人気ブログランキング |
d0170682_23321454.jpg

 今日は村も日中35度越えで夜になっても32度もあり暑い暑い。こういう日に試すのにぴったりなのがロシアの夏の風物詩「KBAC(クワス/微炭酸発酵飲料)」を使った冷たいスープ「ОКРОШКА(オクローシュカ)」。
 私は芸術家さん宅で自家製クワスのオクローシュカを頂いて気に入っているのですが、まだクワスを仕込んで作ったことは有りません。クワスをまた仕込む前に村で「オクローシュカ味のクワス」なる物を見つけたのでまずはこれで作ってみようと言うことになりました。
 クワス、村で市販されている物は麦芽や黒パン、ライ麦粉等から作る黒い物がほとんどですが手持ちの「ロシア家庭料理」なる本に依ると「白」「赤」「黒」と出ていますが、説明には料理本に出て来るクワスはほんの少しで無数に有るのだとか。要は樽で発酵させた物の総称という扱いのよう。
 特別なクワスの中には白樺のクワスが出ていましたが、私が芸術家さん宅で頂いた物もこの白樺のクワスでした。
 とりあえず今日は市販のクワスを使って作った分量です。

[材料]
胡瓜1本
馬鈴薯大1個
ラディッシュ6個
卵1個
塩味砂肝好みの量
塩味鶏レバー好みの量
塩少々
クワス500ミリリットル
ディル適宜
イタリアンパセリ適宜
青ネギ適宜
スメタナ大匙1/2
練りガラし小匙1

[作り方]
・卵と馬鈴薯はそれぞれ茹でさいの目切り。胡瓜、ラディッシュ、肉類も同じ大きさに切っておく。
・器に具材を綺麗に並べ、上からクワスを注ぐ。
・仕上げに刻んだ青みを散らしスメタナと練りが裸子を乗せて完成。

 とまあ至って簡単。暑い日に食べ飲むサラダという感じです。今日は肉を茹でるのが面倒で出来合いのつまみを刻んでいれましたが、鶏胸肉等を茹でていれるのがさっぱりしていて好きです。
 今回は市販のクワスを使ったわけですが、断然自家製クワスが美味しい料理。次回作る時はクワスを仕込んで作ってみようと思います。自家製クワスなら甘味も抑えられてより美味しく頂けると思う。
 炭酸はまあ対して気にならないけれど、甘いのが今ひとつでした市販品。



にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

mytaste.jp

ズーム