タグ:ロシア料理 ( 258 ) タグの人気記事

d0170682_13065006.jpg


 あけましておめでとうございます。
 村でのお正月は3年ぶり。
 駐在中より確実に忙しい気がします。
 宴席が増えているような?



d0170682_13070162.jpg

 大晦日夜に年越しの宴席が始まり。
 我が家がついたときには前菜が並んでいてボトルを開けんとしているところ。
 新年には必ず作るというサラダや煮こごり、に肉と魚の前菜、豚耳の炒めサラダ、キュウリのマリネなどが並びます。



d0170682_13070187.jpg


 サラダのほとんどに芸術家さんママは生玉葱を使う関係で私が食べることができたのは豚耳の炒めサラダ。
 あとは肉や魚の前菜をいただくことになるのだけれどカウントダウンまでが長い。
 食べ過ぎるとメインを食べることができなくなるし配分が難しいわ。
 今回は年末年始はシャンパンを飲む人が多いみたいでコニャック1本にシャンパンがいっぱいという飲み物。
 酔いの回る心配よりもお腹が先に膨れる心配をしなければならないのが困る。
 目の前に美味しいものがあるっていうのに。
 今回の煮こごりは鶏肉の煮こごりであっさりしていてつい食べ過ぎちゃう。
 芸術家さんママお手製の肉前菜はしっとり柔らかで美味しい。
 聞いたら市販品やレストランで食べるとパサついていて嫌いなのだとか。
 少量の水分を加えた蓋のできる鍋をオーブンへいれじっくり蒸し焼きにするのが好みと聞いて私もと同意したぐらい美味しかった。
 ようやっとカウントダウンが始まり、日付が変わると同時にシャンパンを開けみんなで乾杯。
 あけましておめでとうと言い合ったあとお待ち兼ねのメインが出てきました。



d0170682_13070215.jpg
d0170682_13070243.jpg
 今回村に着いてから2回肉の行商トラックの出店に通うことができ、羊1/4頭分を買っておいたので、その半分ほどで羊を焼いて持って行きました。
 芸術家さんご主人羊が大好物なので。
 160度で100分ほどかけて焼いた羊は中はピンク色に焼き上がり柔らかくてホッとしました。
 ミント入りジェリーは用意できなかったのでりんごピューレにミントを加えたものとグリンピースのミント和えを添えて。
 まだ羊は残っているので次はどんな味付けにしようか思案中。



d0170682_13070222.jpg


 芸術家さん宅のお祝い&宴席料理メインの定番といえばМититеи(ミティテェイ/モルドヴァの挽肉料理)
 今日は炭火で焼いたものではなくオーブンで全て同時に焼いたものですが、それはそれで美味しい。
 燻製Сало(サーラ/豚脂身塩漬け)が入っているので風味も満点。
 ああ、やっぱりこれは村に来たら一度は食べたい料理。


 しかしこの時点でもうお腹パンパン。
 デザートにはたどり着けず、お腹がこなれるまで大人しくして連れ合いの住んでいるアパートへたどり着く頃には4時過ぎ。
 アパートに着いたらすぐに寝てしまったので連れ合いとあけましておめでとうの挨拶もないママ夕方に。汗



d0170682_13134608.jpg

 
 酔って頭が痛くて起きられないではなくて胃の周りが痛くて食べ過ぎて起きれないという元旦のお昼近く。
 家に着いてからすぐ寝てなんとか6時間以上の睡眠をとって怠惰に起き出し醤油をつけて海苔を巻いたお餅を食べると気分が一気に正月に。
 かまぼこ/お餅/黒豆など一部の食材を持ち込んで村で作ることができるお正月の料理を仕込んでおいたのであとは雑煮など仕上げるだけ。
 いつも作る雑煮は鶏肉/塩鰤/人参/牛蒡/大根/白菜/三つ葉/柚子の皮。
 今回は鶏挽肉のつみれ/片栗粉をはたいた鶏胸肉/白菜/人参/干し椎茸/かまぼこ/舞茸/牛蒡/蓮根/アオサ/鰹節でした。
 実は夕方馬鈴薯をいただきに芸術家さん宅へ顔を出したら…またも宴席が始まらんとしている時でいっぱい引っ掛ける羽目になってしまったので雑煮はいるかしら?という状態になってしまっていたのですけどね。
 今日は明日が仕事という人がいたおかげでロシア人宅の宴席としては異例の早さで終わりホッと一息。
 おかげでなんとか我が家での雑煮と御節を囲むことができました。



d0170682_13071270.jpg


 廃業したお店で使っていた食器などが安く販売されていたのを買った松の描かれた2段重が300円だったので買って持ってきました。
 これに詰めればそれっぽくなるだろうと。
 最初の段は左上から酢蕪を人参と大根で、隣は黒豆、下に下がってかまぼこと隙間埋めにのり巻きチーズとПетрушка(ペトリューシュカ/イタリアンパセリ)、隣が焼き芋とりんごのきんとん。
 かまぼこの上のイクラは新年のプレゼントとして知人からもらったもの。
 これが塩梅よろしく美味しい♪
 ご飯にたっぷり乗せていただきたい。



d0170682_13071241.jpg


 2段目は煮物、のし鶏白菜巻き、鱒の漬け焼き、ほうれん草のおひたし。

 サツマイモや海老芋は持ち込んだけれど、ほうれん草はちゅ在中より冷凍食品が格段に良くなり解凍したらそのままおひたしや胡麻和えに浸かるものが手に入るように。
 助かるわ〜。(って普段いないけれど)
 駐在中のし鶏は骨を外していくのが面倒で胸肉で作っていましたが、今年は肉行商トラックで販売していたもも肉も程よく混じった鶏挽肉が美味しくて日本で作るものと近い仕上がりになりました。
 肉行商トラックなかなかいい。
 
 

日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓大晦日から胃袋大忙しの元旦だったのねと思われましたらポチリと一押しぽ願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_03193908.jpg


 村に到着したのが20日なのに、なかなか余裕なく今日買い物途中にようやっと知人経営のカフェへ。
 この店は中途半端な時間でも食事ができるところが助かります。
 そしてホテルレストランからすればぐっとお安いところも。
 スープはこれしかないと言われたПельмени(ペリメニ/ロシア版水餃子)を。
 頼むたびにスープが違うのだけれど、今日は鶏の澄んだスープでいい味でした♪
 皮がモッチモチで中の餡もしっかり入ったペリメには満足感たっぷり。
 



d0170682_03193968.jpg


 メインは付け合わせなし(好きなものがなかった)の鶏胸肉のマヨネーズ/チーズ/芥子乗せ焼きを。
 以前ディジョン風という名前でマヨネーズぐっと控えめ芥子多めだった料理がマヨネーズ大幅増量で生まれ変わっていました。
 私は…以前の芥子しっかり効いた方が好き。
 今日はマヨネーズが何より勝ってしまってちょっぴり残念でした。
 中途半端な時間なのでパンやサラダも省略。
 それでもペリメにで結構お腹膨れました。



d0170682_03193995.jpg


 デザートは食べてみて余力があったら試したかったこちらを。
 パイ生地の間にキャラメル化した練乳とバターをまぜたものを塗り、表面はパイ生地を崩したものをまぶしてあるだけのとっても簡素なケーキだけれど、これがなんとも素朴で美味しい。
 あ、でもこの量を二人で半分にした量が私の適量でしたが。
 これは再現してみたいなー。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ロシアらしい料理を気軽に食べることができるってありがたいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_03113192.jpg


 村に来て何が嬉しいってТворог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)やСметана(スメタナ/サワークリーム)に種類があって安いこと。
 今日は早速冷凍のБрусника (ブルスニカ/コケモモ)を買ってきて定番のおやつを。
 う〜ん美味しい。
 ブルスニカやЖимолость(ジーマラスチ/ハスカップ)と一緒に食べるのが特にに好きなのだけれど冷凍のジーマラスチは手に入らなかったのでブルスニカを。
 冬のビタミンッッシュニ最適!っていう味で目も覚めます。

 


d0170682_03113186.jpg
d0170682_03113144.jpg
 しっかり外が寒いと室内暖房が効いているとはいえやっぱり熱々のものが食べたくなり今日はグラタンを。
 馬鈴薯が美味しい。
 今日は鰯燻製油漬の缶詰をお供に。
 これがまた馬鈴薯によく会うこと。
 ちょっと上のチーズがカリッカリになりすぎた感はあるけれど、美味しくいただきました。
 東京で一人ご飯のネタに困るとグラタン系に逃げていたおかげでホワイトソースも安定してきて旅先でも気軽に作れる料理に。
 アルコール何か買ってくればよかった!



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓寒い時に熱々グラタンたまらないわね〜と思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
d0170682_23371577.jpg


 生協で頼んでいた紅玉が届いて食べたかった林檎入りのОладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)。
 朝一番で仕込んで本当はもう少し早い時間に食べる予定が…とってもゆっくり発酵で焼き上がりが遅くなりました。
 やっぱりイースト古いかも。苦笑
 連れ合いは何も入っていない定番中の定番が好きなので一人の時でないとなかなか焼けない林檎入り♪
 今日は満喫しました〜。



d0170682_23371570.jpg


 林檎に生地がちょびっと付いているという感じなんですが、発酵生地なのでやっぱり風味がありしっかり生地自体も主張しています。
 紅玉の甘酸っぱさに負けない生地の風味。
 やっぱり林檎入りアラージーは美味しい。



d0170682_23371507.jpg


 生地をフライパンに落とした状態。
 林檎たっぷりで生地がちょろっと付いている状態なのがわかるとおもいます。



d0170682_23371539.jpg


 鎚に気泡が弾け穴が空いてきたら返しどき。
 鋳鉄の鍋がどれもいい具合に馴染んできていてロシアの粉物がおいしく焼けるようになってきたのがまた嬉しい。 
 今度は葡萄入れてみようか思案中。

〜材料〜
牛乳     100ml
甘酒     30ml
卵      1個 
強力粉    大匙5〜6
イースト    小匙1/2
砂糖     大匙2
塩      小匙1/2
紅玉(小玉) 1個
バター    10g
植物油    大匙1

 少人数で食べきりやすい分量になっているので気軽に作ってみてほしいロシアの粉物です。
 ぜひ。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓林檎入りアラージーも美味しそうねと思われましたら一押しポチリとお願いします。

mytaste.jp

[PR]
d0170682_23033056.jpg
d0170682_23033148.jpg
 しまくま堂さんで見つけた焼型。→
 ずーっと欲しかった松かさの形がある〜♪♪♪と思わずポチッとな。
 ロシアにいた時は田舎すぎて商品量が少なく、なかなか出会うことがなかったこういう焼型。
 日本ってなんでもネットで手に入ってすごいわ。
 Грибочки (グリボーチキ/キノコ)
 Орешки(アレーシキ/木の実、ナッツ:この場合胡桃)
 Гребешки (グレビョーシキ/ホタテ貝、貝)
 Шишки (シーシュキ/松かさ)
 の4種類。
 貝は村であまり見ない形でしたが、残り3種類は村も良く見かける私の中でロシアらしいと思う形。
 
 すでに持っている胡桃の焼型は中に詰め物をするようの方なので、このベビーカステラタイプが嬉しいのだ。
 ソ連時代のものということで、方には5рубの文字。
 今の値段だと約10円だからありえないほど安いわ〜。
 その後150рубで売られていた形跡あり。
 どちらにしても安いよ。
 私が村で購入した胡桃の方は655рубでしたからね。
 手持ちのものより厚みがあって重さもあるけれど、質実剛健で私好み。
 ようやっと焼いてみたいと思っていたお菓子を焼くことができました。
 村にいる時、よく量り売りで売っているこのお菓子の箱を見ては材料を覚えていたのです。
 立ち読みしたソ連時代のお菓子レシピ本にも載っている昔ながらの素朴なお菓子。
 今回はソ連時代のレシピに近い昔ながらの作り方で作ってみたので、次はパンケーキの生地や少しもちもちした生地でも試してみてどれが自分好みか味わってみたい。

〜材料〜焼型3回分
強力粉        1カップ2/3容量
砂糖         110g
バター        80g
ヨーグルト      50g
マスカルポーネチーズ 50g
卵          1個
バニラエクストラ   お好みで
塩          ひとつまみ
重曹         小匙1/4
酢          小匙1



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ソ連時代の焼型愛らしいわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。

mytaste.jp


つづき
[PR]
d0170682_16205057.jpg



 寝台列車、村まで走るものは食堂車が付いていません。
 だからこそ乗る前、乗ってから途中の駅でどんなものを買うかというのは列車の旅の楽しみの一つ。
 今回は展示会のあった公園から案内してもらったバイカル湖畔でオススメの
 寝て起きるとお待ちかねの温燻で朝食で〜す。
 ああ、冷めても美味しい燻製って素敵。
 今回買ったお店の味付けは塩梅よろしくて熱々も冷めてもどちらも美味しい。
 これはもっとたっぷり買いたいぐらい好き。




日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓久しぶりの列車の旅満喫ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。



つづき
[PR]
d0170682_16202566.jpg


 展示会が終わりプチバイカル湖観光へ。
 そこで案内人オススメの温燻Омуль(オームリ/サケ科コレグヌス属の白身魚)をいただく。
 これが今まで食べたオームリの中で一番美味しいかも♪
 私は温燻の魚好きなのだけれど、これは美味しくて思わず追加買いしちゃいましたよ。
 これで列車の旅がまた楽しくなるわ〜。



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓バイカル湖の魚満喫できてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきもよかったら。



つづき
[PR]
※8月ロシア旅行の食事をさかのぼって記録中。
d0170682_16200529.jpg



 広場のおばちゃん出店で買った村産極厚キャベツを使った一品。
 「生のキャベツとトマトのСщ(シィー)」
 本来は塩漬け発酵キャベツで作るスープなのだけれど、食堂で時々生のキャベツのとことわりのあるスープが出ることが。
 これはこれで美味しいのでおばちゃんキャベツでねぜひともと。
 東京へ戻ってからも日本のキャベツで作ってみましたが、味は美味しいけれど何かが違うとずっと思っていました。
 日本のキャベツ甘みはロシアのものよりすぐに引き出されるところは楽だけれど、ロシアと同じように煮込むと芯以外は歯ごたえがないというか時には溶けるほど柔らかすぎてね。
 やはりこのスープを再現するには極厚キャベツでなければと実感中。
 今回村へ戻ってこのキャベツで作ってみて再実感。
 やっぱりこのスープは煮込んでも溶けたりしない極厚キャベツだからこその味わいと食感なのだと。




d0170682_16200697.jpg


 村に来ると食器屋を巡るのは楽しみの一つ。
 食器自体はなかなか気に入るものは無いのだけれど、鍋釜は好みのものが見つかるんですよこれが。
 今日の夕食準備中。
 使っているのは鋳鉄のБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)パン。
 駐在最後の方からなかなかお気に入りのブリヌイパンが見つからなくなり(といってもすでに2枚持っているのだけれど)帰任して以降村に遊びに来ても見つからなかったのが、今回見つかりました。
 お店で思わず握りしめていたらおばちゃんに「これはね、旦那を言うこと聞かせるために使うのよ」なんて冗談を言われ、その後買うとなったら「え、本当に買うの」と笑いながら言っていました。
 これが振り回せるようになったら筋肉むきむきだわね。
 泥棒撃退にもなりそうなしっかりした重量です。
 なるべく滞在中に油をなじませるべくまずはエンドウ豆の鞘を炒めておいた初日。
 スープ用にキャベツをしっかり炒めます。
 このキャベツは緑で柔らかそうに見えて断面はみっちり。
 入り組んでいて髪の毛1本入り込む余地のない極厚タイプ。
 かなりしっかり炒めていますがぱっと見嵩が減らないところがさすが。

 奥の琺瑯鍋も今回購入したもの。
 主に連れ合いのラーメン用になるらしい。 
 こういう簡素な琺瑯の鍋村でもなかなか手頃な大きさ、全て金属が見つかりにくくなっているからよかったね見つかって。



d0170682_16200661.jpg


 すでに何度か料理のコク出しに使っているСало(サーラ/豚脂身塩漬け)。
 村に来てすぐに買ったサーラはサーラというよりも塩豚と呼ぶほうがしっくりくるほど肉の多いものでした。
 おかげでコク出しプラス具にも。



d0170682_16200712.jpg


 頂き物胡瓜とトマトに連れ合い買い置きのКолбаса(カルバサ/ソーセージ・ソフトサラミ)と買って来たチーズのサラダ。
 油はかけずたっぷりのレモン果汁のみ。
 塩気はチーズとカルバサで。



d0170682_16200747.jpg


 村に来て今年のお気に入りご飯の友を仕込んだきのこご飯の素。
 えのきは無いのでОпята(アピャータ/なめこの様な茸)とБелый гриб(ベールィグリブ/ヤマドリダケ)に切り昆布で作りました。
 一度ご飯に混ぜて実感してもらうためにきのこご飯。
 あと2回分あるから一人ご飯の時に手軽に楽しんでもらいたい。
 ちょっとスープとの相性は今ひとつだけどね。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓念願の極厚キャベツでスープ作れてよかったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
※8月ロシア旅行の食事をさかのぼって記録中。
d0170682_16135856.jpg


 昨日広場のおばちゃん出店(Дача(ダーチャ/菜園付き小屋)で作ったものを個人が売っている)で購入したЧерника(チェルニーカ/セイヨウスノキ・ビルベリー)。
 これはおそらく森へ採りに行ったものだと思うけれど、この時期ならでは。
 早速Творог(トゥヴォーロク/凝乳:カッテージチーズ)とСметана(スメタナ/サワークリーム)にたっぷり乗せて朝食に。
 これぞロシアならではという味わいなのはトゥヴォーロクもスメタナも日本で簡単に手に入るものとは濃厚さや滑らかさ、酸味の強弱が好みに選べるからかな。
 ビルベーリーを見るとタルトも焼きたくなってきますね。
 以前森へ採取に入ったことがあるけれど、その時はМошки(モーシュキ/ブユ)に両手を刺されパンパンに腫れ上がって大変だったので、こんなにたくさん売るほど採取したおばちゃんを尊敬してしまう。



d0170682_16135808.jpg


 買い物中から腹の虫がすごい勢いで泣いていたので、道路向かいのカフェでお昼。
 今日は知り合いの店主は不在だったよう。
 Рассольник(ラッソーリニク/塩漬け発酵野菜のスープ)/Котлета(
カトリエータ/引いた肉や魚で作るメンチカツ状の料理)蕎麦の実添え、黒パンとコーヒーをいただく。
 スープは相変わらず安定の味でほっとするし、家庭風のカトリエータは我が家好みの挽肉の粗さ。
 こういう定番料理が美味しいのが嬉しい。




d0170682_16135987.jpg


 今日の夕食は重曹で茹でたたまご麺で沖そば風。
 村は最近増えたパック入り冷凍肉の一部を除くと基本骨つき肉が多いので沖そば風を作るのは気軽。
 骨つき肉をウォッカ入りの水で柔らかく茹で、豚の煮汁/鰹節/昆布で取った出汁を調味した中で一煮立ち。
 今日はズッキーニを入れて野菜も追加。
 重曹で茹でるたまご麺がそれなりに中華麺の代わりになると連れ合いにも実感できたようです。



d0170682_16135989.jpg


 箸休めは胡瓜と丸イカの酢の物風。
 丸イカは無いのでイカを茹でて塩したものを冷蔵庫で数日。
 それを塩して水気を切った胡瓜/甘酢とあえて。
 これ連れ合いが予想以上に気に入っていました。
 今度はキャベツも入れてみよう。
 


日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓ロシアならではの味堪能中ねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]
※8月ロシア旅行の食事をさかのぼって記録中。
d0170682_16135880.jpg


 朝はたっぷり果物、昼は昨日の残り汁にПерловая крупа(ペルローバヤ クルーパ/玉麦:大麦を真珠状に磨いたもの)入れた雑炊ときて、夕食はいただきものПомидор(パミドール/トマト)と旬のГорох(ガロフ/豌豆豆)をたっぷり楽しむパスタにしました。
 茄子は広場に露店を広げるおっちゃんから購入したもの。
 やっぱりトマトの味がいいからソースが美味しい。
 甘みとほど良い自然の酸味、濃厚なトマトの香りがСало(サーラ/豚脂身塩漬け)の甘みと溶け合っていいソースだった。
 東京に住んでいると連れ合いの実家野菜便以外こういう味の濃い野菜を常時手に入れることができる環境にありません。
 安価もしくは頂き物でこれだけ味の濃い野菜にありつける村の夏は避暑に楽しみを添えてくれます。

〜材料〜
玉葱       1個
大蒜       2片
Сало     薄切り3枚 
トマト大     3個
唐辛子      1本
えんどう豆    茶碗1杯(剥いて鞘から出した豆)
茄子(米茄子大) 1個
植物油      大匙2
塩        小匙11/2〜(味を見て適宜たす)

〜作り方〜
・なすは一口大に切ってアク抜きし、玉ねぎは粗みじん切り、大蒜はみじん切りにする。
 サーラは薄切りを細切りにする。
 トマトは西洋おろし金でおろしておく。
 唐辛子は細い輪切りにする。
・フライパンに大蒜と油を入れ冷たい状態から弱火でゆっくり火を通す。
・大蒜の縁が薄茶色になってきたらサーラを入れ、カリカリになるまで引き続き弱火で加熱する。
・サーラが炒まったら玉葱を入れ玉葱から甘い香りが立ってくるまで炒める。
・玉葱が炒まったら茄子を加えよく炒める。
・茄子がしんなりしてきたらトマト/えんどう豆/唐辛子を加え蓋をして煮る。
 豆が煮えたら蓋を取りトマトの色が濃い赤になるまで煮詰めていく。
 この時塩を加え味を見て足りないようなら適宜塩を加え整える。
・ソースが出来上がったらパスタを茹で、茹であがったらソースをかけて完成です。



d0170682_16135868.jpg


 パスタに昨日頂いた自家製マリネを食べてみる。
 うーむ、甘酢が苦手な私にはちと甘い。
 何味かと思っていたら大蒜と黒胡椒の甘い味胡瓜マリネでした。
 最初は甘いと思って食べ始めたけれど、何だか途中から妙に後引く味に感じてきました。
 何だか不思議な味だ。
 自分で作るかと言われると作らないのだけれど。苦笑



日々の生活の様子はこちらで紹介中 「丁寧な生活をゆっくりと2
旧ブログ「丁寧な生活をゆっくりと
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味FOODIES様からレシピブログ様にレシピが全て移行されました。

↓素材の味がいいと本当に助かるわよねと思われましたら一押しポチリとお願いします。


[PR]