馬鈴薯の風味が加わっている感じ。
 使用している魚が淡水の魚なので海の魚で作る潮汁とは違うけれど体に染み入る味わいです。
 馬鈴薯が甘く美味しいのもさすが。
 かなりたっぷりな量なのでお腹が空いていない時はこれで十分なぐらい。



d0170682_12014264.jpg


 私と友人はДраники(ドラニキ/馬鈴薯パンケーキ)を主食代わりに。
 ただ、このレストランは夜一応カフェの役割もあるけれどメインがバーなだけに酒のつまみ系の仕上がりです。
 チーズとニンニク風味強め。
 それでも芋パンケーキはやっぱり美味しい。
 サラダ添えです。



d0170682_12014200.jpg
d0170682_12014272.jpg 連れ合いは南瓜のポタージュと魚のチーズ/卵衣焼き。
 ポタージュは日本のホクホクした南瓜で作るものよりもさらりと軽いけれど、南瓜の味わいしっかり感じられ美味しかったです。
 この味なら茸のクリームスープも美味しかったかも。
 魚は焼きすぎずふっくらした身に卵とチーズの衣が優しく絡んでいて味も濃すぎず美味しいです。
 これは田舎でも良く見る定番の調理方法。
 安定感がありますね。

 食後は部屋にシベリアブレンドティーというホテルオリジナルのお茶をテイクアウト。
 Брусника (ブルスニカ/コケモモ)のピューレに葉、ミントや紅茶とシナモンかスパイスも少し。
 ビタミン豊富で温まって美味しいお茶でした。



d0170682_12014274.jpg



 こちらは同じレストランの朝食。
 ビュッフェ形式。
 写真では貧相に感じるけれど、生野菜は大きく切ったものと、サラダ用に細かく切ってあってドレッシングを自分で好きに調味できるよう油や調味料が別に準備されています。
 白/黒パン(黒パンは初めての人でも食べやすいほんのり甘みのあるタイプ)、Блины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)にフレンチトースト、シリアル、Каша (カーシャ/粥:穀類をぽろぽろに炊いたもの)
 温かい料理はソーセージ/ベーコン日によって鶏肉/卵料理があります。
 冷たい前菜系はチーズとКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)。
 日によっては春雨サラダもありました。
 夏のこの時期は生の果物もあるので結構充実しています。
 ベリーのジュースにコーヒー紅茶もあり。
 ロシアはバターも美味しいから黒パンやブリヌイにたっぷりつけて満足感たっぷり。
 


d0170682_12014335.jpg



 こちらは昨日の夜遅くにチェックイン後、少しお腹に入れてから寝ようということで頼んだブリヌイ。
 安定の味で焼き慣れた人が作るホッとする味わい。
 ほの甘い味が付いています。
 メニューには添えるものが決まっているのだけれど、迷ったのでВаренье(ワレーニエ/果実の形が残る緩いジャム)/Сметана(スメタナ/サワークリーム)Мёд(ミョド/蜂蜜)を小皿にもらってそれぞれ好みにいただきました。
 ワレーニエはリンゴのもので食べたあと口の中にリンゴの風味がふわりと広がり季節の味わい。
 蜂蜜は日本のものよりも癖がちょっと強いけれど濃厚で風味豊かです。
 スメタナはこのレストランのものは濃すぎず薄すぎず脂肪分も程よく入っている酸味ほど良いものでコクがありながらさっぱりした味わいでした。

Krestovaya Pad Hotel Complex
http://en.krestovayapad.ru
Gornaya St., 14A, Listvyanka 664520, Russia

作ってみようかなと思ったらレシピもいろいろあります。
スープ
馬鈴薯パンケーキ
ブリヌイ


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓地場の魚、ロシアの味が気軽に堪能できるレストラン良さそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_03192443.jpg


 初めて利用する成田→イルクーツク(ロシア)S7夏季運行便の機内食。
 いつも利用するモスクワから東シベリアの田舎空港行きロシア国内線とどう違うのかまたは違わないのか楽しみにしていました。
 ちなみに国内線として利用している路線の機内食は肉(牛か豚)または鶏肉といった肉類と野菜の2択が最近の定番です。ついに魚がほとんど出なくなった…。
 
 国内線で利用する時は約6時間のフライトで成田/イルクーツク間は約5時間半、食事の回数は同じだろうと予想して搭乗。
 温めている間いい香りがしていたのでちょっとだけ期待して待つことしばし。
 国際線でも2択だった。
 今回は牛肉または蕎麦の実という選択。
 いつもなら野菜のほうはミックスベジタブルが米に乗っているとか米の代わりに馬鈴薯がなんていうことが多いので肉類を頼みがちだけれど、蕎麦の実Каша (カーシャ/粥:穀類をぽろぽろに炊いたもの)だったので安心して蕎麦の実を頼みました。
 炒めた玉葱と茸に蕎麦の実という組み合わせは好きなロシア料理の一つなので嬉しい。
 これは好みが分かれる食べ物だけれど、茸の風味が効いていて塩味、軽い食感なところが好き。
 機内食のカーシャも、街で食べるものと遜色ないことを考えるとカーシャオススメですよ。

 牛肉のほうはターメリックライスにさやいんげんと牛肉が乗っているもの。
 同行者のを少し味見させてもらったけれど、利用国内線路線より柔らかくて美味しかったです。



d0170682_03192573.jpg
d0170682_03192575.jpg
 ロシア語がわからなくても出されたホットミールが頼んだものかどうか見分けることもできます。
 ビーフには牛のシール付き。
 牛のシールが付いていないほうが蕎麦の実と目視でわかりやすくなっています。
 利用国内線ではロシア語で直接蓋に走り書きしてあるものでロシア語が読めないと内容がわからないからこの点は国際線らしいかなと思います。



d0170682_03192576.jpg


 ホットミールの前に配られるボックスはお正月に利用したS7とは模様替えされていました。
 リンゴや人参、ユーホーなどがポップな色合いで描かれています。



d0170682_03192504.jpg


 中身は機内食を作る地域で果物やお菓子が微妙に変わるけれど、内容は基本同じです。
 黒パン/ケチャップ/菓子/バター/果物/生野菜/カトラリーとナフキン塩砂糖がセットされています。
 
 食前にソフトドリンクと水(ガスあり/なし)、食後にソフトドリンクと紅茶/コーヒーのサービスあり。
 今回はエコノミークラスなのでアルコールサービスはなしです。

 約5時間半のフライトでエコノミークラスの機内食は1回、飲み物のサービスは3回でした。



自分で作っても蕎麦の実の調理はあっという間です。


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓機内食でロシア料理が出るのねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_01023601.jpg


 朝食にズッキーニとチーズ入りオムレツを作りました。
 ロシアのホテル朝食で大好物な泡立てタイプのオムレツ。
 簡単なのに作るの久しぶり。
 一時帰国のときに利用するホテルではあまり温かい出来立ての卵料理が出るところへ泊まることはなかったけれど、時々温かい卵料理もできるホテルへ泊まると頼んでいました。
 
 知人の結婚式へ参列するために宿泊したホテルでは注文が入ってからものすごい音を立てて料理人が卵を泡立てていたことが思い出されます。
 あれだけの体格の人があれだけの音を立ててがっつり泡立てると膨らみ方も半端なく。笑
 あの時使用されていたものと同じお皿あるのだけれど、卵2個分入るかしら?
 今度プレーンで試してみようかな。

 今日はズッキーニも入っているので、ちょっと泡立て不足だけれどオーブンから出してしばらくは膨らんでいました♪
 次はもっと卵をしっかり泡立ててから具を混ぜてみよう。
 今日は卵2個にズッキーニ小さめ1本使用しています。 



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓たっぷりズッキーニ入りオムレツ美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_00341709.jpg
d0170682_00341718.jpg
 駐在最後の村で迎えるロシア正教のクリスマスで初めて作った鴨(合鴨を使っています)のСлянка из утки(サリャンカ イズ ウートゥキ/塩漬け発酵キャベツと鴨の重ね焼き)を久しぶりに。
 仕込んだКВАШЕНАЯ КАПУСТА(クヴァーシェナヤ カブースタ/発酵キャベツ)の在庫もまだたっぷりあるのでいそいそと仕込む。
 今回合鴨は塩麹と挽きたてのたっぷり黒胡椒でマリネしてみました。
 ブイヨンの代わりに日本酒にしてみたけれど、これも結構いいわ。
 ブイヨンがなければ白ワインとか日本酒でも美味しくできるのね。
 鴨の脂って美味しいけれど、調理するとたっぷり出てきてその脂におののいてしまうけれど、この塩漬け発酵キャベツと一緒に焼くとあっという間にお腹に入っていくのが恐ろしい。
 やっぱりキャベツの乳酸発酵風味と鴨の脂よく合う。



d0170682_00341715.jpg


 このところずっと食べたかったポテサラも一緒に仕込みました。
 つい食べ過ぎてしまうのだけれど、やっぱりこのポテサラ大好き。
 今日は薄切りハムしかないのでハムは入れていないけれど、茹で鶏だけでも十分満足です。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ポテサラ食べ過ぎると太るわよと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_23170406.jpg


Христос Воскрес!
   (フリストス ヴォスクレス!/主の復活)

Воистину Воскрес!
  (ヴォイースティヌ ヴォスクレス!/誠に主の復活)

 今年は両親と私の3人でПасха(パスハ/復活祭)の菓子パン作りを忘れないようにパスハの食卓を囲みました。 
 少人数なのでパスハ用菓子パンとチーズケーキ以外は特にロシア料理というわけではないけれど、菓子パン作りは力仕事だった。
 
d0170682_03112006.jpg


 特にこちらのクロアチア風クリーチを焼いた時、オーブンに生地をのせた天板を出し入れするだけで左手の手首が痛くなってきたし。汗
 次に菓子パン焼くときはもっと粉の分量減らさねば。



d0170682_23170420.jpg
d0170682_23170465.jpg
 前菜はチーズに金柑の甘露煮乗せを。
 金柑の甘露煮を肉にも合わせているけれど、美味しいのでつい使ってしまう。
 上からかける挽きたての胡椒がまたよく合うのよね。
 他に胡瓜の糠漬けとワラビのおひたし付き。
 ワラビは今年お初。
 そろそろ私もワラビ買ってこよう。

 チーズの金柑甘露煮乗せは両親にも好評でした。



d0170682_23170492.jpg


 今年の肉は肉は鴨、付け合せにサラダ。
 リーフミックス/アスパラガス/胡瓜/トマトをフレンチドレッシングに金柑甘露煮のシロップを少量加えたもので和えて。
 鴨は塩胡椒をたっぷりふって焼いたものに金柑の甘露煮乗せ。
 鴨と柑橘系やっぱり美味しい。
 次に鴨を焼くときはベリーと赤ワインのソースとかでも良さそう。
 もも肉と胸肉を焼いたけれど、こういう風に調理する時はやっぱり胸肉だけにした方がよかったとやや反省。
 残りのもも肉はうどんや鍋に使おう。
 


d0170682_13081829.jpg


 このところメレンゲ入りКуличи(クリーチ/パスハ:復活祭に頂く菓子パン)でしたが、今年は以前から気になっていたТрадиционный хорватский кулич(トラディツィオンヌィ ホルヴァツキィ クリーチ/伝統的クロアチア風クリーチ)を作ってみました。
 これはギリシャのごはんのsalahiさんが紹介されていた「ドライサワーチェリー&チョコチップのチュレキ」と整形の仕方がそっくりで、やはり地理的に近い国だからかしらと思いながら作りました。
 ドライイーストがかなりお疲れ気味で発酵時間が予定の倍以上かかったけれど、しっかり膨らみホッと一息。
 両親にも甘すぎず美味しいと好評でした。
 これはもう少し小さくしてまた焼いてみよう。



d0170682_22321454.jpg


 クリーチは伝統的な形のものも一応。
 こちらもメレンゲ泡立てはしないもので、コニャックでマリネした干しぶどうとたんかん&文旦ピール、生姜の砂糖漬けが入っています。
 メレンゲを入れない分簡単になるはずが、イーストやっぱり古いのか発酵がものすごーくゆっくり。汗
 昨日焼き上げることを諦め今日焼きました。苦笑
 村の知人の中には精進を守っている人もいるのだけれど、精進明けにこの手の濃厚なパン食べたらより一層吸収してしまうのではないかと余計な心配をする濃厚な味わいでした。



d0170682_16050292.jpg


 そしてクリーチに合わせるのがПасха(パスハ/復活祭:イースター)。
 水切りヨーグルトと手作りのТворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)を混ぜ、アーモンドと一粒のクランベリーのみの簡素なものを作ってみる。
 色々入れたり装飾しなくてもこれで十分間違いのない美味しさ。
 これをクリーチに合わせて食べるっていのが納得の味わいです。
 村に行ったばかりの頃、食べたパスハがぼそぼそというか粉っぽさのあるもので得意ではなかったけれど、自作するようになって大好物に。
 美味しいのだけれど、ヘルシーなようでいてバターがしっかりはいっているのがちょっとね…。
 つい食べ過ぎるとデブ街道ひた走る感じ。


 残ったら冷凍してТворожный сырок(トゥヴォーロジヌイ シローク)にしても美味しいです。


 今年のパスハは凝ったことはしなかったけれど、クリーチとパスハがあるだけで一気に復活祭になるのが行事食ならではなんかななんて思いながらいただきました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓品数少なくしても…菓子パンが2種類もあるとねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_22321415.jpg


 今年のКуличи(クリーチ/復活採用菓子パン)はКулич с изюмом и конаяком(クリーチ ス イズューモム イ コニャコム/干しぶどうとコニャック入り復活採用菓子パン)にして食べるたびにふんわり香るコニャックとドライフルーツの風味を楽しみました。
 このところメレンゲ入りのクリーチを作ることが多かったので、久しぶりのメレンゲなしクリーチ。
 メレンゲをパン生地に混ぜ込むのがうまくいかない場合はこのメレンゲなしの方が簡単かも/



d0170682_22321454.jpg


 今回は粉糖と卵白を合わせる時にコニャックも加えてみたけれど…卵白なしでコニャックだけにしないとほとんど香らなかった…上にかけたアイシングは。
 村にいた時いつもギリギリにクリーチを焼いていて関係で、まだクリーチが冷めきる前にアイシングをかけて溶けてしまっていたけれど、ちゃんと冷ましてからかければ綺麗にかかるのだと今更実感中。
 やっぱりアイシングはしっかりぽってりかかった方が美味しそう。
 手作りПасха(パスハ/復活祭用カッテージチーズデザート)をつけて食べると完璧な組み合わせだと思う。
 デブ街道ましぐらなとことが悩ましいけれど。

〜材料〜
強力粉       300g
室温に戻したバター 80g
砂糖        70〜100g
         小匙1/2
卵黄        2個
牛乳        100ml
ドライイースト   4g
ぬるま湯      30ml
※干しぶどう    15g
※たんかんピール  4枚
※文旦ピール    2枚
※生姜の砂糖漬け  5枚
※コニャック    20ml
☆粉糖       1/2カップ
☆卵白       1/2個


d0170682_22321487.jpg
 

 今回使用した型は左の底を取ることができる型。
 村にいた時はみなさん円筒形だけではなくケーキの型を使う人もいて形は結構色々でした。
 私もこの赤い型以外に写真のマグカップを使ってみたり、琺瑯のもう少し深さもあるカップ型の型を使ったり紙製の使い捨ての型を使ったりします。
 小さくマフィン型で焼くと分ける時は便利ですよ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓今年はアイシングが綺麗にかかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_16050111.jpg
d0170682_16050292.jpg 今年のПасха(パスハ/復活祭)は少人数になったので、Пасха(パスハ/復活祭用カッテージチーズデザート)はぐっと簡素なものにしてみました。
 飾り付けも必要最低限。
 市販の裏ごしカッテージチーズを使ってみようかと試しに買ってみたけれど、塩が入っていてかなりしっかりな味だったので、結局自作しました。
 昨年日本で手軽に作ることができるようにと水切りヨーグルトで作るパスハを作ってみて美味しかったので、今回は手作りТворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)と水切りヨーグルトを合わせて村で作っていた時より軽めに。
 手作りのトゥヴォーロクは滑らかでほんのり甘みを感じる美味しいものです。
 パスハ用なので牛乳に生クリームを足して濃厚な味にしています。

 今年は型にガーゼを敷く時に型より下に出るまで押し込まなかったために、生地全量入らずせっかく型に掘られている文字や十字架も今ひとつ見えない場所も。
 やっぱりもっとしっかり詰め込めばよかったと反省しています。
 
〜材料〜 
ヨーグルト   200g
※牛乳     200ml
※生クリーム  100ml
※ヨーグルト  大匙1(上記ヨーグルトから一部使用)
サワークリーム 10g
バター     50g
練乳      100g(好みの甘さになるよう適宜増減してください。)
アーモンド   粒

※印の材料で手作りトゥヴォーロクを作っています。
今回は生クリームは省略し、飾りもアーモンドと1個だけクランベリーを乗せるのみ。
より簡素ですが、手作りパスハはやっぱり絶品です。
↓作り方は下記リンクと同じで生クリームを省きました。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓手作りだと滑らかで美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。

mytaste.jp


つづき
[PR]
d0170682_11340404.jpg


 Щи(シィー/発酵キャベツのスープ)はやっぱり外せない。
 材料は少なくても発酵したキャベツの風味で独特の味わい。
 漬け汁も調味料として使うので、なかなか市販品でこれ!と思えるものが近場では手に入りません。
 こういうものは仕込みが簡単なだけにやっぱり手作りする方がいいわ。

 たっぷり作って数日温めながら食べるとどんどん旨味が増すところがまたいいんです。
 まだ漬け込んで日が浅いものなのでキャベツの食感がしっかりしていて、具として加える生のキャベツと遜色な位ぐらい。
 もう少し古漬になると炒めてからスープに加えても美味しくなります。


 次は別の発酵キャベツを使った料理を作ろう。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓保存食があるとスープも簡単ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_22292830.jpg
d0170682_22292807.jpg
 今日は住んでいるところでも15時過ぎぐらいから白いボタ雪になりました。
 朝から昼過ぎまでは雨音、14時ぐらいから少し硬いものが当たる音に変わったかと思ったら静かになったので窓の外をみたら雪に。
 こういう日は熱々の料理がやっぱり食べたくなります。
 今日はほぼトマトの水分で炊いた蕎麦の実Каша(カーシャ/お粥)の上にシーフード入りホワイトソースを乗せドリア風にしていただきました。
 ホワイトソースに見えない色合いなのは自家製の味噌を使ったため、色づいたから。
 他に酒粕も少し。
 酒粕と味噌が入っていると牛乳だけでもコクを感じるホワイトソースになるので気に入っています。
 蕎麦の実は5勺使用しています。
 同じ量の白米より食べ感じはずっと軽く炊蹴るのも早いので急いで作りたい時には本当に助かるので常に在庫。
 蕎麦のみ、クリーム味もトマト味もオススメです。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓蕎麦の実って便利ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]